大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

プレイヤーだって、歌わなくちゃダメ〜っ!

      2016/10/27

「ヴォーカリストだから、楽器弾けなくても大丈夫ですよね?」

時折、こんな質問を受けます。

 

「大丈夫」が、どのレベルのことを言っているのかわかりませんが、

本気で音楽をやりたいなら、例えヴォーカリストでも何かしら楽器を習得すべき、というのが私の意見です。
ヴォーカリストこそ楽器を練習して「演奏の当たり前」を知る。

楽器ができると、できないとでは、見える世界が全然違うからです。

 

私自身は元々、ピアニストになりたかったり、
ギターリストになりたかったり、
キーボーディストになりたかったりと、

単なるWannabeプレイヤーではありましたが、
そこそこ楽器の練習に時間をつかってきました。

 

ひとつひとつの楽器を聞く、
音の粒をそろえる、
楽器のダイナミクスやグルーヴを感じ取る、など、
細かいところに意識を向ける習慣が身についたのは、
すべて楽器を練習したおかげでしょう。

 

さて。

歌の人が楽器を練習すべきなら、
楽器の人だって当然歌を練習すべきです。

 

歌には歌でしか表現できないグルーヴがあり、
ブレスがあり、感情のダイナミクスがあります。

 

歌のグルーヴを理解することなしに、
いいバッキングをすることは、不可能なはずです。

 

なにも、スティングやジョン・メイヤーになれというわけではありません。

音域が足らないとか、
英語の発音が悪いとか、
声がキモイとか・・・

人前で歌えと言っているわけではないから、
そういうことはどうでもいいんです。

それでも、なんでも、一度、楽器を置いて、
自分がこれから伴奏する歌を、ちゃんと歌ってみる。

そこそこつかめて来たら、
楽器を持って、バッキングをしながら、弾き語ってみる。

いいプレイヤーは、みな歌をわかっているものです。

 

実は先日、とあるライブの打ち上げで盛り上がって、その後、
ミュージシャンONLYというカラオケにこっそり行ったのですが、

日頃一切歌わない人たちなのにも関わらず、
メンバー全員がめちゃくちゃ歌がうまくて、
ハモまでばっちりで・・・
一流と言われるミュージシャンの底力を見ました。

「歌がわかっている」とはこういうこと。

だから、この人たちの演奏は素晴らしいのだと、
感動してしまったものです。

 

いかがでしょう?
ラララでもダダダでも、声がひっくり返っても、
1オクターブ下でも、蚊の鳴くような声でも、
なんでもいいんです。

 

とにもかくにも、自分が伴奏する曲は全部歌ってみる。

歌の人が1から楽器をやるよりも、
楽器の人の方がずっとアドバンテージあるはずですよ。

32529939 - singer and guitar player

【明日メルマガ発行!】明日お昼ころ発行予定のメルマガno.128では、『弾き語りの練習方法』をお届けします。
ヴォーカリストもプレイヤーも、ぜひ読んでくださいね。

登録はこちらから。バックナンバーも読めます。

 

 - 「イマイチ」脱却!練習法&学習法

Comment

  1. あきぉ より:

    本当にそのとおりだ。ぼくは楽器のできない人が音楽をやっていることが信じられません。彼らは音の構成というものを、まったく理解していないからです。

  2. otsukimisumi より:

    >あきぉさん

    はい。いろいろな事情で、これまで楽器を手にしたことのないヴォーカリストというのもいるのですが、少しでも学んでもらえたらと、日々思っています!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

ことばに「自分の匂い」をしみつける

ことばには、話す人の匂いがあります。 同じことを言うのにも、ことばの選び方や言い …

「歌の練習、どこでしているの?」

昨日のこと、 レッスン中にいきなり「ドドドドドドッ!」という大きな音がしだして、 …

無限大に見える作業量を前に、ひるんだら負けだ!

洋楽のカバーを歌う、英語の苦手な学生たちに、 英語の発音指導をすることがあります …

ボイストレーナーなんかいらない自分になる。

『ダイジェスト版MTL voice&vocal オープンレッスン12』が …

「好きになれない課題曲」から徹底的に学ぶ方法

自分が心から感動し、お手本にし、研究した、いい音楽を、後進にシェアしたい。 &n …

「どうせ向いてない」を変える3つのプロセス

楽器の練習や歌の練習、パフォーマンスや創作活動がうまくいかないとき、 自分がどう …

練習の成果は「ある日突然」やってくる

はじめて「上のF」が地声で出た瞬間を、 今でも鮮明に覚えています。 学生時代は、 …

no image
「つもり」はあくまでも「つもり」

ボーカリストがカバー曲を練習するときに大切なこと。 1.オリジナルをよく聞いて、 …

うまくならない子の思考

「うーん。先週とちっとも変わってないんだけど、練習したの?」 前の週に指摘した間 …

「私のカラダはギターには向いていないんだ・・・」

高校時代、ギターリストを目差していた頃のお話。 クラプトンに憧れて、黒いストラト …