大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

声の変化と向き合う vol.1〜発声は運動、歌うことはスポーツです〜

      2016/01/08

「年のせいか、高い声が出なくなっちゃって。。。」

「私、最近声が枯れてきちゃったんですけど、年だから仕方ないんでしょうか?」

 

不調になると、急に気になる「声」。

特に、年齢を重ねて、声が気になるようになった、という人は多いようです。

 

さて、2016年から解禁した、「声」の話。

 

まずは、多くの人が気になる「声の老化」についての第1回です。

 

発声は運動、歌うことはスポーツです。

 

あまり意識されていませんが、
「声」は全身運動によって生み出される音。

カラダのごく一部の限られた部品だけが単体で機能し、
声をつくっているわけではありません。

 

年を取れば、当然、体力は落ちます。
たとえば、同じ、シンプルな全身運動である、「歩く」で考えてみましょう。

 

10代、20代の頃は楽々、さくさく、歩けていた距離が、
30代、40代と年齢を重ねると、ちょっとずつ長いと感じるようになります。

50代を迎える頃には、同じ距離を歩くのに、
息切れしたり、ヒザが痛んだりする人もいるかもしれません。

60代、70代ともなると、
杖をついたり、乗り物に乗ったり、するようになるかもしれませんし、

80代以上になると、歩こうという気持ちさえなくなる人もいるでしょう。

 

さて、ここで考えてみてください。
歩くのが辛くなる、歩けなくなる原因は、老化だけでしょうか?

 

10代の頃は、体育の授業がありました。

友達と、アクティブにカラダを使って遊んだりもしました。

部活で、びしばしカラダを鍛えていた人もいるでしょう。

 

ところが20代になって、仕事を持ってからはどうでしょう?

体育はありません。

営業のお仕事や、カラダを使うお仕事をしている人は別ですが、
学生時代に比べ、運動量がびっくりするほど減ったという人が
ほとんどではないでしょうか?

一日中、PCの前に座って、声も出さずに仕事をしている人が
一体どれだけいることか。
当然、筋力は衰えます。
姿勢力も呼吸力も衰えます。

同時にメタボリズム=代謝も下がります。
しかし、食欲は学生時代のまま。

さらに飲酒の習慣がついたり、
美食傾向になったり、
食べる時間が不規則になったり、

余剰カロリーが脂肪になって全身につき、
ますます代謝が落ち、動くのが億劫になります。

筋力が落ちたところに、脂肪がつけば、
カラダの各部の動きも緩慢になるのは当然です。

 

20代後半から徐々に体重が増え始め、
40代ともなると、学生時代から体重が10キロ増えたという人はざら。

脚力自慢だったお父さんが、こどもの運動会に出て、
足がもつれて大転倒する場面を、目撃したことのある方も多いことでしょう。

 

「年のせい」ということばは、私自身も都合が悪くなると、
免罪符のようにつかってしまいがちなことば。

 

しかしです。

すべて「年のせい」にすれば、
自分自身の自己管理の甘さや、自堕落さ、努力の足りなさが、
帳消しになると思ってしまってはいないでしょうか?

 

もちろん、年のせいで変わることは、たくさんあります。
(これに関しては、また別の機会にお伝えします。)

受け入れるべき変化を受け入れないのは、
かえって、結果を悪くしたり、ときに心身に歪みを与える事もあるでしょう。

「無理している」、「痛々しい」という印象を
周囲に与えることさえあるかもしれません。

 

それでもなお、

太るのも、成人病になるのも、姿勢が悪くなるのも、
お肌や髪の毛のコンディションが悪くなり、美しさが失われるのも、
運動能力が落ちるのも、
そして、発声力が落ち、声が衰えるのも、

単純に「年のせい」と言い切ってしまうには、
あまりに個人差がありすぎます。
「年のせい」にしないで、自分自身と向き合えた人だけが、
老化を遅らせ、若さを取り戻し、
時に、若者たちに負けないような心身と声を持つことができるのです。

 

耳が痛いお年頃の方も、
まだまだ先の話よね、と思っている人たちも、
ぜひ一度、自分自身と、自分の声と、向き合ってみてくださいね!

30303206_s

 - カラダとノドのお話, 声のはなし

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

頑固な、間違ったプログラムを解除して、「声」を解放する

カラダの構造や、発声のメカニズムを教えて、左脳からアプローチしても、 カラダに触 …

『ハードスケジュールなときこそ確認したい声のためにできること』

月末から鹿児島でした。 4泊5日の日程で、 ワークショップ、リハーサル5時間、ボ …

自信、自信、自信。

こどもの頃から声が大きくて、 大勢で騒いでいても、 友達の話に相づちを打っている …

ボーカリストや声を仕事にしている人にお勧めの「毎日すること」。

今日は、予告通り、(^^) ボーカリストや声を仕事にしている人にお勧めの「毎日す …

音は「楽器」じゃなくって、「人」が出すものなのです。

かつて、ドラムの神様と言われたスティーヴ・ガッドが来日した際のお話です。 &nb …

no image
奥歯の話

普通に口を閉じてみてください。 上の奥歯と下の奥歯の間、すき間空いていますか? …

高い声はどうやって出したらいいのか?

「どのくらい高い声を出せるのか?」という議論は、 「どのくらい速く弾けるのか?」 …

「声ってなんだろう?」

「声ってなんだろう?」 この疑問の明確な答えを、ずっと追い求めています。 &nb …

出音=声にこだわるべ〜し!

出た瞬間の「音」が勝負。 いろいろなところで、そう書いてきました。 一流は「音」 …

「いい声が出ない」には、いつだって理由がある。

歌うというのは、カラダの中と外を繋げる作業。 少しスピリチュアルな言い方をすれば …