大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「聞き心地のいい声」で話して。

   

先日、とある人がYouTubeで話しているのを聞いて、
「この人、ホントはすっごく仕事ができる人のはずなのに、
なんか残念だなぁ」と勝手にがっかりしてしまいました。

聞き心地が悪いのです。

話しながら声がヘロヘロっとひっくり返る。
キーキーするような音が混じるのが気になる。

これでは、聞き手の胸にことばが入ってきません。

聞き手が真っ先に認知するのは「声」です。「話」じゃない。

歌と同じ。聞いた瞬間、「いい声だなぁ」と思う。
だから、ちゃんと耳を傾ける。
ちゃんと聞くから、
「いい歌詞だな」「歌がうまいな」ってわかる。

内容を伝えるのには、ある程度、時間がかかるんです。

だから、「話」を聞いて欲しいと思ったら、
いい「声」で話さなくちゃだめ。

聞き手になると、みんな本能的に感じるのに、
なぜ話し手になると、こんな肝心なことを忘れてしまうのか。

我田引水みたいに聞こえるであろうことを覚悟の上で言うならば、

人前で話す人にとって、
声はその人を象徴する、いわば看板。

どんなに見た目をキメても、
原稿を練り上げても、

一声出した瞬間、第一印象が決まってしまう。
声のイメージ力は、恐ろしいほど強烈です。

容姿、キムタク。声、ジャイアン。
容姿、ガッキー。声、久本さん。

別物でしょ?
別のブランドですよね?

だから、声に思いを馳せる。
自分の声って、どんなイメージを、
どんなメッセージを発しているんだろうと、胸に手をあてる。
時に、録音したり、録画したりして、客観的に聞いてみる。

人は声に無頓着です。

トラブルや不調に見舞われない限り、声の存在すら思い出さない。

そして、「声」は変えられない。
「これは持って生まれた運命だ」と思っている。

これだけは言っておきたい。

人は誰もがいい声を持って生まれてきています。

自分の声をちゃんと客観的に聞く。
意識して声を出す。
この習慣がつくだけで、声はどんどん変わっていきます。

人前で話す時、
カメラやマイクの前に座った時、
どうか、このことを思い出してください。

■2時間で声の悩みを解決するBizLab。
「枯れない声」を手に入れるオンライン・ワークショップ”BizLab”2時間で声の悩みを解消するBizLab。「枯れない声」話しているとすぐに声が枯れる。ノドが痛くなる。カラオケで声が保たない。。などのお悩みを一気に解消します。いよいよ1月21日(土)開講。

 - ビジネスヴォイス, 声のはなし

  関連記事

1音にこだわる!~Singer’s Tips #6~

歌のトレーニングの基本中の基本であり、 上達のために最も重要なことのひとつは、 …

ノドをウィルスから守るためできる10のこと

東京の冬場の平均湿度は40~50% 。 そこまで低い数字と感じないかもしれません …

「人前で歌うのが怖い」?

人前で歌う事に恐れを感じる人が多いのは、なにも日本人だけの話ではありません。 & …

no image
声帯さまってすごいんです

声帯ってどんなものか知っていますか? 声にトラブルを持ってお医者さんに行ったとい …

ちゃんと鳴らす!

ヴォーカルのテクニックのひとつに、 「息混じりに歌う」というのがあります。 基本 …

「一般の人は声に興味なんかないんですよ。」

もう何回言われてきたんでしょう。   「一般の人は声に興味なんかないん …

「ちゃんと鳴らす」ってなんだ?

こどもの頃、 メトロノームを力まかせに揺り動かして、 振り子のスピードを速くさせ …

歌を学ぶ人の3つのステージ

私は歌を学ぶ人には、 3つのステージがあると考えています。 ひとつめは楽器として …

自分の「サイズ」に合った声を出す

管楽器ほど、 一目見ただけで音色の想像がつく楽器もないでしょう。 大きさ通り、見 …

Myマイク派 vs. Anyマイク派

最近、レッスン、ライブ、リハーサルなどに、 自分のマイク、いわゆる「Myマイク」 …