大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「ハモりゃいいんでしょ?」は、実は結構奥が深い

   

「コーラス」と聞くと、どのようなイメージでしょう?
 

いわゆる中学高校などのコーラス部?
ママさんコーラス?
アイドルなどの後ろでゆらゆら揺れているコーラスさん?
 

私自身、自分がコーラスのお仕事に誘われ、現場に出るようになるまで、
「なにそれ?」くらいの知識しかありませんでした。
 

音楽性や現場によりますが、
実際には、「コーラス」というのは、
ドラム、ベース、キーボードと同じように独立したパートで、
同じくらい、重要な役割を果たします。
 

最近ではバンドものの人気や、ツアーの予算の都合などもあって、
バンドの人がコーラスも兼ねるということが多くなってきていますが、
 

それでも、ある程度以上のレベルを要求されるコーラスが必要なコンサートなど場合は、
今でも、コーラスのプロフェッショナルがステージ上にいるものです。

 

さて、コーラスというのは、どんなパートなのか?
 

「ハモりゃいいんでしょ?」
という声が聞こえて来そうです。
私も実際、そう思っていました。

 

しかし、現場に出てはじめて、
この「ハモる」がどのくらい難しいかを思い知ることになります。

 
ちゃんとハモるためには・・・

1.ひとりひとりが歌うメロディの細部のピッチがぶれてはいけない。
 

2.リズムの「点」のポイントがカチッとそろわなくてはいけない。
 

3.メロディのダイナミクスの波が心地よくシンクロしなくてはいけない。
 

4.ことばの発音が一致しなくてはいけない。
 

5.音色が変化するタイミングをそろえなくてはいけない。
 

 

こういうと、少し専門的すぎてイメージしにくいなら、

 
「コーラス」というものを2人、または3人、もしくはそれ以上で、
ひとつの楽器だと考えると、わかりやすいかもしれません。

 

鍵盤楽器や弦楽器で「ドミソ」と弾く場合、
すべての鍵盤や弦のチューニングが
(例え微妙でも)合っていないと気持ちの悪いハーモニーになります。
 

コードプレイの場合は、アタックのタイミングをそろえないと、
気持ちのいいビート感が出ませんし、
3本それぞれの指で演奏するメロディの強弱の波がそろわなくては、
妙にばらつき感のある演奏になるでしょう。
 

また、5.の音色についていえば、
ドの音はオルガン、ミの音はエレキギター、ソの音はフルート
などという音色にばらつきのある楽器でのコードプレイは、
安心して聴けないかもしれません。

 

これらひとつひとつの精度が高いほど、
コーラスとしての完成度は高くなると考えられます。
 

もちろん、ピッチやリズムがばっちり合うだけでも、
お仕事ができるレベルにはなるのですが、
それではやっと「プロ」のレベルをクリアする程度。
 

実際にグレードが試されるのはその先です。

 

それぞれの声のクオリティ、歌の表現力、
さらには、オリジナリティや人間的な魅力、パワー、
そしてルックスや踊りの能力まで、
 

コーラスのお仕事は、実に奥の深いもの。
 

コーラスのお仕事をする人の中には、
自らを「コーラスアーティスト」と位置づける人もいるくらいです。
 

コーラスに関しても、まだまだ語れることはありそうですが・・・
 

とにもかくにも、まずは、きちんとハモる。
話はそこからです(^^)

7840105_s

 

 

 - The プロフェッショナル

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

「プロ」の定義?

先日、友人の皇甫純圭さんが、 『プロとアマチュア』というタイトルのブログを書いて …

「飲みニケーション」は死んだのか?

ここ数年、若手バンドマンたちの「クリーン」ぶりに、 驚かされるシーンに何度も出会 …

ギターの6弦のチューニングは”E”と決まってる?

ギターの弦チューニングは6弦から、EADGBEと、決まってます。 ・・・ん? 決 …

カッコよければなんだっていいじゃん。

歌を指導する立場にいながら、 口が酸っぱくなるほど言い続けていること。 「カッコ …

『コーラスをするときにこだわる10のこと』

今日の夜は明後日のライブに向けてのコーラスのリハーサルでした。 みっちり4時間か …

エネルギーのピークは本番に持っていく

「歌う当日って、どんなことを心がけたらいいですか?」 という質問をよく受けます。 …

毎日プレイしているだけじゃ「上達」はしない

「人生で一番練習した」と言い切れる時期はありますか? おそらく、ほとんどの人は、 …

「クリエイトすること」はゴールではない

「どんな仕事に携わっていても、何をクリエイトしていても、 大切にすべきことの本質 …

どうせやるなら「ザ」のつくプロフェッショナルを目差せ!

先日、とある販売店でのこと。 まだまだ新米臭のある若者が、私たちの担当になりまし …

どんなに「ふり」をしても、オーディエンスは一瞬で見破るのです。

「わからないことを、わかっているかのように、 できないことを、できるかのように語 …