大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

自らの夢想の傍観者でいてはいけない。

   

「MISUMIちゃんの書くような曲なら、俺、100曲書けるぜ。」

ずいぶん昔のことになりますが、
友人である某ミュージシャンに、いきなりそう言われました。

その日、私が演奏したオリジナル曲を、
まわりの人が口々に「感動した」と誉めてくれて、
気分よくアフターライブのひとときに浸っていたときのことです。

彼は、そう言うと、私から目をそらして、
他の人と話しはじめました。

 

思わず、カチンときて、
「ちょっと、それって・・・」と言いそうになる私の気配を察して、
近くにいた共通の友人が私に耳打ちしました。

「あいつ、悔しいんだよ。きっと。」

 

思い返せば、いい年をしたおとなが、
他人が誉められているのが悔しくて、
そんなケチの付け方をするなんて、
わかりやす過ぎて笑えるくらいなのですが、
さすがに、その時はそんな風に考えられませんでした。

私はこの人に認められていないんだ。
私の書く曲は、彼が100曲書けるくらい平凡なんだ。

いい気分を台無しにされて、
そんなことをぐるぐると考えていました。

 

・・・ちょっと待ってよ。。
じゃ、なんで、あの人は100曲書かないんだろう?

 

胸に湧いた疑問こそが、探していた答えでした。

 

「100曲書ける」と口で言うのと、
実際に書くのとは全く別のこと。

「100曲書く」ことと、
その1曲1曲に歌詞をつけて、
歌としての解釈をして、
声をのせて、
人前でパフォーマンスする、というのは、
もう、全然異次元のこと。

 

彼はそれをちゃ〜んとわかっていて、
だから悔しくって、あんなことばを言っちゃったのだなぁ。

そんな風に思えたら、すっきりしました。

 

「あの発明品、私なんか何年も前に考えついていたわよ。」

「あの映画のストーリー、
俺が昔考えてたこと、誰かがパクったんじゃないかな?」

 

アイディアを考えつくことは、素晴らしいことです。

しかし。

誰だって一生の間に、ひとつやふたつ、
世界の誰も考えついていないような、
斬新なアイディアや特別な発明を思いつくのではないか。

それが「発明」や「アイディア」と呼ばれないのは、
思いついた、そんな大切なことを、
日常の中に置き去りにし、埋没させ、
形にしたり、行動したりしなかったからではないのか。

 

新しいものを生み出し、
発信していくクリエイティブな活動の中で最も難しいパートは、
頭の中にある夢想を具現化するための行動に出る、
まさに、その瞬間です。

夢想を具現化するパワーを持つ人だけが、
本物のクリエイタ−。

どんなに美味しそうに描いたって、絵の中の餅はただの絵です。

よいしょと力をふりしぼって、
汗水垂らしてつき上げてこそ、
お餅に、リアルな価値が生まれるのです。

 

自らの夢想の傍観者でいてはいけません。

一歩前に進んでこそ、自分の夢想に価値が生まれるのです。

◆毎朝お届けしている書き下ろしメルマガ【メルマガ365】。超絶マニアックな「歌の練習方法」連載中。もちろん無料です。バックナンバーも読めますので是非。ご登録はこちらから。◆自宅で繰り返し、何度でも。ヴォイス&ヴォーカルのすべてが学べる【MTL Online Lesson12】。

 - 夢を叶える

  関連記事

「そんなことやってても売れないよ」

「そんなことやってても売れないよ」 「もっと売れてるもん聞かなくちゃダメだね〜。 …

テリトリーを広げよ。

学校に通うため上京してきた子たちにとって、 しばらくの間は、東京=自分の通う学校 …

自分を好きになるということ。

こどもの頃から、 自分じゃない人間になりたいと思っていた年月があまりにも長くて、 …

「才能」ってなんだ?

若かりし頃から、 「恵まれた人」に対する強烈なコンプレックスを抱えて生きて来まし …

「向いてない」って、なんだよ?

つい数日前、はじめて訪れた耳鼻科の先生に、 「この声帯の形からすると、あなた、 …

「夢を叶える日記」の勧め

  日記をつけていますか?   実は私、小学校1年生から日記 …

『想い』が数字をつくるのだ。

「みなさんはどんな規模のビジネスを立ち上げたいんですか? ビジネスモデルをちゃん …

まだやれるから悔しい。 まだ行けるから苦しい。

音楽で食べていかれるかどうか。 そんなことを本気で心配し始めるのは、 大学や音楽 …

「夢喰って生きられないぞ」

大学3年だったか、それとも4年生だったか。 アルバイトをしていた東京タワーのおみ …

「お前は一体、どんな行動をして、今の状況を気に入らないと言っているんだ?」

週末なので、インサイドストーリー的お話を。 生まれて初めての音楽の仕事は、音楽学 …