大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

人生の流れを変えるには、「人と出会う」

   

「ただ歩き回って歌っているだけじゃダメなのよ」

若き日のジャニス・ジョップリンのことばだと、
どこかで読みました。

大学をドロップアウトして、
しばらくはフォークシンガーとして生計を立てていたというジャニスは、
やがてビッグブラザー&ザ・ホールディング・カンパニーに参加。
バンドはぱっとしなかったものの、
フェスでの歌唱が注目され、一躍スターに登りつめます。

そんな、自身の経験から語ったのかもしれません。

このことばを反芻しながら、
しかし、それなら、歩き回って歌う以外に、
自分に一体全体何ができるんだろうと悩んだものです。

 

人生の流れを変えるには、「人と出会う」。
これしかありません。

ただ歌う場所を変えればいいというものではない。
SNSをやたらがんばればいいというものでもない。
営業トークをしまくればいいというわけでは絶対ない。

出会うべき人に出会うこと。

「ディランは曲を書く才能があっただけじゃない。
誰に会うべきか、ちゃんとわかっていた。」

ボブ・ディランのことを、そんな風に語る人もいました。

 

プロを目差すなら、
プロがいる場所に行かなくてはダメです。

デビューしたいなら、
きちんと、デビューの道筋を描ける環境にいる人と、
出会っていかなくてはダメなのです。

そんな人たち、100人と会う。
そんな意気込みで、人と会っていると、
いきなり扉が開くものです。

最初は小さな扉だけど、
それがだんだんと広い道、大きな扉へ繋がっていくはず。

ただ、オーディション音源や映像を送り続けているだけでは、
人に会うこと、出会うことはできません。

毎日ポストに大量に投げ込まれるDMを、
全部読んで、いちいち反応する人はいますか?

実際に会う。
自分を知ってもらう。

家で待っているだけでは、
電話は絶対に鳴りません。

仲間内でウケていても、それまでです。
学校の中ですごいって言われて、それがなんですか?

クオリティを高める努力、
作品をつくる努力と同じくらい、
人に会う努力を出来るかどうか。

その大切さに気づけた人だけが、
一歩前に出られるのです。

◆歌や声に関する不安や疑問の答えがみつかる、【メルマガ365】。
「バックナンバーまとめ読み」がお勧めです!ご登録はこちらから。

【第5期 MTL ヴォイス&ヴォーカル レッスン12】 受講受付中!

 - プロへの突破口, 夢を叶える

  関連記事

「○○っぽくないね。」と言われたときこそ、チャンス。

ハードなロックシンガーを目指しているのに、 「癒やし系だね」などと言われたら、 …

オーディションは「試験」でも「試合」でもない!

いわゆる「オーディション」というものを受けたのは、人生で2回だけ。 どちらももの …

音楽家として認められるために大切なこと

昨日は大学の卒業ライブでした。 終了後、旅立つ若者たちに、 「今後活動していくた …

「夢に向かって邁進する」は美徳でもなんでもない。

学生時代、本の取り次ぎ店にバイトしていました。 バイトは朝の9時から夕方5時まで …

サポートミュージシャンを目差す人が取り組むべき、最も大事なトレーニング

一流のアーティストたちと大きなホールをツアーして回る、 いわゆる、サポートミュー …

伸び悩んだらやるべき3つのこと

長い音楽人生。 「伸び悩む時期」は何度も訪れます。 技術の伸び悩み。 キャリアの …

「認められたい」という思いを叶える方法

「音楽ビジネスって、社交クラブみたいなものなのよ。 一度中に入れば、そこから自然 …

誰もが、自由に歌えるカラダを持っている。

もしも、何も考えず、なんの苦痛もなく、 どんな曲でも、素晴らしい声で自由に歌えた …

絶望的に長い年月、積み重ねる「少しずつ」

こどもの頃好きだった忍者漫画で、 忍者の家に生まれたこどもは、ごく小さな頃から、 …

Never Too Late!今しかない!

大好きな英語表現に”Never too late”があります。 直訳すると「〜す …