大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「ちょっと歌ってみる?」・・・売られたケンカは必ず買うのだ。

   

「はじめまして!私、Y子と言います!うた、歌ってます!
どうぞよろしくお願いします!」

 

よほどのルックスの持ち主か、誰かの紹介でもない限り、
こんな風にいきなり言われて、

「じゃ、1曲歌ってみる?」

などという展開になることは、まずもって、絶対ありません。

 

「歌をやっている」なんて子は腐るほどいて、
ミュージシャンたちも、制作サイドの人たちも、
いちいち、興味を示す理由がない。

CDをいきなり渡されたって、聞く理由もありません。

 

 

辛抱強く、時間をかけて、そのコミュニティに溶け込んで、
誰かとなかよくなって、
「ちょっと歌ってみる?」と、声がかかるタイミングを待つしかないのです。

 

しかし、そうやって、声がかかるのを、ただ指をくわえて待っていてはいけません。

「ちょっと歌ってみる?」は、ある日、突然、
予想もつかないタイミングでやってくる。

 

そんなときに、なんの準備もなければ、

 

ただ、どぎまぎと、途方に暮れたり、

「自分なんか・・・」とかっこ悪く謙遜をしたり、

「何を歌ったらいいでしょう?」などと、人に助けを求めたり・・・

 

結局、一瞬のタイミングを逸してしまうかもしれません。

 

もしくは、

いきなりステージに昇ったはいいけれど、

楽器も弾けない、

バンドの人の知っている曲は1曲も歌えない、

だからといって、自分の知っている曲はバンドの人は1曲も知らない・・・
などという、穴があったら入りたい状況にならないとも限らない。

 

これでは、せっかく巡ってきた自分をアピールするチャンスも、
ただのピンチになってしまいます。

 

 

いつも最善を期待して準備することは、どんな時代も変わらない鉄則です。

 

人が集まる場所、自分を認めて欲しい人が集まる場所に行くときは、
必ず、自分をアピール出来る「飛び道具」を携えて出かけるのです。

 

○ギター1本、ピアノ1台あればできる、「弾き語り曲」

 

○楽器などなんにもなくても、充分自分の歌をアピールできる、
珠玉のアカペラ曲

 

○どんな人でも演奏できる、容易にリズムや進行を説明できる、
ブルース進行や、1コード、2コードのシンプルな曲
 

○ビートルズやカーペンターズ、ジャズスタンダードなど、
誰でも知っている、一度は演奏したことのある、名曲・・・etc.etc.

 

 

 

曲の準備さえできていれば、もたもたすることは、もうありません。

 

あとは、ステージに昇って、

他の人とはひと味違うパフォーマンスで、
自分の魅力を最大限伝えられるよう、
また、聞いている人たちをどきりとさせ、
思いきり楽しませるよう、

歌うのみです。

 

 

そんな曲を1曲。徹底的に準備しておく。

 

「準備ができている人間」は、顔を見るとわかるものです。

そんな人ほど、チャンスは巡ってくるものですよ。

 

28705374_s

 - プロへの突破口, 夢を叶える

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

「売れ線狙い」は劣化コピーを生む。

「これ、今、売れてるから、この路線で行こう!」 そんな風に言うおじさまたちが、一 …

音楽家として認められるために大切なこと

昨日は大学の卒業ライブでした。 終了後、旅立つ若者たちに、 「今後活動していくた …

自分の本気度は、ことばではなく、行動で証明する。

やりたくないことはやらない。   今、やりたくないと感じることは、やり …

「夢に向かって邁進する」は美徳でもなんでもない。

学生時代、本の取り次ぎ店にバイトしていました。 バイトは朝の9時から夕方5時まで …

人前に立つ前の「MUST DO!」〜ビジュアル・チェック編〜

昨日のブログ、人前に立つ前の「MUST DO!」〜ムービー/チェック編〜の続編で …

自己表現のための”自分アバター化作戦”

かつて、ハワイ出身の日系アメリカ人女性シンガーに、 英詞の提供をしたことがありま …

「変」なのか?才能なのか?

先日、とある会社にお勤めの、 才能あふれる、知的な若者とごはんしていた時のこと。 …

自分との約束

プロフェッショナルやスペシャリストを志すとき、大切なことはシンプルなことばかり。 …

「続けること」のチカラ

今、どうしても叶えたいことがあったとして、 それがこの先10年間、 コツコツ何か …

意味ある「1」を積み重ねる

「小さいことを積み重ねるのが、 とんでもないところへ行くただひとつの道だと思って …