大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

どんなに優れたアイディアも、 形にならなければ存在しないも同然

      2017/06/05

昔読んだ本に、「完璧主義のぐず」ということばがありました。

 

とにかくなんでも、妥協なく完璧にやりたい。

そんな想いが強すぎて、何年経っても、何も完成できない。
酷い場合になると、なにもはじめられない、
そんな人のこと。

 
似たような人を何人も知っているせいか、
その本のタイトルも覚えていないのですが、
このことばはいまだに、
ことあるごとに使いたくなる、インパクトのあることばです。

 

どれだけ優れたアイディアも、
形にならなければ存在しないも同然。

どれだけ才能がある人でも、
作品を作り出さなければ、凡人となんら変わりません。

どれだけ素晴らしいパフォーマーも、
演奏を披露しなければ、なにも演奏できないのとおなじ。

 
これが”Real Artist Ships”、
「本物のアーティストは”出荷”する」と、
スティーヴ・ジョブズが語ったことばの真意でしょう。

 
誰に乞われるわけでもなく、
誰かが待っていてくれるわけでもなく、
 
無から、自分だけのエネルギーで、
作品をクリエイトし、
とにもかくにも、自分の落としどころまで完成させ、
“出荷”するための、道を開くことは、

それをなし得たことのない人にはとうてい理解できない、
困難と苦悩の連続です。

 

作品のクオリティや、
自分自身のアイデンティテイにこだわるほど、

 
「これで完成」という落としどころ見えなかったり、
完成前に、自信を失って、放り出してしまったり。

 
せっかく完成したとたんに、
とてつもなくつまらないものをつくっているような気がして、
そのまま倉庫にしまい込んだり、ぶち壊してしまう人さえもいます。

 

そうして、いつまでたっても自分自身の作品を、
完成させられない人に限って、

誰か他の人がしていることを
面白くもなさそうに批判したり、

「あんなことなら、オレの方がよほど早く考えていた」
というような、ことを言うものです。

 

クリエイターにとって、価値観はいろいろですから、
一概に何が正しいと言うつもりはありません。

 
しかし、私自身は、

最高級の材料が集められて、
すべて完成したら、世界一の作品になるはずの、
倉庫に積まれた未完成の部品の山よりも、

自分の身の丈にあった、
ベストオブミーの作品を、
全力で完成させ、”出荷”することに、
よほど大きな意味を感じます。

 

そこで、評判なり、評価なり、人気なり、
なんかしらのフィードバックを受けてこそ、
クリエイターもパフォーマーも、成長していくもの。

 

そうして、勇気を出して、
自分自身を試してこそ、
真の完全性は磨かれていくものなのではないか。

 

 

人生は短い。
他人の思惑を気にしたり、
躊躇したりしている暇はありません。

Just do it!

心配するのは、それからだ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<MTLからのお知らせ>

◆  9月2日(土)【第5回ダイジェスト版 MTL ヴォイス &ヴォーカル レッスン12】開催決定!
【MTL12】の、全12回=18時間におよぶレッスンを3時間に凝縮して、学んでいただけるダイジェスト版。 短時間ではありますが、ヴォーカリストに必要な情報がぎっちり詰まった、ジェットコースターのような、非常にお得感の高い内容になります。 毎回、瞬く間に満席をいただいている講座です。

◆ 9月30日(土)【第4期 MTLヴォイス & ヴォーカル レッスン12】開講決定!
MTLヴォイス&ヴォーカルレッスン12=MTL12は、90分X全12回のレッスンで、ヴォーカリストに必要な基礎トレーニングをすべて学べるよう、MTLがすべてを注ぎ込んでデザインした、ヴォイトレの基礎の決定版とも言える講座です。

◆10月4日【MTL Online Lesson12】が、ついにスタートします!
これまで、遠方にお住まいである、時間的な制約がある、 という理由でMTLのレッスンに通うことができなかったみなさんのため、いつでも、どこでも、何度でも、 MTLのレッスンを体験していただけるオンラインレッスンが10月、いよいよ開講いたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 - The プロフェッショナル, 夢を叶える

  関連記事

こんな人は、ボーカリストに向いている!?

仕事の向き不向きは、その人の体格や、 持っているスキルだけで決まるものではありま …

「あなたの勲章なんかに他人は興味ないんですよ」

かつて著者の勉強をするために、 『プロフィール講座』というセミナーに通ったことが …

胸の痛みを抱きしめて進め

やっとの思いでミュージシャンの端くれになって、 少しでも一流といわれる人たちに近 …

準備せよ。そして待て。

道が開けないとき。 ツキがやってこないと感じるとき。 過小評価されていると思える …

「妄想」は所詮「妄想」です。

小学校1年の終わりに急性腎炎で、2ヶ月ほど入院し、 (今となっては理由は定かでは …

自分なりの「こだわり」を見つける

かつてよく演奏していた、あるギターリストは、 常にギターは一本だけしか持たない、 …

「できる人」が集まる環境に身を置く

音楽のセンスや、ことばのセンスを磨いたり、 きらりと光る知性を身につけたり、 楽 …

意味ある「1」を積み重ねる

「小さいことを積み重ねるのが、 とんでもないところへ行くただひとつの道だと思って …

「これ、誰がOK出したの?」

仕事柄、たくさんのアーティストや、その卵たちから、 自主制作音源や、インディーズ …

「リハーサルって何回くらいやるんですか?」

ライブに来てくれる学生たちによく聞かれる質問のひとつに、 「リハーサルって何回く …