大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

ちゃんと元取れっ!

   

けして質素なタイプというわけではありませんが、ことコスパに関しては誰より厳しいと自負しています。

思い切って手に入れた服も、まめにクリーニングして、
体型変わらないようにがんばれば、軽く10年、いやさ15年は活躍してくれるし、
アクセサリーだって、文具だって、革製品だって、
手に触れるたびワクワクして、いい気分になれるものを持てば、一緒に年を取っていくような感覚でおつきあいできる。

ものの価値って、使い手が決めるんだよなと、しみじみ思うわけです。

「学び」につかうお金に関しては、さらに、シビアです。

せっせと講座に通って、ひと言も聞き漏らさないように真面目に勉強するのは、当たり前。
宿題には、誰よりも熱心に、徹底的に取り組む。
講座を通じて、お友だちもたくさんつくる。
さらに、講座のないときも、関連書籍を読みあさり、情報収集にいそしみ、予習復習に明け暮れる。

「よくがんばるね。」と言われるたびに、あぁ、私ってほんとケチなんだよな、と思ってきました。
支払ったお金は絶対に元を取るんだという気合が半端じゃない。
学びの価値を、支払うお金の価値を、最大化できるか否かは、自分のキャパシティが決めるのだと、心の底から信じています。

どんな講座も、どんなレッスンも、受け取るのは「情報」でしかありません。
単なる「情報」を「学び」に変えられるか否かは、受け手次第。

レッスンに足を運ぶだけ、講座を受けるだけでは、なにひとつ学んでいないのと同じです。

授業料は講師の時給に払うわけではありません。
情報が自分の中を通過するのに、まかせていたのでは、授業料は高いものにつくでしょう。

投げられる情報だけでなく、講師のことばの言外からも情報をキャッチする。
それらをすべて、吸収して、自分の一部とする。
それでやっと、学びの入り口。授業料、とんとんです。

学びを自分自身の行動に生かし、1段も2段もステップアップし、自分の未来を変える。
それでこそ、学びの価値は最大化するんです。

 

情報や経験に払うお金は、けして安くありません。
コミットしただけで満足しない。
情報や経験を受け取ったということだけで高揚して、学んだ気にならない。

そんな「心構え」を教えるのも、教育者の仕事なのでしょうか?
頼みますよ。ほんと。

■一流のトレーニングノウハウを、あなたも。第2期MTLトレーナーズメソッド、7月開講です。
■パワーアップしたメルマガ『声出していこうっ!』。ブログから、さらに1歩進んだお話をしています。ご登録いただいた方全員に、『朝から気持ちい声を出すためのモーニングルーティン10』をプレゼント。ご購読はこちらから。

 - 「イマイチ」脱却!練習法&学習法, ヴォイストレーナーという仕事

  関連記事

『悩めるリーダーの羅針盤』

美崎栄一郎さんは、本当に優れたリーダーだと常日頃思っています。 私はロッカーなの …

自己表現のための”自分アバター化作戦”

かつて、ハワイ出身の日系アメリカ人女性シンガーに、 英詞の提供をしたことがありま …

人にものを教えるとは「あきらめないこと」

正直、面倒くさいです。   何度言っても予習してこない。 まともに練習 …

「課題曲」って、どうよ?

大学4年になったばかりのこと。 清水の舞台から飛び降りる気持ちで通い始めた歌の学 …

リズムが悪いんじゃない。カツゼツが悪いんだ。

昨夜、ヒップホップグループN.W.Aの伝記的映画、 “Straigh …

全集中のコツ

練習や修行が続かない、 はじめたことを最後までやり遂げられない、 がんばっても成 …

情報処理のスピードを上げる。

遠〜い昔。 小学校時代の親友に、とってもよくお勉強ができる、 某有名私立中学に一 …

で?なにがやりたいわけ?

高校時代、多重録音というものへのあこがれが高じ、 ラジカセをふたつ向かい合わせに …

no image
「情報」は量より質!

私はボイトレや声、カラダに関する本など、 気になるものを定期的にどかっと大人買い …

練習環境を整えることこそ、練習の最重要課題!

先日、毎月ヴォイトレを担当している、 某事務所の若手声優たちのワークショップを …