大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

耳で聞くのではない。脳で聞くのだよ、明智くん。

   

少し前、まずオケを聴け!歌うのはそれからだ!という記事で
歌のピッチやリズムが悪い人は、オケが聞けていないのだというお話をしました。

 

レッスンでも、オリジナルの音源を流して、

「はい。ハイハット聞いて」

「ベースの音、声でなぞって」

などということをさせることがあります。

 

しかしです。

 

実はこの、
「オケの中から、特定の音だけを拾い出して聞く」というのが、意外に難しい。

 

こどもの頃から楽器をやっていたり、聴音をやっていたり、
はたまた英才音感教育のおかげで、絶対音感を持っていたりという人には、
全くもって理解出来ないことかもしれませんが・・・

聞こえないものは聞こえないのです。

 

私自身、音楽の英才教育とは無関係の環境で育ったせいか、
音楽家を志してから、もっとも苦しんだのは、「耳が悪い」ことでした。

 

オケは、「オケ」というダンゴの状態でしか耳に入ってこない。

キーボードやギターのコードの構成音はおろか、

ベースの音でさえよく聞こえない。。。

 

仕事をはじめるようになってからは、モニターでもずいぶん悩みました。
誰かとユニゾンで歌っていると一切自分の声が聞こえなくなる。

ハモっているはずなのに、自分の声がどちらだかわからなくなる。

その結果、ライブでも、レコーディングでも、音を外しまくっていました。

 

さて、こういう人をミュージシャンの間では「耳が悪い」というわけですが、

 

実際に聴力に問題があるわけではもちろんありません。
聴力検査で悪いスコアが出たことは一度もありません。

なのに、一体全体なぜ聞こえないのか。

 

 

はい。音は空気の振動です。

空気の振動が鼓膜を振動させ、電気信号に変換し、脳に伝える。
そして、どんな音かを認識するわけです。

 

 

 

鼓膜の機能に、ある程度の個人差はあると仮定しても、
振動が伝わるのは、あくまでも物理的な現象ですから、
誰の耳だって、平等に振動しているはずなのです。

 

 

そう考えると、特定の楽器を聞くというのは、「耳の焦点」をあわせること。

耳にはもちろん、目や声帯のような、
ピント調節機能がついているわけではありません。

 

脳が聴きたい音に焦点をあてて、音を拾っているだけです。

 

苦手な人は、可能なら、聴きたい音の音量だけをぐいっと上げてみる。

ボーカリストなら、耳栓をしてみるのも有効です。

 

一度、聞くべき音を捉えられると、何にピントを合わせるべきかがつかめます。

それから、もとの音量に徐々に戻していけば、
だんだんと、お目当ての音がくっきり聞こえてくることに気づくはずです。

 

 

いかがでしょう?

苦手な人は、早速練習してみてくださいね。

14664495_s

 

 

 

 

 

 - 「イマイチ」脱却!練習法&学習法

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

「ハモらない」時の覚え書き

人とコーラスをやっていると、 「あ、気持ちいい!」と思えるときと、 「う〜〜、ハ …

『やらなきゃいけないとわかっていても、 なかなか続けられないことを、続けるヒント』

「練習時間、なかなか取れないんですよね〜」 「こういうのって、どこで練習したらい …

no image
なくて七癖、カツゼツ編

自分の発音のクセ、知っていますか? 方言やアクセントの話ではありません。 50音 …

人間がカラダをつかってやることの基礎って、すべて同じなんだ。

うん十年ぶりにスキーというものに出かけてきました。 ぶっちゃけ、学生時代に友だち …

「残念なミスコピー」は、そろそろ卒業しましょう。

誰もが一度は、 人の歌や演奏を聞いて、カッコいい!マネしたい!カバーしたい! と …

自己表現のための”自分アバター化作戦”

かつて、ハワイ出身の日系アメリカ人女性シンガーに、 英詞の提供をしたことがありま …

「センスが悪い」と言われる人への5つのアドバイス

今日は昨日のブログの続きとして、 テクニックはあるのに、音楽的に評価されない、 …

no image
人はアウトプットすることで成長する

「学ぶ」といえば、本を読んだり、音楽を聴いたり、人の話を聞いたりと、 インプット …

抜本的に、根本的に、ミュージシャンは、まず、そこ!

一定のレベル以上のミュージシャンになると、 そこから上の実力の差は、 一般の人の …

リズムの「点」に意識を向ける

リズムのある音楽には、必ず「点」がある。 これが、私の解釈です。   …