大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「中毒」か?「夢中」か?

   

先日、アルコールやドラッグ、セックスなどの中毒患者のためのリハビリテーション施設(リハブ)のようすを題材にした映画を見ました。
「リハブを出所しても、完全に立ち直れるまでは、男女交際はしないように」というカウンセラーの話に、
「いつまでがまんしたら、彼氏をつくってもいいの?」という質問が飛びます。

すると、カウンセラーはこう答えます。
「出所したら、まず観葉植物を買うんだ。
その植物を1年枯らさなかったら、次はペットを飼って。
そのペットを1年、飼い続けられたら、彼氏をつくってもいいよ。」

植物や動物の世話をできるということは、
心が何かに捕らわれていない、
それだけ余裕があるということ。
余裕が生まれて、はじめて次のステージに進めるということなのでしょう。

じゃ、長年、観葉植物を枯らす女王の私は、どうなるわけ?

「あ、でも、わんちゃんのお世話はちゃんとしてるじゃないですか!」
と思われがちですが、
デイジーさんもルーシーさんも(ついでに私も)、
お世話をしているのは、ジェフ夫さんで、
私は単に、「かわいがる係」。
一番、楽で得な役です。

なにがしかの「中毒」であるとするならば、
間違いなく「書き中毒」「仕事中毒」。
バカみたいに集中力が高いせいで、
とにかく、それ以外のことが一切頭に入らなくなっちゃう。

基本、目に入る空間に、視覚ノイズがあるのは嫌いで、
可能な限り、すっきりスマートに暮らしたい方なのに、
昨今の激務と体力低下のせいで、
フラストレーションを感じつつも、家の中も放置気味。

「書き中」「仕事中」のためのリハブってあるのかしらん?

けどな…。
PCどころか、紙とペン取り上げられるくらいなら、死んだ方がましだしな…。
「死んだ方がまし」って言葉が出てくるってことは、やっぱ中毒だよな。

・・・とりあえず、植物にお水あげます。

あなたの中毒はなんですか?

■一流のトレーニングノウハウを、あなたも。第2期MTLトレーナーズメソッド、7月開講です。
■パワーアップしたメルマガ『声出していこうっ!』。ブログから、さらに1歩進んだお話をしています。ご登録いただいた方全員に、『朝から気持ちい声を出すためのモーニングルーティン10』をプレゼント。読み応えのある冊子です。ご購読はこちらから。

 - Life, MISUMIの日記&メッセージ

  関連記事

幸せと。寂しさと。そして嫉妬もちょびっと。

自分の仕事の評価を何で計るか? 稼いでいる金額? メディアで取り上げられた数? …

ビジョンとチームワークが作品力になる。

お城や寺院、教会などのような歴史的建築物や、 アイディアとエンタテインメントが詰 …

何を言われても、自分がぶれなきゃよくないですか?

少し前まで海外には、 「日本人はいまだにちょんまげ結って、着物着ている」 と思っ …

「自分らしさ」を見出す3つの方法。

自分らしさや、自分の「売り」を探すとき、 頭の中で、ああでもない、こうでもないと …

セルフイメージは声に出る

歌のレッスンをしていると, 歌う前から、「歌えない」「失敗する」と決めている人に …

成長痛を抱えて走れ。

今年前半は、 とにかくいろんなことが重なって、 頭の中がパツパツな状態が続いてい …

旅に出よう!

「外国語を知らない者は自分自身の言語について何も知らない。」 と言ったのは文豪ゲ …

時代が変わって、「歌が好き」という人たちの思いは、 どれだけ変わったのだろう。

「困ったことがあったら本屋へ行け。 自分が困っていることは、他の人も同じように困 …

バンド仲間の悪口は言わない

もう何十年も前のこと。   大好きなメンバーと、かなり楽しくやっていた …

「アイデンティティ」と向き合う 〜from USA①〜

週明けから10日ほどの予定でニューヨークに来ています。 ニューヨークは1992年 …