大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

MCって、どうしたらいいの?

   

かつては、MCというものが本当に苦手で、
ライブ当日何しゃべったらいいの?と考えるだけで、
気が重くなっていました。

洋楽ロックのコンサートしか行ったことがなかったこともあり、
なんならMCなんかいらないんじゃない派の私。

外タレのコンサートでは、
“How are you doing, TOKYO〜〜?”と煽ったり、
“This a song called…”という曲紹介こそあれ、

「本日はお日がらもよろしく」的なごあいさつもなければ、
ご当地ネタや世間話ももちろんないわけで。

「全部曲つなぎとかにしてくれたら、いいのに」とか、
「無理にしゃべらなくてもよくない?シーンとなっちゃったっていいでしょ?」
くらいに、ずっと思っていたわけです。

ところが、そうもいきません。
いきなりシーンとなるとお客さんが不安そうになるし、
ステージ上も妙な空気が流れるんですね。

仕方なく、台本を書いてライブに臨むことにしました。

「みなさんこんばんは。
今日はこんなにたくさん来てくれてありがとうございます。」
と台本通りしゃべって会場を見渡せば、客席がまばらだったり、
「それじゃ、こんな真夏の暑い夜にふさわしい曲を!」と準備していたのに、
その日に限っていきなり気温が下がったり。

台本をひととおりしゃべって、
「それじゃ、次の曲、聞いてください」と言った瞬間に、
「ごめん!弦が切れた!つないでて!」などと言われて、
へどもどになったことも、何度もあります。

「日頃おしゃべりなんだから、普通にしゃべれるでしょ?」
などと、よく言われたものですが、

マイク片手にライトを浴びて、お客さんに向かってしゃべるなんて、
日常とかぶることはひとつもありません。

しかも、直前までロックな気分全開で激しく歌い踊った後で、
ただでさえ、歌うと別人などと言われる私が、
どんなテンションで一体何をしゃべればいいのか。

いきなり素に戻って、かしこまるのも違う。
妙にテンション高く、「盛り上がってる〜?」なんて言うのはもっと違う・・・。

 

長年の悩みは、
ある日のライブでいきなり、その出口をみつけました。

ごくアットホームな、
20名も入ると満杯というサイズのお店で演奏した時のことです。

その日のお客さんは、音楽仲間や友達ばかり。
いわば、ホームパーティーのような雰囲気で、
めちゃくちゃリラックスした気分でステージに上がった私は、
MCをしているという意識すらなく、
気づけば、いつも友だちに飛ばすようなジョークや、
熱い語りを調子よく連発していました。

結果、MCは、自分史上かつてない大ウケだったのです。

その時ふと、
MCは、何をどう話すか、なんてテクニック的なことより、
誰に、どんな気分で語りかけるかが一番大事なのだと気づいたのです。

不特定多数の「みんな」に向かって話しかけるから、目も気持ちも泳ぐ。
「みんな」に話しかけようとすれば、結局だれにも届かない。

今、目の前にいる、たった一人の「あなた」に、
楽しい気分になってもらおう、
このメッセージを届けようと、向き合うと、
ことばは自然に出てくるのだと、
ふわっと腑に落ちたのです。

 

そこから、MCで悩むことはほとんどなくなりました。
もちろん前もって、こんなことを言おうと考えておくことはありますが、
あくまでも、友達に、こんなことがあった、
今日はこんな感じでやるから、と伝えるようなカジュアルさを失わないようにしていると、
ことばは自然に出てくるようになりました。

MCで悩んでいる方は、ぜひぜひ、試してみてくださいね。

■無料メルマガ『声出していこうっ』。プライベートなお話からマニアックなお話まで、ポップな感じで綴っていきます!(ほぼ)毎週月曜発行!バックナンバーも読めますよ。

 - Live! Live! Live!, My History

  関連記事

「私のカラダはギターには向いていないんだ・・・」

高校時代、ギターリストを目差していた頃のお話。 クラプトンに憧れて、黒いストラト …

「〜だと思います」と言わない勇気。

B面ブログを本格的に書きはじめたとき、 「『〜だと思います』ということばは、つか …

本当に大切なことは現場が教えてくれるんだ。

某映画のバンド演奏のシーンの撮影に立ち合ったことがあります。 役回りは、出演者の …

「空気読め」とか、違くないか?

生まれて初めてアルバイト情報雑誌を買って、 バイトを探した時は、 一体みんな、何 …

no image
「つもり」はあくまでも「つもり」

ボーカリストがカバー曲を練習するときに大切なこと。 1.オリジナルをよく聞いて、 …

どんな不調も、見て見ぬふりをしない”しつこさ”が勝負!

今日はものすご〜く私事ながら、 声をお仕事にしている方、歌っている方に、 もしか …

バンド世代 vs. カラオケ世代

こどもの頃から楽器を練習している人でも、 自分の楽器以外のことはわからないという …

「やりたい」と「できる」と「やる」

「音大目指すなんて、今からじゃ無理よ」 中学2年の時に、 とある音楽教室の先生に …

【MTL 配信Live 2020終了いたしました!】

ご試聴いただいたみなさん、ありがとうございました! MPCのみなさんの渾身のパフ …

「これでいいのだ」ってとこまで追い込んだら「それでいいのだ」。

ひとつのことにのめり込んで、 のめり込みすぎて出口が見えなくて、 苦しくて仕方が …