大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「できない気がしない」自分を信じる。

   

「できない」「無理だ」と思えたら、人生はどんなに楽だろう。

高校時代から、現在に至るまで、
常に、そんなことを考えている気がします。

 

やりたいことと出会う。
どんどん夢中になる。
やるほどに面白くなって、もっともっと掘り下げたくなる。

ハッピーにやっていられるのは、このくらいのレベルまで。

掘り下げるほど、前に進むほどに、野望や夢が生まれる。
その野望や夢に胸を捕まれて、離してもらえなくなる。

やがて「やりたい」という楽しさが、
「やらなければ生きられない」という苦しさに変わります。

 

できない。無理だ。

そんな想いが頭をもたげるのは、
学習なのか、悟りなのか、

はたまた、
苦しさから逃れるために心が生み出す言い訳なのか。

 

やがて頭の中で「できない」「無理だ」が占める割合が、
「できない気がしない」や、
「なにがなんでもやり通してやる」よりも、
大きくなったとき、
人は「あきらめる」という選択肢を選ぶのです。

 

一方、理性的に考えれば到底不可能なことなのに、
「できない気がしない」が消せないことがあります。

「できない」理由しかみつからない。
そして、自分自身に「できない」ことは嫌と言うほどわかっている。

それなのに、心のどこかに、
「できない気がしない」という意味不明の感覚が宿っていて、
どうしてもあきらめられない。

これほど苦しいことはありません。

 

学生時代、そんな苦しさのまっただ中で、
当時心酔していたシェイクスピアの『マクベス』で、
マクベス夫人がマクベスに語った、こんな言葉に胸を打たれました。


 

「考えていらっしゃる 御自分と、
思いきった行動をなさる御自分と、
その二つが一緒になるのを恐れておいでなのです ね?

魚は食いたい、足は濡らしたくないの猫そっくり、
「やってのけるぞ」の口の下から「やっぱり、だめだ」の腰くだけ、
そうして一生をだらだらとお過ごしになるおつもり?」

(ウィリアム・シェイクスピア. マクベス(新潮文庫))


 

どうしても叶えたいことなら、
そして、どうしてもあきらめられないことなら、
前に進むしかありません。

 

足だけじゃなくて、全身ずぶ濡れになっても、
欲しいものは手に入れなければ、
私はきっと一生、自分を許せない。愛せない。

そんな風に思い詰め、
自分自身にさまざまな言葉を投げかけました。

 

「できる」根拠がみつからないなら、
「できない」根拠だってみつからない。

「できる」と「できない」は所詮50×50(フィフティ・フィフティ)。

「できる」か「できない」かではない。
「やる」か「やらない」かだ。

同じ後悔をするのなら、
「やらない後悔」より「やった後悔」の方がずっといい・・。

 

自分の最大の敵は自分です。

「できない気がしない」の正体を見極めることができるのも、
結局自分自身しかいないんです。

 

Just do it。

これまでも、これからも、それだけです。


◆いよいよ来週土曜日スタート。
全12ユニット6日間でヴォイトレのすべてを学ぶ【第6期 MTLヴォイス &ヴォーカル レッスン12】。受講希望の方はお早めに。

 - プロへの突破口, 夢を叶える

  関連記事

人前に立つ前の「MUST DO!」〜ムービー/チェック編〜

人前に立って、パフォーマンスしたり、話したりする機会を与えられるということは、 …

「これ、誰歌っているの?」と思わず聴いてしまうデモの歌唱とは?

「このデモ、誰が歌ってるの?」   初期のスタジオのお仕事は、すべて、 …

鍵盤楽器を買おう!

ボーカリストで、楽器をほとんど弾けないという人は多いと思います。 楽器が弾けない …

「できないこと」は「やらないこと」よりも、ずっとずっとマシ

「いつかやりたい」「いつかやろう」と思い続けていること、いくつありますか? &n …

わかってないのは、そいつの方じゃないのか?

「自分のこと、めっちゃ美人だと勘違いしてる、ぶっさいくな女っているよね? &nb …

撤退は失敗ではない!〜ポジティブに「リセットボタン」を押せ。〜

「継続か?撤退か?」   ビジネスで大切なのは「はじめる時期」よりも「 …

プロへの突破口『仲間を見極める』

お正月も3日。 そろそろ、社会復帰に向かって、ウォーミングアップをはじめようか、 …

価値は受け手が決める 受け手は送り手が選ぶ

他に認めてもらうことで、はじめてその価値が生まれるというものがあります。 誰かの …

「もっとうまくなってから」と言う『完璧主義のぐず』

バンド、どうして組まないの? 「もうちょっと、うまくなってからメンバー探そうと思 …

サポートミュージシャンを目差す人が取り組むべき、最も大事なトレーニング

一流のアーティストたちと大きなホールをツアーして回る、 いわゆる、サポートミュー …