大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

エゴイストで行こうっ!

   

「ポジティブで前向き」というのが、
自他共に認める私の思考の傾向。

しかし、ここのところ、
友人、知人の病や死など、
道の終わりを意識せざるを得ないできごとが重なって、
「前向き」もほどほどにしないと、
逆に、ダークでちんまい気持ちになるわよねと、
数年前までは思いもしなかった妙な反省をしています。

後ろ向きは、もちろんNG。
前を向きすぎても、デッドエンドの影がちらつく。
端から足下見えるような位置にあたしの目はないし、
上ばかり見ていても、面白いことは落ちてこない。

え〜っ?
一体全体、どこ見て歩きゃいいのよっ!

先日、なぜか久々に、いや、
もしかしたら、今さら初めて?
映画『マトリックス』を見ていたら、
登場人物のひとりが・・・

人間の人生は、ただの「実感」。
本当に起きていることなのか、
単に、脳内で起きていると感じていることなのかは問題じゃない。

というようなことを言っていました。

ということは、
前でも後ろでも上でも下でも、
どこ見てたって、関係なくて、

結局、あたしたちは、
見たいことだけ見る。
感じたいことだけ感じる。
信じたいことだけ信じる。

それ以外は、全部ノイズってことで、
いいんじゃないのか?

見たくもないことに心奪われて、
ウジウジぐだぐだ文句言ったり、
感じたくないことを感じることに忙しくて、
肝心な感覚が閉じてしまったり、
信じたくないことこそ現実なのだとばかりに、
一所懸命望まない現実を創り出したり。

そんなこと、やめよう。
やめちゃおう。
いや、やめちまえ。

目をつぶって、最高の「今」を、全力で生きる。

きっと、それでいいのだ。
それしか、できないのだ。

たとえそれが、「ポジティブ」も「前向き」も通り越して、
ただの「イカれたエゴイスト」になっちゃっても、
全力でやりきろう、生き抜こうという思いに、
ブレーキなんかかけちゃいかんのだ。

暴走列車のようにぶっ飛ばしていこうっ!と
がむしゃらに走って来たけれど、
今日から運転手、目をつぶって、
アクセル、さらに踏み込みます。

巻き込まれそうな位置にいる方はご注意ください。

っていうか、あなたも暴走列車クラブの会員になりませんか?

 

■無料メルマガ『声出していこうっ』。プライベートなお話からマニアックなお話まで、ポップな感じで綴っていきます!(ほぼ)毎週月曜発行!バックナンバーも読めますよ。

 - Life

  関連記事

「モラハラ」に負けない思考法

「ブスが話しかけるんじゃね〜よ!」 さまざまなハラスメントの標的になっていた、か …

お前はまだ、立ち続けているか?

『戦いに勝つのは、最後まで立っていたヤツ』 人の戦い方はいろいろです。 100メ …

嫌なヤツはみな反面教師

「六本木行って! え?道わかんないの? あ〜、もういいよ。途中、こっちが言うから …

「自分じゃなくなりたい」?

「自分が、○○だったらよかったな。。。」   こんな風に思ったことのあ …

どうせ見えない未来なら、明るい側面だけを期待して生きる。

「MISUMI、そんなことしてて、将来どうするつもりなの?」 思春期の頃から、ア …

心臓バクバクすることをやってみる。

手慣れたことばかりを繰り返す、 変化のない人生を送っていると、 人間の脳はどんど …

「あと一周」のベルが、まだ聞こえない。

出版に向けラストスパートに入りました。 え?まだスパートかけるの?という街の声が …

旅に出よう!

「外国語を知らない者は自分自身の言語について何も知らない。」 と言ったのは文豪ゲ …

前途洋々な若者に思わずアドバイスしてしまう5つのこと

時間は年齢とともに加速する。   噂には聞いていたけど、 そして、20 …

「ブログの投稿は終了したのですか?」

「ブログの投稿は終了したのですか?」 というお問い合わせをいただきました。 &n …