大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

キレたら負け

   

好戦的な人というのは、どこにいってもいるものです。

まず、仕掛けてくる。
自分の優位性を、先手必勝で認めさせようとする。

 

この挑発に乗ってしまうと、イタい目に遭います。
この手合いは、言い負かしても言い負かされても後味が悪い。

というか、どう進行しても、
握手して、笑ってお別れ、ということにはならないものです。

 

ここで大切なのは、
相手が仕掛けてくる目的は何かと言うことを、
冷静に見破ること。

 

相手の目的はどんな風に巧みに脚色されていても、

1.マスターベーション

2.  主導権を握るための威嚇

3.  チームにおける保身

この3つのウチのどれか。

 

この手合いに一定の確率で出会うのは、
日頃、あまりにも人に恵まれている私たちにとって、
誰も彼もが自分に対して好意的とは限らないと言うことを、
定期的に確認するための、
まぁ、修行のようなものでしょう。

 

さて。

 

これらの方々に共通しているのは、

話に一貫性がない。

藪から棒に、言われのないことで攻撃してくる。

こちらの行動を全否定してくる。

自分がいかに正しいかということを延々と主張する。

そして、
実際は言うほど自信がない。

 

というところでしょうか。

 

経験上、こんな人たちにお目にかかったら、
まずは、相手の言動を全面的に認め、
受け入れる(努力をする)ところから入ることにしています。

一方で、揺るぎない自信を持ち続け、
断固とした態度を取ることも大切。

ことばを選びながらも、
確実に相手の胸に刺さるような、
重めのメッセージをきっちり伝えることも大事です。

 

その上でお互いのゴールの確認をします。

道筋や方法論が食い違っても、向かうゴールが同じなら、
そこに妥協の余地は生まれるかもしれません。

相手にゆずることで、よりゴールが近くなる可能性も、
模索する価値はあります。

 

しかし、ゴールが違っていたら、
必ずどちらかが去らなくてはならないタイミングが来ます。

そのコンセンサスだけは取っておく必要はありますね。

 

絶対にしてはいけないこと。

・相手の挑発に乗って、怒り狂って、あることないことを言うこと。

・反省したり、落ち込んだりすること。

・「至りませんで」と謝ったり、下手にでたりすること。

 

この手の人たちは、多かれ少なかれ病んでいます。
健全で元気な人たちから、エネルギーを奪いたいのでしょう。

だから、エネルギーを放出してはいけない。

冷静に。沈着に。
とにかく、頭の中をフル回転して、
素直に、シンプルに対応する。

あれ。
こいつ、やばい?
と思っていただけたら、もう大丈夫。

矛先はこちらに向いてくることはなくなる・・・はず。

胸張って行きましょう!

 

 - Life

  関連記事

声の変化と向き合う vol.2〜変化を受け入れ、味わい、楽しんだものが勝ち

「声の老化」についての第2回です。   第1回は、年齢を免罪符にせず、 …

ボーカリストが20代のうちにやっておきたい10のこと

10代、20代のアーティストたち、学生たちを見ていると、 彼らの脳や肉体の柔軟性 …

旅の準備がさくさく進む「持ち物リスト」

「週末から『びぃた(旅)』なんだよね」 「オレなんか、8月は10日間『出っぱなし …

「火事場の馬鹿力」を操る!?

切羽詰まったとき、 追い込まれたとき、 人は、思いもよらなかった力を発揮し、 周 …

予定調和をぶっ壊せ!

どんなにイケててカッコいい人にだって、 だっさい時代やダメダメな瞬間は絶対あった …

「 自己評価 x 体感努力量 」vs.「他人の評価 x 仕事の成果」

学生時代、こんな人は回りにいませんでしたか?   試験の朝、 「俺、め …

だから、嫌いなものは嫌い!

人の価値観はそれぞれです。 高くても、無理しても、 お気に入りのバッグを買いたい …

人間関係はいつもちょっぴりだけ片想い💔

唯一無二の音楽仲間であり、大親友。 悩み事も、相談ごとも、とにかくなんでもきめ細 …

“Discover Book Bar”にてお話させていただきました!

『「自分」が伝わる声ヂカラ』をディスカヴァー21さんから出版させていただいたのが …

臨界点を突破する

「どんなに練習しても、高い声が出ない」 「毎日ボイトレしているのに、声量が上がっ …