大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「バンドやりたい!」を叶える5つのチャレンジ

   

「バンド、やりたい!」
そう思ってはいても、なかなか、一歩を踏み出せない。

 

そんな若者に理由を聞くと、返ってくる答えは・・・

 

「誰と組んだらいいのか、よくわからない。」

「組みたい人はいるけど、こちらは一人だけなんで、誘いにくい。」

「どうやって声をかけたらいいか、わからない。」

「自分なんか、相手にされずに、断られる気がする。」

「バンドって、うまくいくのか自信がない。」

 

・・・etc.etc……

 

 

私自身も経験があるので、気持ちはよ〜くわかるのですが、
これでは一歩も前に進めません。

 

バンド仲間と出会うのは、理想の恋人、生涯の伴侶と出会うのと似ています。

 

初恋の相手と結婚する確率はたったの1%だそうです。

まだ10代という若かりし頃、生涯の伴侶と出会ってしまう人は希有。
その相手とつくったバンドが世界の音楽の歴史を変えてしまうようなバンドになった、
レノン&マッカートニーやジャガー&リチャーズなどは、
最早、生まれる前から、そう運命づけられてきたと思わざるをえません。

 

つまり、99%が複数の相手との恋愛を経て、ゴールインするわけです。

 

そんなわけで今日は『「バンドやりたい!」を叶える5つのチャレンジ』
を、ランダムに書いてみようと思います。

Let’s GO!

 

 

 

1.音楽をやる人が集まりそうな場所にでかけること。
 
家に引きこもっていたり、人と関わらないようにしていては、
出会いなどあるはずはありません。
もちろん、お見合い話を持ってきてくれるような、
おせっかいな近所のおばちゃんはもういません。

ミュージシャンの集まりそうな場所。
音楽学校、イベント、知人のライブ、セッション大会・・・
とにかく足繁く通ってみましょう。

どれだけ足を運んでも出会えない時期もあれば、
思いがけないところから出会いがやってくる場合もある。
探すことをやめたとき、いきなり出会えるときもあります。

それでも、出かけなければ、出会いがないことには変わりありません。

 
 
2.仲間を紹介してくれそうな、ハブになってくれる人と友達になること。
 
たくさんの人とつながっている「ハブ」的存在の人というのは、
どんな業界にも、どんな世界にもいるものです。

そんな人に信頼されたら、出会いをどんどん運んできてくれる可能性大です。

打算的に近づいても、なかなかいい関係は築けないのはもちろんですが、
心にとめておくといい、大切なことのひとつです。
 
 
3.「バンドやりたい」ということをいろいろな人に話してみること。
 
「欲しい」と言わないものを、
「欲しいんでしょ?」と差し出してくれるのは家族ぐらいのものです。
欲しいものは「欲しい」と声に出して言ってみる。

その一言が開いてくれる扉があるものです。

 
 
4.あれこれ考えず、とりあえず近くにいる人と、なんでもいいからはじめてみること。
 

「あの人は違うかな?」「この人とは、うまくいかないんじゃないかな?」・・・

頭でっかちになればなるほど縁遠くなるもの。

まずは、近くにいる人と一緒に音を出してみる。
そこで学んだ事を、次に生かす。

行動すれば、出会いもあります。

「一度お見合いしたら結婚しなきゃいけないんじゃ?」なんて、
重たく考えるのはやめましょう。

とりあえず、やってみる。
そこがスタートラインです。

 
 
5.この人とバンドやってみたい!と、ぴんときたら、とりあえず、声をかけてみること。
 
「あなたのプレイがステキなので・・・」と、
声をかけられて嫌な気持ちになる人はいません。
 
断られたら、「タイミングじゃなかった」と思えばいいのです。これも恋愛と同じ。

たとえ、自分しかメンバーがいなくても、いいのです。
おもしろいと思えば、他のメンバーを紹介してくれるかもしれません。

 

・・・いかがでしょうか?

 

自分自身が魅力的なミュージシャンに成長することが、
おそらく一番大切なことではあります。
本当に素晴らしければ、回りは放っておきません。
 
しかし、しかし、

恋愛経験によってどんどん美しく、セクシーに、魅力的になる人が多いのと同じ。
バンドの経験によって磨かれていくミュージシャンはたくさんいます。
 
「もっとうまくなってから」「誘われてから」

なんて、うじうじしていても、そんな日は一生来ません。

とにかく、一歩踏み出す。

 

話はそこからです。

4439640_s

 

 - 夢を叶える

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

『The ワークショップ Show』という挑戦

ヴォイス&ヴォーカルトレーナーとして、著者としての記事はB面、 ヴォーカリスト、 …

「変」なのか?才能なのか?

先日、とある会社にお勤めの、 才能あふれる、知的な若者とごはんしていた時のこと。 …

「才能」ってなんだ?

若かりし頃から、 「恵まれた人」に対する強烈なコンプレックスを抱えて生きて来まし …

「ケツかっちん」を利用する。

「ライブやりたいなら、とりあえず、小屋から押さえちゃえばいいのよっ!」 &nbs …

「できる人」が集まる環境に身を置く

音楽のセンスや、ことばのセンスを磨いたり、 きらりと光る知性を身につけたり、 楽 …

「好き」を極める。

「好き」にもいろいろあります。 なんとなく好き。 どちらかと言えば好き。 結構好 …

「謙遜しない」という生き方

「私はただのシロウトなので」 「下手のよこずきで」 音楽やっているんですか?と聞 …

「やりたい」と「やる気がある」は月とスッポンほど違うんだ。

先日、著名なアーティストの方と、 その方のお子さんが、 「音楽に興味があると言っ …

意味ある「1」を積み重ねる

「小さいことを積み重ねるのが、 とんでもないところへ行くただひとつの道だと思って …

毎日が勝負パンツ!?

「勝負パンツ」というインパクトのあることばがあります。 もちろん、言わず知れた、 …