大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

歌の学校やレッスンに通う 5つのメリット

      2015/12/20

「そもそも、音楽やるのに、
なんで学校なんか行く必要があるわけ?
自分の問題なんだから、人に教わる必要ないじゃない?」

音楽業界には、こんな風に、
「学ぶこと」に否定的なミュージシャンもたくさんいます。

こんな発言をする人はたいがいが天才肌。
若かりし頃から才能やルックス、チャンスに恵まれて、
活躍して来られた人たちがほとんどです。

業界の2割ほどに満たない天才たちの言うことや、
昔気質の業界人たちの言うことを聞くのもいいでしょう。

とはいえ、
正直、凡人が彼らのマネをして、自分一人でがんばっていたら、
いたずらに時間ばかりが過ぎてしまいます。
学校やレッスンに通うメリットは5つ。

1. 自分自身のレベルを客観的に知ることができる

上達しない理由のひとつに、
「自分で自分の歌を的確にジャッジできない」があります。

今の自分はどんなレベルなのか?
どんな問題があるのか?
それはどのようなトレーニングで解決できるのか?

そんな客観的な情報をもらうことは、非常に有益です。

2. 同世代のアマチュアのレベルを把握することができる

ある程度の思い込みは、ミュージシャンである以上必要不可欠ですが、
凡人が「井の中の蛙」のままでは、どこへも行かれません。

同じカリキュラムを学ぶ、同世代のアマチュアたちのレベルを知り、
焦ったり、悔しがったり、いい気になったりすることも大切です。

傷つくのを恐れて、人前に出られないのでは最悪です。

学校のような、それほど競争が激しいとは言えない場所で、
ワザと共に、心を鍛えることも必要です。

3. 音楽仲間ができる

ミュージシャンの知り合いをつくるのに、
最適なのは、ミュージシャンが集まる場所に身を置くこと。

プロになりたい。
きちんと、音楽を学びたい、という姿勢で集まる仲間たちは、
いわゆるアマチュア指向のバンドとはひと味もふた味も違います。

右を見ても、左を見ても、
ミュージシャン志望の若者たちが集まる場所に身を置けば、
いやが上にも仲間ができます。

逆に言えば、そんな環境に身を置いても、
バンドのひとつもできないようなら、音楽は無理です。

 

4. 悩みや疑問を共有し、高めあう仲間ができる

昔からの友人の何パーセントが、
「私、ピッチが悪くて」
「リズムが悪いって言われるんだけど、姿勢のせいかなぁ」
「業界の人と知り合うのって難しいよね」
なんて話を、心の底から理解してくれるでしょう。

前置き不要、話し始めた瞬間に、
「そうそう。わかるわかる。」
「先輩が言ってたけど、○○するといいらしいよ」

そんな風にスムースに会話が進む仲間がいれば、
毎日の練習もレバレッジがかかります。

とはいえ、そんな風にポジティブに仲間意識を育てられるのは、ごく一握り。

多くが、傷を舐め合い、共に逃避行動に出てしまいます。

一握りの勝ち組にさえなれないなら、やっぱりプロは無理。

自分の弱さと向き合うためにも、
いい環境に身を置くことは、とても大切です。

5. トレーナーやインストラクターが長年かかって身につけた、
スキルや効率的なトレーニング方法を知ることができる

トレーナーやインストラクターが10年かかって、
やっと気づけたことを、一瞬にして教えてもらえる。
こんなお得なことはありません。

先輩ミュージシャンの経験をバーチャルに、
短時間で体験できるわけです。

かつては弟子として、師となる人に付き添って、
さまざまなことを学んだようですが、それも一長一短。

気を付けなければいけないのは、インストラクターの選び方。

プロ経験や、実際のパフォーマンス経験はもちろん、
感覚を言語化する能力や、話の上手さなどがある人ほど、
レッスンにレバレッジがかかります。

相性のあう、優れたインストラクターと巡り会うために、
情報収集を怠らないことも必要ですね。

いかがでしたか?

音楽を学ぶ場所に出入りしてみたいと思いましたか?

今、そんな場所に身を置いている人は、きちんと活用できているでしょうか?

人生で最も大切なものは「時間」、「お金」、「若さ」。

可能な限り、有効に使いましょうね。

 

30100136_s

 - 「イマイチ」脱却!練習法&学習法

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
話を聞かない生徒 話をさせない先生

「これは、こんな風に歌うのよ」と、 お手本を聴かせるためにこちらが歌い出した瞬間 …

知っていること vs. わかること vs. できること

知っていることと、わかっていることの間には、大きな溝があります。   …

無限大に見える作業量を前に、ひるんだら負けだ!

洋楽のカバーを歌う、英語の苦手な学生たちに、 英語の発音指導をすることがあります …

緊張に打ち克つ。

多くの人に相談される悩みのひとつに、 「人前に出ると緊張してしまって、声が出なく …

音楽家なら必ず鍛えたい「耳」のお話

耳を鍛えることは、 曲を理解する上でも、楽器や歌の技術や表現力を磨くためにも、 …

「練習しなくちゃ」と思ってしまう時点で、 ダメなんです。

「やらなくちゃいけないってわかっているんですけど、なかなかできなくて・・・」 & …

ちゃんと鳴らす!

ヴォーカルのテクニックのひとつに、 「息混じりに歌う」というのがあります。 基本 …

練習を「単なる時間の無駄」で終わらせないための3つのポイント。

歌を志すことになったのは、 私にとって、ある種の「挫折」でした。 そんなことを言 …

「同じに出す」が一番難しい。

同じ音を連続して弾くとき、 ピアノという楽器の完成度の高さを、 しみじみと感じて …

「左脳で感じる」練習法

「おとなは左脳で感じる」。 私の持論です。 ある程度成長すると、 こどものように …