大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

幽霊会員ビジネス?

   

これまで通ったジムやダンススクールの数は、
15〜20の間というところ。

この年齢にして(詳細問い合わせ不可)この数字が多いのか、そうでもないのかはともかくとして、その数に、少なくとも6ヶ月分〜1年近い幽霊会員期間と月会費をかけ合わせた金額が、私が「幽霊会員ビジネス」に貢いだ金額です。

ざっくり計算すると、100万円・・・150万円?いや、もっとかもしれません。

 

どんなジムでも、登録している会員全員が毎日通って来たら定員オーバーでパンクするそうです。

だからこそ、通ってこないのに、お金だけはせっせと貢いでくれる、上客中の上客、幽霊会員さんをいかにたくさん抱えられるかが、ビジネスとして成功するかどうかの鍵だとか。

 

そもそも幽霊会員って、なりたくてなるわけじゃありません。
なんだか運動不足が気になるわ、ちょっと最近太ってきたわ、と感じがちな季節になると、前々から気になっていた近所のジムでなんかしらのキャンペーンが催されます。

体験無料!入会金ゼロ!初月会費無料!

そんな魅力的なことばが並ぶチラシに引き寄せられて、出かけてみる。

四方を鏡で囲まれた空間には、「幽霊会員」とは無縁のスポーツ男女がいて、ぴったぴたのウェアで包んだ見事なカラダで、きらきらと汗をかいている。

 

ぼてっとしたジャージ姿の、化粧っ気もない自分のイケてなさに凹みながら、マシンをつかえば、一番軽いウェイトでも持ち上がらない。
腹筋をやれば、まったく上半身が持ち上がらない・・・

 

へこたれたところに、ジムのおねえさんやおにいさんが、やけに白い歯で、「3ヶ月あれば目標達成可能ですよ」などと言ってくれば、イチコロです。

 

ところが、入会したばかりの高揚感がつづくのはせいぜい数ヶ月。

やがて、自分の中でジムよりも優先順位の高い出来事が発生し、

行きたくても思うようにスケジュールが取れなかったり、
いくつもりで出かけたのに、別の用事をするうちに時間がなくなったり。

そんなことが数回続くうちに、フラストレーションからどんどん情熱が冷めてしまいます。

 

 

仕事が落ち着いたら行こう。

またモチベーション上げよう。

 

・・・そう思ううちに、気づけば1ヶ月。3ヶ月。。。半年。。。

 

通えなくなった時点で、とりあえず一旦仕切り直せばいいのですが、
そこは人間。

頭の中で、「ジムに通う人はカッコいい人」「ここでやめたら二度と痩せられない」という思いが浮かぶのと同時に、

ここ数ヶ月通わずに払ったお金がもったいないから、
また通って元を取らなくちゃ、などと思ってしまう。。。

 

幽霊会員ビジネスは勧誘に弱くて、意志が弱い、ついでに数字に弱い、私のような人たちのおかげで成り立っているわけです。

 

この時代、幽霊会員ビジネスはジムのようなリアルな世界だけでなく、ネット上にも山のようにあります。

 

情報サービスや、クラウドサービス、SNSやゲーム、会員サービスなど、ポチッポチッと会員になれてしまうサービスに、いったいいくら払っているのか。

毎月100円とか、300円とか、たいして気にならない金額なだけに、払っていることすら忘れてしまうこともあります。

 

 

ひとつひとつ、1ヶ月1ヶ月はたいした金額ではなくても、
いくつもあって、それぞれ長期にわたれば、金額もばかになりません。

なにより、あれどうしたんだっけ?と思うだけでもいらっとします。

 

年に1〜2回は会員制サービスの断捨離をすること。

現代社会の鉄則かもしれません。

 

というわけで、MTLにたくさん会費を納めてくださったのに、通い切れていない幽霊会員のみなさま。

弊社のプライベートレッスンには有効期限はありません。

是非ご連絡くださいね〜(^^)

47402579 - young people training in the gym

 

 - Life

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

キレたら負け

好戦的な人というのは、どこにいってもいるものです。 まず、仕掛けてくる。 自分の …

この歌、どうして知らないの?

MTL定番の、 (そして、私自身が「ドS」と認定されるきっかけのひとつとなった) …

風邪に克つ方法

普段、どんなに目の前でゲホゲホやられても、 「そんな風邪は絶対にうつらない」、と …

キャリアの節目をポジティブに旅する

「節目」というものをポジティブに捕らえるか、ネガティブに捕らえるかで、 人生のク …

リスペクトくださいっ!

私の通った女子校には、なんとも不思議な風習がありました。 学校のある駅を降りた瞬 …

多感なこどもたちにジョークは通用しない

小学生の音楽の授業のときの話です。 「ではこの曲を、誰かに歌ってもらいましょう。 …

「目障りなヤツ」で行こうっ!

「あいつ、なんか目障りなんだよな。 なにがってわけじゃないんだけど、なんか態度が …

出会いの数だけ別れがある

音楽はたくさんの出会いをくれます。 音楽はひとりではできないから。 一緒に演奏す …

「可能」を生きる

「一体いつから、できない理由を先に数えるようになったんだろう。 可能性に胸躍らせ …

ちゃんと寝ろっ!

「えぇええ〜〜っ!MISUMIさんともあろう方が、 今さら、そこですかぁ〜〜〜っ …