大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「失敗しても、それでいいんだ」

   

「失敗しても、それでいいんだよ」

 

ここぞと言うときに、人は、さまざまな声をかけてくれます。

「がんばって!」

「大丈夫。絶対うまくいくよ。」

「うまく行かなかったら何回でもやればいいじゃない。」

「人は間違いから学ぶんだから、どんどん行動する方がいいさ。」

「最初から失敗のことを考えていたらダメだよ」

 

そんなことばを聞きながら、
自分を奮いたたせ、
歯を食いしばり、
涙を拭いて、
どれだけがんばってきたでしょう。

 

ある日、霊能力があるという方に出会って、
お話をしていたときに、
ふと、冒頭のことばを言われました。

「あなたがこれからやろうとしていることは、きっとうまくいくよ。
失敗しても、それでいいんだからね。」
 

それは、失敗しても気にするな、という意味ではないことは、
すぐにわかりました。

それは、
失敗することも、「うまくいく」の一部だという意味。
だから、心配しなくていいよ。
ということでした。

 

なんとも不思議なことばで、
腑に落ちるまでしばらく時間がかかりましたが、

 

絶対に負けないぜ、
何回でも挑戦するぜ、
ちゃんとやらなくちゃ、
完璧にやらなくちゃ、
誰にも文句のつけられない自分にならなくちゃ・・・・
 

完璧主義で、がむしゃらに突き進む自分へ、
ふわりともたらされた、
大切なメッセージだったと、やがて気づきました。

 

失敗に見えることも、実は失敗ではなく、
人生の大切な時間の一部。

 

完璧じゃないから、
もっともっとと、夢を見られる。

うまくいかないから、
たくさん学べるし、
いろんな人に出会える。

 

ちゃんとやること、
完璧にやることよりも、
今、このときを味わうことが大切なのだ。

そして、結局、
どんな結果になったとしても、「それでいいんだ」。
 

そのくらい楽しんでやれば、
肩の力も抜けて、やっぱりうまく行くのだ。
 

あぁ、なんか、いつのまにか、バカボンパパなのだ。

 
これでいいのだ。

30712713 - businessman is going to fall from a skyscraper

 

 - Life

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

「可能」を生きる

「一体いつから、できない理由を先に数えるようになったんだろう。 可能性に胸躍らせ …

年齢が気になりますか?〜チャンスはいつもフィフティ、フィフティ〜

なかなか将来の見えなかったアマチュア時代。 周りの友人たちは次から次へとお仕事を …

大きな波を引き寄せる

音楽の仕事には、大きな波のようなものがあって、 来るときには、ど〜〜っと来て、 …

視点を変えると価値観が変わる〜from USA②〜

ニューヨークに暮らしはじめて、真っ先に感じたのは身体の中に流れ込んでくる街の音。 …

「振り返ればいつも若造」reprise

「振り返ればいつも若造」。 何年か前から使っている、お気に入りの言い回しです。 …

人生を変えてくれた、最善と最悪に感謝する

最近、自分の人生の棚卸し作業というのをしています。 長年生きているというのもあり …

「逃した魚」は、きっと毒入り!?

「チャンスの神様には前髪しかない」(Seize the fortune by t …

いつでもどこでも、歌あればこの世は楽し。

欧米人の友達に、「あなたは歌ったりしないの?」と訊ねると、 よく返って来ることば …

オレの方がすごい?「優越感シンドローム」

ある程度キャリアのあるプロフェッショナルなら、 誰しも、自分自身の仕事や能力にプ …

「思いきりOFF」で、効率をあげる。

「休みの日には思いきり休みなさい」と、みんなに言っています。 たまりにたまった雑 …