大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「聞き心地のいい声」で話して。

   

先日、とある人がYouTubeで話しているのを聞いて、
「この人、ホントはすっごく仕事ができる人のはずなのに、
なんか残念だなぁ」と勝手にがっかりしてしまいました。

聞き心地が悪いのです。

話しながら声がヘロヘロっとひっくり返る。
キーキーするような音が混じるのが気になる。

これでは、聞き手の胸にことばが入ってきません。

聞き手が真っ先に認知するのは「声」です。「話」じゃない。

歌と同じ。聞いた瞬間、「いい声だなぁ」と思う。
だから、ちゃんと耳を傾ける。
ちゃんと聞くから、
「いい歌詞だな」「歌がうまいな」ってわかる。

内容を伝えるのには、ある程度、時間がかかるんです。

だから、「話」を聞いて欲しいと思ったら、
いい「声」で話さなくちゃだめ。

聞き手になると、みんな本能的に感じるのに、
なぜ話し手になると、こんな肝心なことを忘れてしまうのか。

我田引水みたいに聞こえるであろうことを覚悟の上で言うならば、

人前で話す人にとって、
声はその人を象徴する、いわば看板。

どんなに見た目をキメても、
原稿を練り上げても、

一声出した瞬間、第一印象が決まってしまう。
声のイメージ力は、恐ろしいほど強烈です。

容姿、キムタク。声、ジャイアン。
容姿、ガッキー。声、久本さん。

別物でしょ?
別のブランドですよね?

だから、声に思いを馳せる。
自分の声って、どんなイメージを、
どんなメッセージを発しているんだろうと、胸に手をあてる。
時に、録音したり、録画したりして、客観的に聞いてみる。

人は声に無頓着です。

トラブルや不調に見舞われない限り、声の存在すら思い出さない。

そして、「声」は変えられない。
「これは持って生まれた運命だ」と思っている。

これだけは言っておきたい。

人は誰もがいい声を持って生まれてきています。

自分の声をちゃんと客観的に聞く。
意識して声を出す。
この習慣がつくだけで、声はどんどん変わっていきます。

人前で話す時、
カメラやマイクの前に座った時、
どうか、このことを思い出してください。

■2時間で声の悩みを解決するBizLab。
「枯れない声」を手に入れるオンライン・ワークショップ”BizLab”2時間で声の悩みを解消するBizLab。「枯れない声」話しているとすぐに声が枯れる。ノドが痛くなる。カラオケで声が保たない。。などのお悩みを一気に解消します。いよいよ1月21日(土)開講。

 - ビジネスヴォイス, 声のはなし

  関連記事

誤解だらけの「ロック声」。そのシャウトでは、危険です。

ハスキーで、ひずんだ感じの、 いわゆる「ロック声」には、いろいろな誤解があります …

声帯様、ごめんなさい。

“鉄のノド”、MISUMIです。 いや、”鉄 …

キー設定にこだわり抜く

「キー、D♭でお願いします」 そんなことを言って、いい顔をしてくれるのは打楽器と …

no image
ボイトレの一番大切なレッスンは3時間で終わる。

ボイトレの一番大切なレッスンは3時間もあれば終了してしまう、 超シンプルなもの。 …

「自分の本当の声」ってなんだ?

「私の本当の声ってどんな声なんでしょう?」 シンガーやパフォーマーに限らず、 一 …

「声が枯れる」ってどういうこと?

声はエネルギー。 思考や感情のエネルギーが空気の振動、 すなわち、音という物理的 …

no image
「ひとりごと」のススメ

「最近、どうも声が出づらいんです」 「すぐ声が枯れるようになった気がします」 「 …

声の変化の分岐点を探す

今日のA面ではダイエットの話を書きました。 自分のカラダの変化の分岐点を見つける …

ビブラートのかけ方ぁ〜!?

ビブラートのかけ方などというものをはじめて意識したのは、 『これなら歌える!ボー …

鳴らない楽器と鳴らせないプレイヤー

輸入物の下着の値段を見て、 ひっくり返りそうになったことのある女子なら、 「洋服 …