大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「完コピ」と「ゆるコピ」と「なんちゃって」を間違えちゃいかん。

   

「完コピ300曲以上やったよ」ってあちこちに書いてますが、手元に残ってた歌詞カードから、完コピで歌える曲数をさっくり数えて出した数字なんで、実際のところはもっとありそうな気がしてます。
アルバム丸っぽ完コピしてるとすると、30枚程度だから、300曲なんて、言うほどたいした数字じゃないしね。
「ゆるコピ」まで入れると、軽くその2〜3倍(いや、もっと?)やっています。

「ゆるコピ」というのは、とりあえず、その曲を譜割通り、声の音色や歌詞の雰囲気もつかんで歌えるっていうレベルのコピー。
これは、どんな曲をもらっても、歌う前は必ず1度はやります。
その曲を歌って欲しいと言ってくれた人の意図をくみ取るためでもあるし、楽曲とパフォーマンスをフラットに感じるためでもある。
コピーしてみたら、いいのは曲じゃなくてパフォーマンスだった!なんてこともあるし、その逆もあります。
一旦、完全に理解してからフラットに戻して、そこから自分の表現を構築する。
これが、私のスタイルなんで、「ゆるコピ」は、いわば、仕事の準備です。

一方、完コピは、その歌い手が好きでたまんないとか、めちゃくちゃカッコいいとか、なんだかよくわかんないけどものすごい!などと感動して、その魅力の秘密を知りたい!その人みたいに歌えるようになりたい!あんな技やこんな技を手に入れたい!という猛烈なパッションでいきなりはじめてしまう、そうねー、情熱的な趣味みたいなもん。

完コピは、フェイクの端々から、強弱のつけ方、音色までそっくりに歌えるようになるまでやること。
ピタリと合うと、オリジナルの歌が聞こえなくなって、それが快感なんですね。

今でも、実家のステレオの前に歌詞カードを手に立っては、何回も何回も、針を戻しながら(針ですよ、お客さん!針!)ダイアナのこの音色が出ない!チャカのこの高い声が出ない!アレサのここのタイミングと合わない!と、超スーパーオタッキーに歌い続けていた時のことが、鮮明に思い出されます。

とにかく、ぴたっといかないと気持ち悪い。
なんか、負けた気がする。
だから、何回でもやる。
ね?若者がゲームに興じるのとおんなじです。

先日、レーシングカーのシミュレーションゲームに夢中になった若者が、最後は本物のレースに出場する『グランツーリスモ』っていう映画見たけど、なんか、あれとおんなじだなぁと。

だから、「完コピしました」なんて言う学生の「なんちゃって」なコピーを聞くと、「顔洗って出直してらっしゃい」っていう反応しちゃうわけです。
「学ぶ」は「まねぶ」なんで、そこを越えてくことが芸なんだよね、と話したり、モノマネと完コピの違いを力説したりしても、
「やっぱ、真似しなきゃダメですか?」と拒否反応を示す子には、
「いやいや。完コピしなくても、オリジナルよりもカッコよく演ってくれるんなら、ぜんぜんいいよ。」と言っております。
そこで、なんか言い返してくる子はいません。
そりゃそうだ。

全然違うこと書こうと思ってたんだけど、完コピを語り出したらあまりに楽しくなっちゃったので、今日はこの辺にしよっと。つづく。

 - My History, 完コピ

  関連記事

心のブレーキをぶっ壊せ。

初めてシーケンサーを手に入れて、 ひとりで音楽をつくりはじめたのは、 22〜23 …

「積ん読」でも「疑似読書」でも、本で世界は広がるのだ。

少し前に「本を読もう!」というポストをアップしました。 今日も本のお話。 もちろ …

ケツがむずむずするような曲、 書かなきゃ売れないよ。

PC内の断捨離&オーガナイズも佳境。 昨日、タイトルは見えるけど、 「デ …

「彼の演奏は完璧だ。だけど、彼の演奏はEmpty(空っぽ)なんだ。」

「この歌手は”お上手”過ぎて、面白くもなんともねーな。」 …

「あれが人生のピークだったって思いたくないんだ」

とある著名なヴォーカリストと共演させてもらった時のこと。 圧巻のパフォーマンスと …

「完コピって、どんな曲したんすか?」

先日、語りはじめたら止まらなくなった、完コピのお話の2回目。 最近、昔、完コピし …

どうして、そんなケガをする?

先日、リビングのゴミ箱にかがみ込んだ拍子に、 サイドボードの端にはみ出し気味に置 …

そんなこと、 何年やってても、絶対にうまくなりません。

プレイヤー目指して、 日夜がんばっていたにもかかわらず、 てんで上達しなかった自 …

最後は「自分の声」を聞くのだ。

「MISUMIサンはね、 もっと、自分じゃ恥ずかしくって赤面するくらい、 下世話 …

「飲みニケーション」は死んだのか?

ここ数年、若手バンドマンたちの「クリーン」ぶりに、 驚かされるシーンに何度も出会 …