大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「上達」は、いきなりやってくる。

   

スポーツジムなどでトレーニングを受けると、

「今日より明日、明日より明後日というように、
運動の回数は少しずつ増やすこと。
負荷もいきなり上げず、ちょっとずつ上げていくように。」

と指導を受けます。

筋力や持久力は基本、
トレーニングにかけた時間に比例して伸びていくもの。

実にわかりやすく、シンプルに結果が出るので、
モチベーションもあがります。

しかし、歌や楽器の練習は、そうはいきません。

何度歌っても噛む。
歌っても歌っても、音が当たらない。
どうやったって、出したい音が出ない。

「才能」ということばを持ち出したくなるのも、
無理はありません。

できる人は、最初っからできる。
その点も、筋トレと違うところです。

持ち上げたこともないのに、
何十㎏もの重さのものを持ち上げられる人はいない。
でも、歌では、練習したこともないのに歌える、
という人が普通にいます。

しかし、そこで「才能がない」とあきらめない人だけに、
いきなり「上達」はやってきます。

もうね。いきなり、くるんです。

昨日まで、できなかった。
なんなら、さっきまでできなかった。
それが、ズドンと集中した瞬間に、
やってみた、そのときに、
え?ぐらい、あっさりできてしまう。

練習しても練習しても出なかった声が
ライブの最中にいきなり出て、
自分で驚いて、飛び上がりそうになったこともあります。

そして、やってきたのと同じくらい、
また、いきなり、できなくなるのです。

それがどうやら「脳」というものらしい。

技術をカラダに入れることは、
脳とのコネクションをつくっていく作業です。

新しい動作を脳に覚え込ませる。
間違った動作をしようとしたら、
「違う!」と脳に言いきかせる。
脳と神経と筋肉と・・・そのすべてが複雑に関係しあって、
刺激し合い、反応し合い、フィードバックし合い。

そんな一連の流れが、
どこかひとつでもうまくいかないうちは、
何度繰り返しても「できない」わけです。

そして、いきなり「あ!」という感じで、
その全てが繫がる。

またあっさり見失う。。。

で、また、いきなりできる。

 

だんだんと、この「見失う」と「できる」の確率が変わっていき、
やがて、どんどん成功率が上がっていく。

上達は、こんな経路をたどります。

 

本当につらいのは、
「いきなりできる」そのときまで。

数日でできる場合も、数週間かかる場合も、
数ヶ月がんばってもダメな場合もあります。

その間に、自分が信じられなくて、
やめてしまったらそれまで。

けして「上達」を体験できないのです。

 

がんばっても結果が出ないとき、
落ち込むのは誰だって一緒。

落ち込んだその後で、
もうダメだとあきらめるのか、
ちくしょう、今に見ていろとがんばるのか。

試されるのは、そのときです。

◆【ヴォイトレマガジン『声出していこうっ!me.』】
ほぼ週1回、ブログ記事から、1歩進んだディープな話題をお届けしているメルマガです。無料登録はこちらから。バックナンバーも読めます。
◆ 一から歌を学びたいという方にも、基礎を見直したいというプロの方にも。オンラインのお得なBasic3パック

 - B面Blog, 「イマイチ」脱却!練習法&学習法

  関連記事

すごいミュージシャンって、ここがすごい。

MTLワークショップ in 東京vol.3の受講生のご感想から。 先日はR&am …

「歌の練習、どこでしているの?」

昨日のこと、 レッスン中にいきなり「ドドドドドドッ!」という大きな音がしだして、 …

ヴォーカリストのための「練習の3つのコツ」

プライベートレッスンでも、MTL12でも、そして音大でも、 クライアントやアーテ …

「Fが難しくて弾けない」って理由でギター、やめる〜?

昨日、某大手プロダクションのお偉い方との会話。   M「最近、ギター科 …

『やらなきゃいけないとわかっていても、 なかなか続けられないことを、続けるヒント』

「練習時間、なかなか取れないんですよね〜」 「こういうのって、どこで練習したらい …

「これでいいのだ」と言い切る勇気。言い切れるまで追い込む努力。

中学時代、先生や英会話部の先輩たちが口々に、 「カーペンターズの英語はきれい」 …

伸び悩む人にする10の質問

「キミ、ホントにうまくならないなぁ。」 今日は、そんな風に言われた時、 または、 …

時間の密度を高める集中のコツとツボ

作品をつくりあげるとき、 制作現場で、 そして、トレーニング、練習、リハーサルで …

カラダに染みこませたものは裏切らない。

若かりし頃から、使った「歌詞カード」を 大切に取っておく習慣があります。 「ネッ …

「宝物」と呼べる情報、いくつ持っていますか?

「この写真は19〇×年の△△コンサートのやつだね。 持ってるギターが○○で、ピッ …