大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「課題曲」は、何を基準に選ぶべきか?

   

学校の授業などの教材として、課題曲を決めなくちゃとなると、
さて、一体全体、何を基準に曲を選んだらいいのか、
頭を悩ませるのは、どんな講師も同じでしょう。

クラシックのように長い歴史のある音楽は、
よく研究されて、技術的な難易度が整理されていますから、
おおまかな基準を参考に、次はこれ、その次はこれ、と選べるものなのだけど、
日々移り変わるポピュラー音楽の世界では、基準も難易度も曖昧です。

なので、ついつい、
1.受講生が好きな曲、得意な曲
2. 講師が得意な、教えやすい曲
3. 誰でも知っていそうな、流行の曲、人気曲
などの基準で課題曲を選びがちになります。

しかし、数ヶ月なり、1年なりと、長期でレッスンをしていく場合、
こんな風に曲ありきでレッスンを進めると、さまざまな問題が出てきます。

1.受講生が好きな曲、得意な曲を選ぶ場合

プライベートレッスンなら、基本、本人が歌いたい曲でいいわけですが、、
グループレッスンで、これをすると、あきらかに満足度に差が出ます。
同じクラスに、激しいアニソンが好きな人と癒し系J-POPが好きな人、洋楽が好きな人などが、混在することが普通だからです。
結局、自分の好きな曲の時は一所懸命練習してきて、
嫌いな曲はテキトーに流す、とレッスン精度にムラができがちです。

2. 講師が得意な、教えやすい曲を選ぶ場合

講師にとっては、自分が好きな曲、得意な曲というのは、
教えていても楽しいですし、こだわりを披露できるのでやりがいもあります。
趣味があう生徒ばかりなら、これ以上いいことはないのですが、
残念ながら、特別講座というのでもない限り、
そういうことは、まずないといっても過言ではありません。

3.誰でも知っていそうな、流行の曲、人気曲

今、流行っている曲から、誰もが学ぶべき普遍的な課題を見出すには、かなりなスキルとセンスが必要です。
ネットなどから拾い集めた知識をどれだけ大仰に語っても、意味がありません。
知識やスキルを積み上げて、一定期間の授業を構築するのは、難しくなります。

では、どうするか?

課題曲の選曲は、曲ありきではなく、ゴール設定からすることが重要です。

例えば、発声の基礎、さまざまなリズム、フレーズのバリエーションなどなど、
学ぶ人たちにとって必要な情報を、どんな順番で、どんな風に組み立てて伝えるか。
1曲1曲、知識とテクニックを構築するように、どんな上達の地図を描くか。
これが明確でないまま、やみくもに曲を選んでも、学ぶ人たちが着実に力をつけてもらうには不十分なのです。

また、1つの曲でなにもかもを伝えようとするのではなく、
それぞれの曲に役割を持たせて、一定の回数や授業期間でゴールに到達できるような、
長期的な目線も大切です。

こうした地図をきちんと描いた上で、
さまざまな曲をバランスよく選び、授業を進めていく。
同時に、学ぶ人たちにも、その意図を確実に伝え、モチベーションを高めていく。

時間とエネルギー、そして、お金をかけて、歌にコミットする人たちに
講師たちがやるべきこと、できることは、まだまだたくさんありそうです。

 

■本気でうまくなりたいと思ったら、迷わず受けて欲しい。
6日間にコミットして、歌に対する自己肯定感を一気にあげてください。
第10期 MTLヴォイス&ヴォーカルトレーニング。11月開講です!

 - ヴォイストレーナーという仕事

  関連記事

「伝えたい」が伝わると、マジでうるうるします。

「どうしたら伝わるのか」。 物心ついた頃から、これこそが、私の人生のテーマです。 …

「わかることばで教えてください!」

音楽業界に長くいるほど、 どこまでが専門用語で、どこからが一般のことばか、 これ …

表現者には、いつだって、責任がともなうもの

「ブログ読んでます!」 最近、出会う人にそう言っていただくことが、とても多くなり …

何がやりたいかわかんない人に教えるのが一番ムツカシイ。

たいがいの無理難題は受けて立つタイプですが、 レッスンを担当することになって、な …

「やぶヴォイストレーナー」

「しばらくがんばってヴォイトレに通ってたんですけど、 全然成果が出なくて・・・」 …

声が届かない3つの原因

先日、4年半ぶりに「話す」がテーマのワークショップ、 BizLabをスタートいた …

「歌いたいっ!」が胸を叩くから。

トレーナーをはじめて、 ずっと大切にしてきたことは、 「昔の自分」のまま感じて、 …

人を本当に育てるのは、反骨心や反抗心だ!

ミュージシャン仲間に、有名なおしどり夫婦と呼ばれたカップルがいました。 旦那さん …

それで、いい声、出せますか?

先日、とある生徒さんのレッスンをしていた時のこと。 ずいぶん小柄な彼女なのに、 …

「とにかく、ゆっくり」から、はじめよう。

以前、書道家の方に自分の名前の書き方というのを習ったことがあります。 先生が繰り …