大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

歌の学校やレッスンに通う 5つのメリット

      2015/12/20

「そもそも、音楽やるのに、
なんで学校なんか行く必要があるわけ?
自分の問題なんだから、人に教わる必要ないじゃない?」

音楽業界には、こんな風に、
「学ぶこと」に否定的なミュージシャンもたくさんいます。

こんな発言をする人はたいがいが天才肌。
若かりし頃から才能やルックス、チャンスに恵まれて、
活躍して来られた人たちがほとんどです。

業界の2割ほどに満たない天才たちの言うことや、
昔気質の業界人たちの言うことを聞くのもいいでしょう。

とはいえ、
正直、凡人が彼らのマネをして、自分一人でがんばっていたら、
いたずらに時間ばかりが過ぎてしまいます。
学校やレッスンに通うメリットは5つ。

1. 自分自身のレベルを客観的に知ることができる

上達しない理由のひとつに、
「自分で自分の歌を的確にジャッジできない」があります。

今の自分はどんなレベルなのか?
どんな問題があるのか?
それはどのようなトレーニングで解決できるのか?

そんな客観的な情報をもらうことは、非常に有益です。

2. 同世代のアマチュアのレベルを把握することができる

ある程度の思い込みは、ミュージシャンである以上必要不可欠ですが、
凡人が「井の中の蛙」のままでは、どこへも行かれません。

同じカリキュラムを学ぶ、同世代のアマチュアたちのレベルを知り、
焦ったり、悔しがったり、いい気になったりすることも大切です。

傷つくのを恐れて、人前に出られないのでは最悪です。

学校のような、それほど競争が激しいとは言えない場所で、
ワザと共に、心を鍛えることも必要です。

3. 音楽仲間ができる

ミュージシャンの知り合いをつくるのに、
最適なのは、ミュージシャンが集まる場所に身を置くこと。

プロになりたい。
きちんと、音楽を学びたい、という姿勢で集まる仲間たちは、
いわゆるアマチュア指向のバンドとはひと味もふた味も違います。

右を見ても、左を見ても、
ミュージシャン志望の若者たちが集まる場所に身を置けば、
いやが上にも仲間ができます。

逆に言えば、そんな環境に身を置いても、
バンドのひとつもできないようなら、音楽は無理です。

 

4. 悩みや疑問を共有し、高めあう仲間ができる

昔からの友人の何パーセントが、
「私、ピッチが悪くて」
「リズムが悪いって言われるんだけど、姿勢のせいかなぁ」
「業界の人と知り合うのって難しいよね」
なんて話を、心の底から理解してくれるでしょう。

前置き不要、話し始めた瞬間に、
「そうそう。わかるわかる。」
「先輩が言ってたけど、○○するといいらしいよ」

そんな風にスムースに会話が進む仲間がいれば、
毎日の練習もレバレッジがかかります。

とはいえ、そんな風にポジティブに仲間意識を育てられるのは、ごく一握り。

多くが、傷を舐め合い、共に逃避行動に出てしまいます。

一握りの勝ち組にさえなれないなら、やっぱりプロは無理。

自分の弱さと向き合うためにも、
いい環境に身を置くことは、とても大切です。

5. トレーナーやインストラクターが長年かかって身につけた、
スキルや効率的なトレーニング方法を知ることができる

トレーナーやインストラクターが10年かかって、
やっと気づけたことを、一瞬にして教えてもらえる。
こんなお得なことはありません。

先輩ミュージシャンの経験をバーチャルに、
短時間で体験できるわけです。

かつては弟子として、師となる人に付き添って、
さまざまなことを学んだようですが、それも一長一短。

気を付けなければいけないのは、インストラクターの選び方。

プロ経験や、実際のパフォーマンス経験はもちろん、
感覚を言語化する能力や、話の上手さなどがある人ほど、
レッスンにレバレッジがかかります。

相性のあう、優れたインストラクターと巡り会うために、
情報収集を怠らないことも必要ですね。

いかがでしたか?

音楽を学ぶ場所に出入りしてみたいと思いましたか?

今、そんな場所に身を置いている人は、きちんと活用できているでしょうか?

人生で最も大切なものは「時間」、「お金」、「若さ」。

可能な限り、有効に使いましょうね。

 

30100136_s

 - 「イマイチ」脱却!練習法&学習法

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

  関連記事

「音楽」という流れをつかむ~Singer’s Tips #15~

一音にこだわる。 1ポーズにこだわる。 歌も踊りも、 重箱の隅をつつき倒すように …

カラダを楽器に「最適化」する。

「タマゴが手の中にあるように、 そーっと鍵盤の上に指を乗せるのよ。」 中学になっ …

ヴォーカリストだって、もっと「音色」にこだわる!

「ロックは出音とグルーヴ、ステージプレゼンス」 と繰り返し書いてきました。 筆頭 …

実力を磨く「三位一体」

学生時代に一緒にバンドをやっていた仲間と、 3〜4年ぶりに同窓会的なライブをする …

「まったくおなじ音」は2度と出せない?~SInger’s Tips #19~

長年歌をやっていて、 もっとも難しいと感じることにひとつに、 「おなじ音をおなじ …

練習場所が欲しい!

最近の高校生は、学校でバンド練習とかするのでしょうか。 高校時代、授業が終わると …

精度の高い”フォルティッシモ”を持て!

ダイナミクス、すなわち音量の強弱のコントロールが 音楽表現の大切な要素であるとい …

「どうやったらできるか」じゃなくて、「どうやったらなれるか」。

「どうやったらできるか」が知りたいのは、 真面目に学ぶ気のある人のお話です。 た …

no image
人はアウトプットすることで成長する

「学ぶ」といえば、本を読んだり、音楽を聴いたり、人の話を聞いたりと、 インプット …

「知ってる」だけで「わかった気」にならない。

「知識欲」こそが「学び」の基本。 「知りたい!」という気持ちが湧かなければ、 あ …