大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

ライブやるのに、シロウトもクロウトも関係ないっ!

   

Y社長が弊社にやってきたのは、昨年の秋のこと。
共通の知り合いからのご紹介ということで、私の噂をいろいろと聞いていたのでしょう。
ひととおり名刺交換の儀式が終わると、勧めた椅子にめちゃくちゃ緊張した面持ちで、腰をかけました。
いやいや、怖くないんで。大丈夫ですよ。

レッスンにいらした動機を聞くと、なんでも、飲み会だかカラオケだかのお席で、「いつかライブをやってみたい」とうっかり口にしたら、同席していた人がいきなり「一緒にディナーショーをやろう!」と盛り上がり、会場からスタッフまで一気に手配をしてしまったとか。

スーパービジネスマンって、こういうところが、ホントにすごい。
私が仕事ができる人とお付き合いするのが大好きなのは、こういう即断即決即行を当たり前のようにできることです。

「すごいじゃないですか!ディナーショー!」
と盛り上がる私の前で、Y社長は、とにかく恥ずかしそうに、こう言います。

「いやいや、まったくのシロウトがそんなことしていいのかって、話です。
カラオケ以外、人前で歌ったことなんかないんです。
そんなヤツがディナーショーなんかしていいのか。」

 

この「シロウト」ということばを使う人、ほんとに多いんですが、
ポピュラーミュージックの世界に、シロウトもクロウトもないじゃん!といつもキッパリ伝えています。

私がよく使う「プロ」ということばは、プロがプロと認める仕事人のことをわかりやすく言っていることば。
長年業界で、バッキバキにお仕事をしてきた私は、いわゆる自称プロに対する目線は厳しいわけですが、人前で歌ったり、ライブをしたりするときに、この「プロだから」ってことばくらい、どーでもいい基準はないと考えています。

プロだって、つまんないライブやる人はたっくさんいる。
酔っぱらってライブをやる人も、ろくに準備もしないで適当にステージに立つ人もいる。
あたしは、そんな、「プロだから、テキトーにやってもそこそこの演奏ができるから」みたいなライブ、ほんっとに好きじゃないんです。

一所懸命準備して、練習して、それを喜んで見てくれる人がいる。
その方がよっぽどいいエネルギーが流れる。

ディナーショーやろうってエネルギーも素晴らしいし、ディナーショーのお席を満杯にできるくらい、応援してくれる人や、見たいって思ってくれる人がいるって、こんな素晴らしいこと、ないでしょう!

「胸を張ってステージに立ってください。
胸を張ってステージに立てるよう、準備していきましょう!」

いつかライブをやってみたい。
いつか人前で歌ってみたい。
そんな想いが湧いたら、「私なんか」と下を向くのはやめてください。
よし、やろうと心に決める。
すると、必ず、次が見えてきます。

Y社長のディナーショーは大成功でした。
「サイコーに楽しかったです。
MISUMIさんに教わって、本当によかったです。
人生変わりました!」
こんなことばを聞いた時ほど、嬉しいことはないです。

こんな時、具体的にどんなレッスンをするのか。
詳しくは、明日発行のメルマガでお届けしますね。


■「歌いたい!」を「歌える!」に変える、MTLシンガーズLab. いよいよ9月スタート!

■無料メルマガ『声出していこうっ!』。
ご登録いただいた方全員に、『朝から気持ちい声を出すためのモーニングルーティン10』をプレゼント。バックナンバーも読めますのでぜひ。ご購読はこちらから。

 

 - ある日のレッスンから, 夢を叶える

  関連記事

弟子と生徒とクライアント

「あぁ、○○ね。あいつはオレの舎弟だから。」 「ありゃオレの弟子だよ。」 ミュー …

「いい仲間」いますか?

近年の私しか知らない人には全く信じてもらえないようですが、 かつての私の自信のな …

「最後にマイクで歌ったのも、すごく気持ちが良くて最高でした✨」(MTLワークショップ in 東京vol.3 ご感想)

MTLワークショップ in 東京vol.3の受講生からおよせいただいたご感想を紹 …

「自分らしさ」を見出す3つの方法。

自分らしさや、自分の「売り」を探すとき、 頭の中で、ああでもない、こうでもないと …

準備せよ。そして待て。

道が開けないとき。 ツキがやってこないと感じるとき。 過小評価されていると思える …

完成しない作品は、「作品」ではない

ずいぶん昔。 ユーミンがとあるラジオ番組で、 「美大で日本画を専攻していた」とい …

「○○っぽくないね。」と言われたときこそ、チャンス。

ハードなロックシンガーを目指しているのに、 「癒やし系だね」などと言われたら、 …

人生は「パッション」がつくるのだ。

ある時期、心から夢中になって、 一度でも自分のカラダの中を通り過ぎたものは、 自 …

自分自身の心の在処(ありか)を探す

我が家の初代わんこ、デイジーさんの体重はおよそ24キロ。 レトリバーにしては、か …

「今さらそんなことして、どうするつもりなの?」

思わず口をついてでることばには、 その人が日頃、何を信じているかが反映されます。 …