大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

うるさぁあああいっ!

   

数件先に、小さな公園があるせいか、
それとも、徒歩3分ほどのところに小学校があるせいか、
はたまた、そのコンビネーションが悪いのか、

夕方、下校時間頃になると、
小学校の中学年高学年あたりのこどもたちが、
奇声を上げながら、
我が家のまわりの路地という路地を縦横無尽に走り回ります。

追いかけっこでもしているのでしょう。

「きたぁ〜〜!!!」
「いたいたいたいたっ!」

人目をはばかるなどということばを、
おそらくはまだ知らないのか、

セーブする、などという芸当はできないのか、

とにかく全力で声を出します。

「ぎゃ〜〜っ!」と叫ぶ子もいます。

「あはははははは」。
時に、大きな笑い声もします。

 

簡易防音をしている私のレッスン室にまで、
声が飛び込んでくるくらいですから、
一体全体どんなでかい声を出しているのかと、
時にいらだったり、
うるさがったりしてはいますが、

いや。
正直なところは、嬉しいんです。

こんな時代でも、
あんな風に全身をつかって遊んだり、
自分の気持ちを表現したりするこどもが、
まだまだたくさんいるんだなぁと。

なんなら、外に出て、
「よしよし、君たち。もっとさわぎたまえ」
なんて言いたくなりますが、

そんなことをしたら、
どーせ、
「あそこの派手なおばちゃん、絶対おかしいから、
近づいちゃダメよ。」

と噂されてしまうのが関の山ですから、
ぐっと自分を抑えています。

 

さて。

先日、眼科の待合室で、それとは正反対の、
とっても嫌な光景を目にしました。

おかあさんが小学校2〜3年生の男の子を連れて、
眼科の受診に来ています。

男の子は、仙骨を思い切り倒して、
ソファの背もたれに寄りかかったまま、
ヒザの上にタブレットを乗せて、
完全に首をがくんと胸の方に落とし、
うなだれたような状態で、延々とゲームに興じています。

あらあら・・・あんな姿勢してたら、大変なことになるのに・・・。

そんな風に思った次の瞬間、
男の子は、どうやら首が疲れるようで、
激しく、何度もぐるぐると首を回します。

首を回し終わると、またしても、ゲームです。

その間、おかあさんはスマホに夢中。
一瞬たりともこどもを見ません。

老婆心でございましょうか・・・
私、そんな2人が心配で、目が離せないまま、
15分くらい観察してしまいました。

しかし、結局、その親子、診察室に呼ばれるまで、
そして、診察から帰ってきてからも、
おなじ姿勢、おなじ行動をし続けていました。

 

何度かね、
「おかあさん、オタクの息子さん・・・」
と、立ち上がって注意しようかと、真面目に考えました。

まぁね、江戸っ子なんで、おせっかいなんですよ。
そして、姿勢オタク、カラダフェチなんで、
ああいうの、恐ろしくって見てられないんですよ。

 

でもね、

結局、それは余計なことだと、自分を押しとどめました。

求められない意見を言うのは傲慢というもの。

だからこそ、社会レベルで、
姿勢やカラダの教育、
ヴォイトレをきちんとやっていかなくちゃいけないなと。

啓蒙活動にいそしまなくっちゃなぁと。

私のブログやメルマガなんて、
無力な、ちっちゃなものだけど、
それでもちゃんと、伝えるべきことは伝えなくちゃねと。

そんなことを思う今日この頃です。

【MTL Online Lesson12 12月生の募集スタート!】
時間や場所の制約なく、繰り返しレッスンできる【MTL Online Lesson12】 。12月生の募集は25日まで。詳しくはこちらです。

【”ヴォイトレ365″ 毎日配信中】
365日間、声とヴォイトレを語り倒します。
バックナンバーも読めますので、ご登録がまだの方はぜひ、こちらから。

 - Life, カラダとノドのお話

  関連記事

ワードを変えれば、自分が変わる

有名な心理学の実験で、 「スタンフォード監獄実験」というのがあります。 ごく普通 …

コツコツ積み重ねる微差が、逆転勝ちを演出する

自分の生まれは選べません。 生まれたときから、才能やルックスや音楽環境に恵まれて …

「カラダの管理」はすべてのパフォーマーの絶対的義務である

「お土産、甘い物にしちゃったんですけど、 もしかして、MISUMIさん、甘い物と …

no image
ボイトレにストレッチって、必要ですか?

ボイトレをはじめると、必ずと言っていいほどやらされるのがストレッチです。 やれ「 …

限りない偶然に選ばれてきた「特別な自分」

一瞬の選択で人生は大きく変わります。   もしもあの時、あの瞬間にラジ …

ボーカリストが20代のうちにやっておきたい10のこと

10代、20代のアーティストたち、学生たちを見ていると、 彼らの脳や肉体の柔軟性 …

作業量の多さにひるまない

英語を勉強しはじめたとき。 英語の辞書の重さをずっしり感じながら、 「こんなにた …

臨界点を突破する

「どんなに練習しても、高い声が出ない」 「毎日ボイトレしているのに、声量が上がっ …

お利口さんも、お馬鹿ちゃんも・・・行動!行動!行動!

あるとき、突然、心の中に種が芽生える。 こんなことを変えたい。 こんなことを可能 …

“Discover Book Bar”にてお話させていただきました!

『「自分」が伝わる声ヂカラ』をディスカヴァー21さんから出版させていただいたのが …