大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

パフォーマンスは「鮮度」と「完成度」が命!

   

「僕は自分の過去には一切興味がないんです。
だから自分の作った作品も全部処分しちゃうんで、CDも一枚も手元にありません。」
 

少し前にお目にかかった元音楽家で、
現在はビジネス系の本の執筆などをしているという方のお話です。
 

これはずいぶん極端な例ですが、
「創り終わった瞬間に、自分は次に向かっているから、
あえて完成した作品を聴くことはない。」

というミュージシャンは、かなりいるようです。

 

一方で、「自分の作品の最大のファンは自分だから」というミュージシャンもいる。
 

「自分自身が何度聴いても楽しめるようなものを創りたい。」
というのが、彼らの原動力。

苦労してできあがった作品を聴くことは自分自身へのご褒美というところでしょうか。

 

 

さて、ではライブはどうでしょう?

 

「ライブは打ち上げ花火みたいなもの。
振り返ったって、しょうがないでしょ?」
 
と、自分のライブの録画や録音をチェックしないミュージシャン、
パフォーマーも多く存在します。
 

何事も物の考え方、それぞれの主義のようなもので、
何が正しい、正しくないというのはもちろんありません。

 

ここであえて、いつものように持論を展開させていただくなら・・・

 

CDなどのように、時間をかけて創り上げる「作品」と、
ライブのような「パフォーマンス」は、少し意味が違います。
 

「パフォーマンス」は、いわば生もの。

 
鮮度が大切なのはもちろんですが、
鮮度がいくらよくてもパフォーマンスそのものの完成度が低ければ、
受け手の満足度は低い。

 
そして、その完成度を上げるためには、
やはり1回1回のパフォーマンスを、細部に至るまで、客観的にチェックし、
ダメ出しし、反省し、
よかったところは、よりよく、ダメだったところは、修正し、
次に向けて最大限の努力をする。
 

これだけです。

 

パフォーマンスは「生もの」だからこそ、回を重ねるたびに変化します。

 
2回と同じものはありません。

むしろ全く変化しないパフォーマンスなら、家で完成度の高い「作品」を聴く方がいい。

変化するなら、それは退化ではなく、変質でも腐敗でもなく、
成長でなくてはいけないのです。

 

もちろん、自分のライブ、パフォーマンスを研究したり、
練習したりすることばかりが、成長する方法ではありません。 

自分自身が新しいことに挑戦したり、さまざまな人に出会ったり、
思い切った変化を遂げることで、
パフォーマンス自体も大きく変わる可能性があるでしょう。

 

そして、忘れてはいけないこと。

 
努力の末、どんなにパフォーマンスの完成度が上がっても、
「まぁ、こんなもんかな」と手癖でライブをやるようになったら、
自分のパフォーマンスの鮮度はどんどん落ちていくということ。
 

鮮度の低いパフォーマンスに人は感動しません。

 

鮮度と完成度。

パフォーマーである以上、肝に銘じておきたいことばです。

 

21829614_s

 

 - The プロフェッショナル

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

「天才はみな、オタク?」or「オタクはみな、天才?」

誰に頼まれたわけでもなく、 1円になるわけでもない。 他人から見たら、ただのオタ …

『「頭の中が真っ白になる時」チェックリスト』

人前に立ってパフォーマンスをしたり、話をしたりする人で、 「頭の中真っ白現象」を …

いつも初演のつもりで準備して、 初舞台のように、パフォーマンスすること

「いや〜、感動しました!!次も楽しみにしています!」   オーディエン …

お金、時間、労力、そして愛情をかける

楽器の人たちが機材をそろえるのに使っているお金、時間、労力は、 並大抵ではありま …

価値は受け手が決める 受け手は送り手が選ぶ

他に認めてもらうことで、はじめてその価値が生まれるというものがあります。 誰かの …

バンド・メンバーの選び方と、 そのメリットデメリット

友達と意気投合して、生まれて初めて組んだバンドが、 どかんと売れて、人気もバンド …

「真っ白な灰」に、なりますか?

リングの上で真っ白な灰になった、『あしたのジョー』。 命を賭けられるほどのものに …

「いいもの」と「売れるもの」はイコールではない!?

「どんな仕事でも、結局、営業力だ。」 という意味の言葉を聞いたことがあります。 …

ミュージシャンの「ステータス」も数字?

ビジネスの世界で活躍している男性たちを見ていると、 日々、華やかな数字の話ばかり …

バッファーをとる

ビジネス用語として最近よく使われる、「バッファー」ということば。 「緩衝」つまり …