大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

視点を変えれば、感動は無数に生まれる。

   

1990年代に一世風靡したロックバンド、
オアシスのノエル・ギャラガーが、
どんな曲からインスピレーションを得ているのかと聞かれて、

「オレがネタにしている曲なんて、そうたくさんはない。
同じ曲から、さまざまなインスピレーションを受け取って、それを形にしてるだけだ。
これからもその数曲から、何曲でも書ける。」

というようなことを言っていました。
(ずいぶん昔にどこかで聞いた話なので、出所は不明)

どれほどアクティブでおもしろい人生を生きていても、
とっておきのネタというのはそうはありません。

たとえば、小学校の時のエピソードや、高校時代のエピソードなどと言われて、
頭をぱっとよぎるのは、いつも限られた、
記憶の中に強烈に焼き付いているいくつかのシーンだけ。

多感な時代に、数千時間を過ごした場所なのに、
語りたくなるようなインパクトをもって、自分の中にとどまっているのは、
そこでの、ほんの10数シーン前後にすぎません。

同じように、10年、20年と活躍して、
数十曲というラブソングを書く人たちの誰もが、
それほどの数の、濃密な恋愛をしているわけではない。

ある、猛烈に心動かされたシーンを反芻して、
そのシーンを体験しているときの自分自身の感情をあらゆる角度から切り取り、
さまざまな表現で形にしていく。

また、そこにいあわせた、さまざまな人たちの視点を借りて、
別の方向から、感情や表情を切り取っていくこともあるかもしれません。
同じシーンから受け取る印象や情報、感情は、
人それぞれの視点、立場や性格、人生経験、固定概念のあり方などによって違うからです。
(黒澤明監督の『羅生門』のテーマが、まさにこれでした)
そうやって考えていけば、
ひとつのシーンから無数に作品が生み出せるということになります。

画家や彫刻家などのアーティストしかり、小説家しかり。
デザイナーや、書家、脚本家、
もしかしたらコックさんもそうかもしれない。

「ネタが切れた」と感じたら、

自分の感情を激しく動かしてくれた特別なシーンをもう一度反芻して、
角度を変えて、視点を変えて、向き合ってみることが大切なのですね。

2324712_s

 

 

 - The プロフェッショナル

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

ヴォーカリスト必読!マイクとモニターの超絶役に立つお話!!!〜前編〜

昨夜のブログ、そしてメルマガにて、モニターやマイクのお話を書いたところ、 なんと …

プロ、セミプロ、セミアマ?ミュージシャンの働き方

高校時代、一緒にバンドをやっていた仲間のひとりに、 フリーターをしながら、あちこ …

毎日がアウェイの連続だ!

「え〜っと、モニターの人、どこですか〜?」   プリンセスプリンセスの …

「飲みニケーション」は死んだのか?

ここ数年、若手バンドマンたちの「クリーン」ぶりに、 驚かされるシーンに何度も出会 …

音楽を「職業」にしないという選択

若い頃から音楽を志して、寝る間も惜しんで練習や創作、 ライブ活動に打ち込んで来た …

「生みの苦しみ」

作品をつくり出すことは、非常に苦しい作業です。     例え …

人生はリハーサルのない、1度限りのパフォーマンス

ひとりのミュージシャンの生涯には、 どのくらいの苦悩や葛藤、挫折があるのでしょう …

「腕は良いのに仕事が来なくなる人」

音楽業界には、 「なんであの人に、あんなに仕事くるんだろうね〜?」と影で噂される …

「自分の音域を知らない」なんて、意味わからないわけです。

プロのヴォーカリストというのに、 「音域はどこからどこまで?」 という質問に答え …

「500円玉大の打点」を求めて、今日も声出していこうっ。

先日、よくご一緒する、某有名ドラマーの楽器の前に座らせてもらう機会がありました。 …