大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

何を言うかじゃなくって、どう言うかなんですっ!

   

自宅にいきなりかかってくる営業電話が大嫌いです。

外装会社、貴金属の買い取り、健康食品・・・。
そういう電話が嫌だから、電話番号公開していないわけで。
思わず、「どのような名簿を見てお電話いただいてますか?」
「うちは結構です」と、
事務的かつ、トゲのある対応をしてしまいます。

電話の向こうの、何人もが同時に電話に向かっているようすのざわつき加減といい、
相手かまわず電話をかけまくっている人特有の、
雑な話しっぷりといい、疲れたような声といい….
あちらもお仕事とはわかっていても、苦手なものはやっぱり苦手。

電話番号という超プライベートな個人情報を、
顔も知らない誰かが売り買いしているという事実も腹立たしいのですが、
なにが嫌いって、切りぎわの先方の態度です。

さっさと電話を切って仕事に戻ろうというこちらに、
手の平を返したように失礼な態度になる人あり、
わーわーとまくし立てる人あり、
無言でガチャンと切る人あり。

ほんと、いい加減にしていただきたい。

一方、会社にかかってくる電話の場合は、ちょっと違います。

先方はちゃんと、どこの会社のどんな人に電話をかけているかわかっているから、
絶対に失礼な態度を取りません。
こちらも、電話番号を公開している責任がありますから、
どんな電話でも丁重に受け答えしています。

これがあるべき、営業電話と、その対応。

だってさ。
電話番号公開していない家に、しかも先方の名前も知らないのに、
いきなり電話をかけるのって、
呼び鈴もつけていない人様の家にいきなり上がり込んで、
ゴム紐を売りつけようとする、
昭和の昔の押し売りと何にも変わらないじゃない?
(ゴム紐って。。。)

呼び鈴をつけていればピンポンされても仕方ないし、
「大槻様ですか?」と名前を呼ばれれば、
リスペクトだって感じられるっていうものです。

さて。

そんな営業電話大キライな私が、今朝の営業電話にはまいりました。

「はい。マジカルトレーニングラボです」

「お忙しいところ大変失礼いたします。
●●証券の△△と申しますが、
弊社の××というサービスにつきまして、ぜひご案内させていただければと思い、お電話いたしました。
大槻社長様とお話することは可能でございましょうか。」

ちょっと人情味がある、温かないい声。
リズムもいい。間もいい。
受け答えも感じいい…。

押しつけがましくない感じも気に入りました。

「申し訳ありません。弊社はそのようなお話は現在考えておりません。」と言うと、
「さようでございますか。承知いたしました。」
と、いかにも感じよく丁重な話しぶり。

さらに、

「大変失礼ですが、プライベートの方でもご興味ありませんでしょうか?」
と、切り返してくるテンポも心地よくて、
「いえ、今のところありません。ご苦労さまです。」
と電話を切ろうとすると、

「さようでございますか。失礼いたしました。
お忙しいところ、ご対応ありがとうございました。
またご興味ありましたらご案内させていただきますので、何なりとお問合せくださいませ。
●●証券の△△でございました。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。」

いやーー。まいりました。

あまりの感じのよさに、思わず話だけでも聞いてあげればよかったと、
うっかり反省してしまったくらいです。

同じマニュアルを見ながら、同じ文言で語る人はいるでしょう。

しかしね。
大事なのは、何を言うかじゃなくって、どう言うか。
どんな気持ちを相手に伝えるために、そのことばを言うのか。

こんな私の心を動かす営業マンは、
さぞかし成績のいい人に違いないと、妙に関心した次第です。

相手の気持ちに寄り添って語りかける。

電話をかけるのが仕事なら、けして忘れて欲しくない、
大事なことです。

そして、そもそも、電話番号を公開していない人に、
勝手に電話かけるのは、ホントにやめてくださいね。

■”2時間で声の悩みを解消するBizLab。「枯れない声」話しているとすぐに声が枯れる。ノドが痛くなる。カラオケで声が保たない。。などのお悩みを一気に解消します。1月21日(土)開講。

 - MISUMIの日記&メッセージ, ビジネスヴォイス

  関連記事

どうして、そんなケガをする?

先日、リビングのゴミ箱にかがみ込んだ拍子に、 サイドボードの端にはみ出し気味に置 …

人生は旅である。まだまだ当分旅する予定。〜超私的振り返り記録〜

昨日、無事に今年最後のレッスンを終え、 今日は今年1年の振り返りをしています。 …

「営業」なんて、無理!

「あいつは営業がうまいからね」 若かりし頃、 実力もセンスもイマイチのはずなのに …

「自分の本当の声」ってなんだ?

「私の本当の声ってどんな声なんでしょう?」 シンガーやパフォーマーに限らず、 一 …

no image
会社を設立して5年が経ちました

2008年8月8日。 マジカルトレーニングラボという会社を作って、 丸5年が経ち …

「聞き心地のいい声」で話して。

先日、とある人がYouTubeで話しているのを聞いて、 「この人、ホントはすっご …

「自分の声が嫌い」をやめる方法

自分の声が嫌い。 この、やるせない思い。 実は、”Voice con …

「情報」を正しく伝えるだけじゃ、 人は感動しないんだ。

「声って重要じゃないですか! プレゼンでも、講演でも、やっぱ、声だもんなぁ。」 …

脱・発信ジャンキー。

2020年の仕事納めから、 本年の仕事はじめである昨日まで、 意識的に発信断ちを …

おかえりっ!「いいね」!

今年のはじめ、専門家の方に勧められるままに、 ブログのSSL化を依頼し、作業が完 …