大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「ダメ出し」は信頼の証し(あかし)!

   

レコーディングなどで、歌っている最中、
自分自身が、「あ、イマイチだ」と思った歌が、
後から聞き返したら、めちゃくちゃよかった、などということは、
まず、絶対にありません。

自分が「イマイチだ」と思ったときは、
だから、どれだけディレクターやアレンジャーが「OKです」と言ってくれても、
絶対にやり直すことにしています。
これは、もう絶対です。

若かりし頃、自分ではイマイチでは?と思った歌を、
「いや、いい感じでした!」と言うディレクターのことばに負けてOKし、
そのイマイチな部分が、めちゃくちゃ露出の多いCMに、何度もコピペされて使われて、
テレビでそのCMが流れるたびに、身をよじる思いをした苦い経験があるからです。

反対に、「今の、すっごいよかった」と、やった感満載で歌い終えて、
ちっちゃくガッツポーズを決めようとした刹那、
コントロールルームから、
「今の感じで、もう一回お願いします」的な指示が飛んできて、
ありゃ・・?なんてことは、普通にあります。

正直、えー?とがっくりくることもあるし、
自分ではいいと感じているのに、あまりにも録り直しが続くと、
だんだん、「いったいなにがいけないのよ!?」と、
気分が腐ってくることもあります。

なにしろ、こちらは生身の楽器です。
レコーディングでは、圧倒的な集中力を要求されますし、
一瞬入魂くらいエネルギーを入れて歌っていますから、
今以上の歌を歌えるだろうか?という不安も、
声は大丈夫か?集中力は出せるか?という不安もあります。

「一生OKの出ない地獄」にたたき落とされたような気分になることも、
本当にありました。

しかし、です。

お互いの描いている着地点というか、
歌に抱いているイメージが食い違っているときは別ですが、
(そして、そういう時も多々ありますが)
見えているゴールは一緒なのにダメ出しされるときは、
悔しいけど、やっぱり、ダメな理由がある。

だって、OKを出す方が簡単だからです。

「OK」には、心の底からあふれ出る「いい!」もあれば、
「こんなもんでいいか」のOKも、
「うーん、まぁ大丈夫かなぁ」のOKもある。

「OK」を出せば、相手の気分を害することも、
エンジニアさんの手を患わせることも、
どこがどう悪いからどう直さなくちゃ、みたいな説明をする必要もない。
時間も、労力も、もちろんお金も節約できて、
楽しく現場を終えられるんだから、こんなに楽なことはありません。

ディレクターの心の中では、
もう1回やらせることで、もっとよくなるのか、今より悪くなるのか、
後どのくらい、歌わせられるか、この辺が限界か、などなど、
さまざまなせめぎ合いがある。

少しでもいいものをつくるため、
ヴォーカリストのよいところを、ちょっとでも引き出すために、
ギリギリの駆け引きをしているわけです。

結局、最後は、信頼関係です。

どこまでお互いの技術や感覚を、人間性を、信じられるか。
仕事人としての、その人を信じられるか。
その人の、作品力を、アーティスト力を信じられるか。

音楽は、たった一人で成立するものではありません。
作品も、パフォーマンスも、結局最後は人間関係。

信頼できる人と出会うこと。
そんな素晴らしき人たちに、信頼される人であり続けること。

一生修行です。

■無料メルマガ『声出していこうっ』。プライベートなお話からマニアックなお話まで、ポップな感じで綴っていきます!(ほぼ)毎週月曜発行!バックナンバーも読めますよ。

 - The プロフェッショナル, クリエイト, 音楽人キャリア・サバイバル

  関連記事

「違和感」をスルーしない

「違和感」は、ふわっと舞い降りる感覚です。   レコーディング中プレイ …

無限の可能性の中から選び取る、 たった一つの音。

レコーディングなどで自分の声と向き合うと、 声というものの表現の無限の可能性に、 …

”飽きない”。”慣れない”。”手を抜かない”。

何年やっている曲でも、 自分自身がその曲と向かい合うたびに、 新しい発見があった …

自分なりの「こだわり」を見つける

かつてよく演奏していた、あるギターリストは、 常にギターは一本だけしか持たない、 …

「心」じゃなくって、「耳」で聞くのだよ。

こんなことを書くと、また誤解されそうですが・・・ 音楽ファンや愛好家はともかく、 …

『ライブ前に自分に問うべき10のことば』

ライブ直前、自分のブログを読み返していると、 なんだか胃が痛いような気持ちになり …

今は昔、「スタジオ」というマジック。

私がスタジオのお仕事をはじめた80年代。 レコード会社や制作会社からお仕事を引き …

学ぶ姿勢

誰かから何かを学ぶときは、 ひととき自我のスイッチを切り、 その人の言うことを、 …

価値は受け手が決める 受け手は送り手が選ぶ

他に認めてもらうことで、はじめてその価値が生まれるというものがあります。 誰かの …

「歌の表現力」ってなんだ?

表現力と言うことばを聞いたことがあるでしょうか?   「彼はテクニック …