大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「そんなの歌ってても売れない」!?

   

時々、不思議な質問を受けます。

先日のキャサリン(仮名)の質問がまさにそれ。

「私、ジャズとか歌った方がいいんですかね?」

「は?ごめん。言ってる意味がわからないんだけど?」

「このあいだ、よく出させてもらってるライブハウスの社長さんに、
『キャサリンはああいうロックみたいなのより、
もっとジャズとか歌った方がいいね』って言われちゃったんです。」

出た出た。

こういう話を聞くたびに、またかと思ってしまいます。

そういう音楽は売れないから、もっと売れ線やった方がいいとか。
キミの声はR&Bには向いてないから、ポップス歌った方がいいとか。
まぁ、他人というのは、わかったようなことを言いたいものです。

相手が、音楽的にも人間的にも全面的に信頼できる人で、
自分の発言に対して、きちんと責任を取ってくれそうな場合以外、
そんな意見は「なるほど、そういう意見もあるのね」程度に、
軽く受け流しておくのが賢明です。

「そもそもさぁ、世の中には子どもの頃からジャズが大好きで、
何年も何年も、寝ても覚めてもジャズのことしか考えられないくらい、
必死でジャズをやっている人が死ぬほどいるのに、
『ジャズとかやった方がいいんですかね』レベルで、対抗できると思うなんて、
おめでたすぎるでしょ?」

若かりし頃、そうした無責任な発言にさんざん乙女心を弄ばれてきた私は、
人一倍、この手の話に腹が立つので、ついつい口調が荒くなります。
「『そんなことやってても売れないよ』くらい、愛のない発言、ないと思わない?
そんなこと断言できるの神様だけでしょ?お前は神か?って話でしょ?」

「『これが売れる』とか言われて、言いなりになって、
やりたくもないこと何年もやったあげく、鳴かず飛ばずだったときに、
一体全体誰が責任取ってくれるの?
その時、キャサリンは、誰を恨むの?
人間は、本当に好きで好きでたまらないことしか一所懸命できない。
「好き」のレベルで負けるなら、どんなにがんばったって、絶対に勝てない。
結局さ、どんなにつらくても、自分の道は自分自身で選び取るしかないのよ。」

絶対売れないと言われても、その道を貫き通して、やがてブレイクした人もいます。
売れなくても、好きなことだけをハッピーにやりたいんだと、
悟りの境地に入った人もいます。
大好きな音楽で何の苦労もなくブレイクして、
幸せに活動を続けるラッキーな人もいれば、
「売れ線」を追求して、どんなに嫌なことも売れるまでの我慢と耐えて、
結局、鳴かず飛ばずのまま業界を去って行った人もたくさんいます。

運命は自分で選べないのだとしても、自分の未来への地図は自分で描きたい。
それが、少なくとも、納得できる生き方というものだと、私は信じています。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
「好き嫌い」と「興味」は別物です。

大学のようなところで教えていると、 生徒たちに学んでほしい歌、教材にふさわしい曲 …

no image
「点ではなく面で考える」

最近、心密かに想いを寄せている佐藤オオキさん。 昨年、オオキさんが出演していた …

no image
先人たちの名演に学ぶ

ボーカリストにとって、いや、ミュージシャンにとって、 最高の教材は先人たちの残し …

絶対上達する究極の練習方法

「楽器を上達したいなら、録音するのがmust」ということは、 こちらでもずいぶん …

no image
仕事が嫌ならいつでもリセットすればいい

レコーディングの仕事に呼ばれるようになったばかりの、 駆け出しのころ。 現場の雰 …

no image
変声期

昨日は12~16才の男の子ばかり、8名のボイトレを担当しました。 17才くらいか …

「あきらめない」というチカラ

年越しに寄せて。 今年、私が学んだ一番大切なこと。 それは、「あきらめない」とい …

no image
声の印象を変える?

声は人の印象を決める上で、とても大切な役割をしています。 ある研究によれば、人は …

no image
「答えは本の中にある」。きっと。

「わからないことがあったら本屋へ行け」 父が教えてくれたことです。 「世界中これ …

525600minutes〜新年によせて〜

新年おめでとうございます。 新しい年がはじまりました。 新しい年はいつも真っ新な …