大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「おかあさん声」の主は・・・

   

昨日、近くのストアにお買い物に行ったときのとこです。

商品に見入る私の横で、親子連れの声がしました。

「これじゃない?」(若い男性)
「あ、そうそう、これ!これがいいのよ。」(おかあさん)

ちょうど私が見ていた足元の商品をささっとカゴに入れたおかあさん。

私の視線は自然に、商品、カゴ、おかあさんへ・・・おかあさん?
あれ?

ふと視線を止めると、それは親子連れではなく、カップルだったんです!
それも30前半くらいのカップルでした。
私は声に関しては職業病ともいえるくらい、
誰よりも耳が立って、誰よりも素早く声分析をしてしまう、
いわば声オタクです。
それは認めます。

でも、その女性の声は、
たぶん、そんなオタクの私じゃなくても、きっと気づくくらい、
「おかあさん声」、つまり、老けていたのでした。

よく見れば、(ストーカーみたいで申し訳ないけど)
なかなかキレイでスタイルも悪くない。
そこそこきちんとした身なりでもありました。

あ〜〜。もったいない。。。

人間の印象を決めるのは見た目だけではありません。
声は、見た目と並び、第一印象を決める大きな要素のひとつ。

どんなに若くても、きれいでも、
声によって、印象は全然違ったものになってしまいます。

可愛い声!と振り返ったら、妙齢な女性ということも、しばしばです。

声は意識と知識と習慣が育てる。
そして、意識を変えるだけで大きく変化するものでもあります。

まずは、鏡を見るのと同じくらい、自分の声に意識を向ける。

そこからです!

 - 未分類

  関連記事

no image
自分の耳は自分で磨く

歌えないから聞こえないのか? 聞こえないから歌えないのか? ニワトリと卵のような …

no image
変声期

昨日は12~16才の男の子ばかり、8名のボイトレを担当しました。 17才くらいか …

no image
Obsession〜頭にこびりついて離れないもの〜

プロとアマチュアの分岐点はどこにあるんでしょう? 何かが好きで、夢中になることは …

no image
「仕事に困らないミュージシャン」の3つの特性

仕事がなくなると、景気だの、時代だのと世の中のせいにしたがるのは、 ミュージシャ …

ポジティブな面にフォーカスする。

「今の、自分ではどうだった?」 そんな質問を、歌い終えたばかりの生徒に投げかける …

no image
技術によって人間は進歩するのか、退化するのか?

技術によって人間は進歩するのか、退化するのか? はじめてレコーディングのお仕事を …

no image
「自分の声は変えられますか?」

「自分の声は変えられますか?」 異業種交流会のような場で、 名刺を出して、私の仕 …

no image
「答えは本の中にある」。きっと。

「わからないことがあったら本屋へ行け」 父が教えてくれたことです。 「世界中これ …

いわゆる「男性のモテ声」の特徴

「婚活に役立つ声の出し方を教えてください!」 そんな声をいただきました。 ご相談 …

525600minutes〜新年によせて〜

新年おめでとうございます。 新しい年がはじまりました。 新しい年はいつも真っ新な …