大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「おかあさん声」の主は・・・

   

昨日、近くのストアにお買い物に行ったときのとこです。

商品に見入る私の横で、親子連れの声がしました。

「これじゃない?」(若い男性)
「あ、そうそう、これ!これがいいのよ。」(おかあさん)

ちょうど私が見ていた足元の商品をささっとカゴに入れたおかあさん。

私の視線は自然に、商品、カゴ、おかあさんへ・・・おかあさん?
あれ?

ふと視線を止めると、それは親子連れではなく、カップルだったんです!
それも30前半くらいのカップルでした。
私は声に関しては職業病ともいえるくらい、
誰よりも耳が立って、誰よりも素早く声分析をしてしまう、
いわば声オタクです。
それは認めます。

でも、その女性の声は、
たぶん、そんなオタクの私じゃなくても、きっと気づくくらい、
「おかあさん声」、つまり、老けていたのでした。

よく見れば、(ストーカーみたいで申し訳ないけど)
なかなかキレイでスタイルも悪くない。
そこそこきちんとした身なりでもありました。

あ〜〜。もったいない。。。

人間の印象を決めるのは見た目だけではありません。
声は、見た目と並び、第一印象を決める大きな要素のひとつ。

どんなに若くても、きれいでも、
声によって、印象は全然違ったものになってしまいます。

可愛い声!と振り返ったら、妙齢な女性ということも、しばしばです。

声は意識と知識と習慣が育てる。
そして、意識を変えるだけで大きく変化するものでもあります。

まずは、鏡を見るのと同じくらい、自分の声に意識を向ける。

そこからです!

 - 未分類

  関連記事

no image
平均的な舌って、なに?

誰しも、生まれながらの自分のカラダが、 自分にとってのスタンダード=標準規格です …

プロフェッショナルの徹底ピアノ調整!

10月末から1週間ほど休業&家を留守にするということで、 思い切って、ピアノの一 …

no image
聴覚 視覚 筋感覚

歌がうまくなりたい、いい声になりたい、と思うなら、 研ぎ澄ましたい感覚が3つあり …

no image
先人たちの名演に学ぶ

ボーカリストにとって、いや、ミュージシャンにとって、 最高の教材は先人たちの残し …

no image
上達のキーワードは「イメージ力」

歌は、誰かに教われば上達するというものではありません。 もし、有能なトレーナーに …

「あきらめない」というチカラ

年越しに寄せて。 今年、私が学んだ一番大切なこと。 それは、「あきらめない」とい …

no image
まずは母音の発音をチェックする

子音の発音は歯を使ったり、舌を使ったり、 結構難しいけど、母音は誰でも簡単に発音 …

本番に強くなるマジックワード!?

「あんなにリハーサルうまく行ったのに・・・」 「どうして本番になると、いつもボロ …

no image
孤独を怖れず、自分自身と向き合う。

あっという間に4月。 音大の新学期が始まりました。 キラキラと目を輝かせている新 …

no image
「お前よぉ、いい気になれよ」

かつてツアーのお仕事をした男性タレントのアンディーさん(仮名)が、 打ち上げの席 …