大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

風邪のサインを見逃すな!

      2016/10/27

以前、『風邪をひいたら歌っちゃだめなんです』
という記事に書いたように、

レッスンにやってくるアーティストたちの声に、
少しでも風邪の兆候があったら、
基本レッスンはしないことにしています。
地方からわざわざ来てくれたアーティストも例外ではありません。

よほど、本番前で切羽詰まっているならともかく、
体調が悪いときにレッスンをするのはマイナスなだけだからです。

ボーカリストにとっては体調管理も仕事のうち。
風邪は引いちゃだめなんです。

一番の体調管理は「自分のカラダの声を聞く習慣」をつけること。

風邪をひくときには、必ず体から何かしらのサインが出ています。
このサインさえ見落とさなければ、大事に至ることはありません。
もしも体調を崩しても、すぐに復調させられます。

まずは、自分のカラダに聞く。

1.  なんとなくだるくないか?
2.  寝不足でもないはずなのになんだか眠くないか?
3.  頭が重くないか?
4.  寒いと感じないか?
5.  疲れが抜けないと感じないか?
6.  お腹が何となく痛くないか?
7.  胃腸の調子を崩してないか?
8.  運動もしていないのに筋肉痛がないか?
運動をしている場合でも、筋肉痛がいつもよりひどくないか?

それから自分の胸に聞く。

「いつもと違う」がカラダの出しているサイン。
スケジュールがよほどタイトならともかく、
日常と大きく違わない生活をしているのに、
なんとなく「いつもと違う」はカラダのバランスが崩れている証拠。

「疲れ」も立派なカラダのサインです。
実際、「疲れ」から風邪になるパターンはものすごく多いもの。
「疲れたな」と感じるのは、
カラダが「休みましょう」と言っているからです。

とりあえずするべきことは、言うまでもなく、休養を取ること。
この段階できちんとケアすれば、
風邪の症状すら感じなくてすむかもしれません。

大事なのは休養。睡眠。栄養。そして水分です。
パスできるおつきあいならパスする。
予定変更できる仕事なら変更する。

どうしてもしなければならないことも、
なるべく短時間で切り上げられるように工夫する。

とにかく、風邪は引きはじめが肝心です。

マスクして歩くよりも、
自分のカラダの声をしっかり聞く習慣をつける方が、
風邪予防には圧倒的に効果がありますよ。

16401593_s

 

明日、1月16日(金)、お昼ごろ発行のメルマガを発行します。
インサイドストーリーは、私が『風邪のときに食べたいもの、飲みたいもの』。あくまでも、当社比ですので、悪しからず。
バックナンバーも読めますので、よろしければ是非こちらから登録してくださいね。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

雑念チェーンをぶった切る!

練習や課題に集中できないとき、どうしていますか? 凡人には雑念がつきものです。 …

ポジティブな面にフォーカスする。

「今の、自分ではどうだった?」 そんな質問を、歌い終えたばかりの生徒に投げかける …

no image
「自分の声は変えられますか?」

「自分の声は変えられますか?」 異業種交流会のような場で、 名刺を出して、私の仕 …

no image
解剖学の本から『笑筋』が消える日?

うまく笑えない子が増えている。 「にっこり笑って」と言われて、前歯をきらりと見せ …

no image
好きになれないなら、理解しようと努める

「そんな、しょーもない曲ばかり聴いているから、歌がうまくならないんだ!」 ある先 …

no image
平均的な舌って、なに?

誰しも、生まれながらの自分のカラダが、 自分にとってのスタンダード=標準規格です …

no image
まずは母音の発音をチェックする

子音の発音は歯を使ったり、舌を使ったり、 結構難しいけど、母音は誰でも簡単に発音 …

no image
「歌う環境」をつくる。

5年ほど前、某レコード会社のディレクターさんに連れられて、 女性R&Bシ …

ミュージシャンに向いている人って?

「ミュージシャンに向いている人ってどんな人ですか?」 そんな質問を時々受けると、 …

肉体は変化する

ずいぶん前のことになります。 クラプトンのコンサートのチケットがあるからと、 友 …