大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

そんな情報、いりますか?

   

私が最も嫌いな人種に、
「いらんことをいうヤツ」というのがいます。

本人にはどうにもならないことをいちいち口に出して言うヤツ。

 

それでいて、
「俺って正直だからしょうがないんだよ」とか、
「ハッキリ言ってあげる方が本人のためだから」
などと、うそぶくヤツ。

 

容姿のこと、根本的な能力のこと、
生まれや育ちのこと、年齢のこと、
境遇や環境のこと・・・etc.etc….

誰にだって、変えたくても、
変えられないことはあるものです。

そんな解決策のないことを、
その人に突きつけるかのようにことばにするのは、
単なる無神経なイジメでしかありません。

 

さて。

 

実は教育の現場でも、
こうしたイジメに類する話を耳にすることが多々あります。

 

「だからお前はダメなんだ」

「あなたの声を聞いていると気分が悪くなる」

「しかし音痴だね」・・・etc.etc.

 

もちろん、考え方はさまざまです。

なぜそう言われたのか、自分で考えさせるのも教育だ、
という向きもあるでしょう。

 

しかし、私自身は、
これらは、人にものを教える人間が言うことばではないと考えます。
 

厳しいことが当然のプロの現場や、
すでに信頼関係が構築されている師弟関係で言われるのなら、
いたしかたないこともあるでしょう。
 
受け手は、そうしたことばを投げかけられる前に、
何度もヒントをもらっていたのかもしれません。

 

しかし、教育の現場、人が人にものを教える現場では、ダメです。
ダメすぎます。

 

「で?どうしたらいいの?」という答えがない。

「何がどうダメで、どうなればいいの?」が伝わらない。

解決策がわからない自分は無能なのだと、
自分に対する不信感を植え付ける。。。

 

これは教育ではありません。
イジメです。

 

そもそも、解決策を授けられないのは、
教えている側が無能だからです。
 
自信を奪われれば、本人は、
自分で解決しようという熱意さえ失います。
 
人を叱るのと、
苛立って怒るのとでは大違いなのです。

 

相手に厳しいダメ出しをするときは解決のヒントを、
具体的にどうすれば、それが変えられるのかを
きちんと言語化して伝えるべきです。
 
同時に、本人が自分の力で解決できるのだという自信を
確実に相手に届けるべきなのです。

 

そのどちらもできない教育者、トレーナーに
ダメ出しをする資格はありません。
 
解決策のない情報はいらない情報です。
 
「ダメなことはわかるんだけどね。」という段階では、
教える側にまわるのは10年早い。

 

自分が教わりたいように、人に教える。

 

毎日、胸に手を当てて考えたい、大切なことです。

 

◆ 6日間12ユニットでヴォイス&ヴォーカルトレーニングのすべてを伝える、【第4期 MTLヴォイス & ヴォーカル レッスン12】お申し込み受付中。

 - イケてないシリーズ, ボイストレーナーという仕事

  関連記事

『悩めるリーダーの羅針盤』

美崎栄一郎さんは、本当に優れたリーダーだと常日頃思っています。 私はロッカーなの …

まず、やれ。文句を言うのはそれからだ。

「あの程度のコード進行の曲なら、その気になれば何曲でも書けるぜ。」 「こいつ、こ …

「機材がない」を言い訳にしない。

時折、アーティストの卵たちや、学生たちに、宿題を出します。   その時 …

ゴールは自分自身で選び取る

大学の新年度がはじまりました。 今日から門下の生徒の個人レッスンのスタート。 新 …

「なんとなく」や「しかたなく」でキーを決めない。

作曲、作詞、アレンジ、レコーディング・・・ 作品づくりにはさまざまな過程がありま …

いい加減、「ピッチが悪い」をどうにかしません?

「ピッチが悪い」というと、専門的に聞こえますが、 実は、ごく一般の人でも、無意識 …

「落としどころ」か?「限界突破」か?

完璧主義というほどではないですが、私はなにかと採点が辛いようで、 生徒やクライア …

「そこに愛はあるか?」

同じ音楽家の先輩として、 生徒たちを指導しながら、自分自身の過去を追体験すること …

「わ。ピッチ悪い」をどうするか。

初めて「ピッチが悪い」と言われたのは、 歌の学校に通いはじめて、しばらくしてから …

歌詞が覚えられないのは、意味をわかっていないから。

「歌詞って、覚えられないんですよね。 どうしても、カンペ貼っちゃうんですよ。」 …