大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「ハモりゃいいんでしょ?」は、実は結構奥が深い

   

「コーラス」と聞くと、どのようなイメージでしょう?
 

いわゆる中学高校などのコーラス部?
ママさんコーラス?
アイドルなどの後ろでゆらゆら揺れているコーラスさん?
 

私自身、自分がコーラスのお仕事に誘われ、現場に出るようになるまで、
「なにそれ?」くらいの知識しかありませんでした。
 

音楽性や現場によりますが、
実際には、「コーラス」というのは、
ドラム、ベース、キーボードと同じように独立したパートで、
同じくらい、重要な役割を果たします。
 

最近ではバンドものの人気や、ツアーの予算の都合などもあって、
バンドの人がコーラスも兼ねるということが多くなってきていますが、
 

それでも、ある程度以上のレベルを要求されるコーラスが必要なコンサートなど場合は、
今でも、コーラスのプロフェッショナルがステージ上にいるものです。

 

さて、コーラスというのは、どんなパートなのか?
 

「ハモりゃいいんでしょ?」
という声が聞こえて来そうです。
私も実際、そう思っていました。

 

しかし、現場に出てはじめて、
この「ハモる」がどのくらい難しいかを思い知ることになります。

 
ちゃんとハモるためには・・・

1.ひとりひとりが歌うメロディの細部のピッチがぶれてはいけない。
 

2.リズムの「点」のポイントがカチッとそろわなくてはいけない。
 

3.メロディのダイナミクスの波が心地よくシンクロしなくてはいけない。
 

4.ことばの発音が一致しなくてはいけない。
 

5.音色が変化するタイミングをそろえなくてはいけない。
 

 

こういうと、少し専門的すぎてイメージしにくいなら、

 
「コーラス」というものを2人、または3人、もしくはそれ以上で、
ひとつの楽器だと考えると、わかりやすいかもしれません。

 

鍵盤楽器や弦楽器で「ドミソ」と弾く場合、
すべての鍵盤や弦のチューニングが
(例え微妙でも)合っていないと気持ちの悪いハーモニーになります。
 

コードプレイの場合は、アタックのタイミングをそろえないと、
気持ちのいいビート感が出ませんし、
3本それぞれの指で演奏するメロディの強弱の波がそろわなくては、
妙にばらつき感のある演奏になるでしょう。
 

また、5.の音色についていえば、
ドの音はオルガン、ミの音はエレキギター、ソの音はフルート
などという音色にばらつきのある楽器でのコードプレイは、
安心して聴けないかもしれません。

 

これらひとつひとつの精度が高いほど、
コーラスとしての完成度は高くなると考えられます。
 

もちろん、ピッチやリズムがばっちり合うだけでも、
お仕事ができるレベルにはなるのですが、
それではやっと「プロ」のレベルをクリアする程度。
 

実際にグレードが試されるのはその先です。

 

それぞれの声のクオリティ、歌の表現力、
さらには、オリジナリティや人間的な魅力、パワー、
そしてルックスや踊りの能力まで、
 

コーラスのお仕事は、実に奥の深いもの。
 

コーラスのお仕事をする人の中には、
自らを「コーラスアーティスト」と位置づける人もいるくらいです。
 

コーラスに関しても、まだまだ語れることはありそうですが・・・
 

とにもかくにも、まずは、きちんとハモる。
話はそこからです(^^)

7840105_s

 

 

 - The プロフェッショナル

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

「ライブ前にやらなくちゃいけないこと」なんて、なんにもない!?

「ライブ前に、絶対しなくちゃいけないことってありますか?」   そんな …

毎日がアウェイの連続だ!

「え〜っと、モニターの人、どこですか〜?」   プリンセスプリンセスの …

「同じに出す」が一番難しい。

同じ音を連続して弾くとき、 ピアノという楽器の完成度の高さを、 しみじみと感じて …

「音の立ち上がり」を正確にとらえる

歌い出す瞬間の音。 音を移動するとき、音の階段を上った、その瞬間の音。 その瞬間 …

歌の魅力。〜SInger’s Tips#7〜

「今の声の初々しい魅力はそのままに、 もっと声が抜けるように、パワーをつけてくだ …

誰に話しても「ウソぉ〜」と言われるOnline映像制作秘話②

まだセミアマぐらいだった頃、 映像系音楽プロデューサーの アシスタントをしていま …

衣装にこだわる?「こだわらない」ことにこだわる?

衣装の選び方は、ひとそれぞれ。   「とにかく楽なこと」と、オシャレ度 …

価値は受け手が決める 受け手は送り手が選ぶ

他に認めてもらうことで、はじめてその価値が生まれるというものがあります。 誰かの …

歌は1人で歌うものではなく、チームプレー

「歌は1人で歌うものではなく、チームプレー」 今日、週末に大きなライブをひかえた …

”飽きない”。”慣れない”。”手を抜かない”。

何年やっている曲でも、 自分自身がその曲と向かい合うたびに、 新しい発見があった …