大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「妄想」は所詮「妄想」です。

   

小学校1年の終わりに急性腎炎で、2ヶ月ほど入院し、
(今となっては理由は定かではありませんが)、
その後も約3年間、学校のプールで泳ぐことを許されなかった私は、

誰よりも、友達と一緒にプールで泳ぐことに憧れを抱きながら、
来る夏も来る夏も、体育の時間ともなると、
プールサイドで膝を抱えて過ごしました。

 
そうしてプールサイドで、
友達が水の中を自由自在に行きつ戻りつするのを見ていると、
やがて妄想が生まれてきます。

 

自分は、プールに入れてもらえないだけで、泳げないわけじゃない。

一度、プールに入れば、私は、みんながびっくりするくらい、自由自在に、
信じられないスピードで泳げるんだ。

まともに水泳を習ったこともなければ、
小学校低学年の丸3年間、
おそらく片手で数えられるほどしか泳いだこともない。

それなのに、そんな風に自分を信じて疑わなかったのです。

 

「泳げないから、水泳サボってるんだろ?」

そんな風にいじめられたり、からかわれたりすることへの、
自分なりの防衛本能だったのか。

 

それとも、「自分は他の子とは違う、特別な存在だ」という、
得意の「思い込み」だったのか。

 

今となってはよくわかりませんが、
とにもかくにも、そんな妄想が高じて、
小学校4年の夏の終わりに、突然プールに入る許可をもらった私は、

学校の夏のハイライト、水泳大会の、
こともあろうに、25メートル競泳選手に立候補したのです。
 

25メートルなんて、妄想の中で何度も何度も泳いできました。
楽勝です。
 
水泳帽に何本も(水泳の級を持っているという証の)リボンを縫い付けた子たちをも、
ものの見事に、すいすいと追い抜いて、私が一番にプールの壁にタッチする。

その時のみんなの驚いた顔。

・・・妄想は完璧でした。

 

結果は。

もちろん。

惨敗どころではありませんでした。

 

 

 

結局私は、25メートルどころか、ものの3メートルもろくに泳げなかったのです。
 
プールの底を蹴って、カラダを浮かべて、水の中でもがく。
苦しくなってまた顔を上げる。
思いきり息を吸って、またプールの底を蹴って、水の中でもがく。
また顔を上げる。
 
そんなことを、ウンザリするほど繰り返しました。
 
歩いた方がおそらくよほど速かったでしょう。
 

4年生ほぼ全員の呆れた顔。ヤジ。
プールを上がった直後に担任の先生に浴びせられた、
「コサカは、どうしてできもしないことをやりたがるの?」という冷たいことば。

 

自分が「特別な存在」じゃない、と知った瞬間でした。

 

さて、今日のポイント。
 

どれほど純粋に、心の底から、
「自分にはできる」と深く深く信じていたとしても、

1ミリもカラダを動かさないで見る夢は、所詮、「妄想」。

妄想はフォームを整えないし、筋肉を鍛えない。

どんなに妄想を膨らましても、
やったこともないこと、やってみもしないことは、
絶対の絶対に、できるようにはなりません。

 

まず、やってみる。

現実と向き合う。

客観的な意見を聞く。

受け入れる。

また、やってみる。

 

 

妄想や勘違いが効果を現すのは、それからです。
プールサイドで膝を抱えて座っていても、なにも変えられません。

「できない」ことを恐れて、水に飛び込まなければ、一生泳げないままです。

呆れられて、やじられて、叱られて、
そこから前に進んだ人だけが、「特別な存在」になれるのです。

 

まず、やってみる。
それだけです。

 

20054845_s

 - Life, 夢を叶える

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

何を切り取るか。どう切り取るか。

家族や友人たちと、昔の思い出話をしていると、 記憶に蘇ることや、「こんなことがあ …

自分自身のマスターは、 どんなときだって、自分なんだ。

3月は「終わりの季節」。 学生時代に別れを告げ、 社会に出て行くことに不安を感じ …

人は、他人のにおいに「敏感」かつ「不寛容」なもの。

「角の○○さんのご主人、若い頃はカッコよかったのよ。 ハワイアンバンドにいたらし …

デビューにこぎ着けた若者に共通の特徴

最近、かつての教え子たちの活躍がめざましく、 SNSなど開くたびに彼らのニュース …

カラダを粗末に扱わない。

カラダは神様がくれる、生涯たったひとつの大切な宝物。 大切につかえば、ちゃんとこ …

「バンマス・マニュアル」〜ライブ編〜

メンバーがあつまったら、さっさとライブを決める。 いや、なんなら、メンバーは集ま …

無限大に見える作業量を前に、ひるんだら負けだ!

洋楽のカバーを歌う、英語の苦手な学生たちに、 英語の発音指導をすることがあります …

no image
書くことについて、思いきり語ってしまった。

昨年秋から「ことばの断捨離」と位置づけて、 ブログを綴っているわけですが、 書く …

音楽をどうやって聴くか?

言いたかないけど、レコードの時代に音楽に目覚めた私。 その後、さまざまな音楽メデ …

「やりたい」と「やる気がある」は月とスッポンほど違うんだ。

先日、著名なアーティストの方と、 その方のお子さんが、 「音楽に興味があると言っ …