大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

共通言語としての「定番曲」をマスターする

      2015/12/20

ミュージシャンの知り合いを増やしたい、
もっとたくさんの人に評価されたい、
そんな風に思っている人は多いと思います。

以前『業界人やプロと出会うためにやるべきこと』というポストで書いたように、
それには、「行動」あるのみ。
出会うべき人たちに、出会うためには、
さまざまな場所に足を運んで、地道に知り合いを増やしてゆくのが一番です。

しかし、「私、ボーカリストなんです」「ぼく、ギターリストなんです」と、
自己紹介した瞬間に、
「おぉ、じゃあ歌ってみてよ」「なんか弾いてよ」
などと言ってもらえる可能性は、非常に低い。

だからこそ、「へぇ、今度聞かせてよ」と言ってもらったときに、
手渡せるCDなどや、ライブのチラシ&ご招待チケットなどを持っていることは、
とても大切なのでした。

しか〜し、
滅多にないけど、必ずある、「じゃあ、ちょっと歌ってみてよ」
「お。なんか弾いてみてよ」のチャンス。

その時、あなたは準備OKでしょうか?

アウェイの場所でもらえた、
「ちょっとなんか」のチャンスを、生かせれば、
そこで一気に人脈が広がります。

「なかなかやるなぁ。」と思ってもらえれば、
人々の心に存在をばっちりインプットでき、
口コミで、知り合いが増えていくからです。

こんなとき、もっとも優位なのは、
弾き語りが得意なボーカリストや、
アコギが得意なギターリスト、ピアノが得意なキーボーディスト。

ギター一本、ピアノ一台あれば、どこでも自分の得意なスタイルでパフォーマンスができる。
アカペラで充分聴かせられるボーカリスト、というのも、いいですね。

一番、不利なのは、やはり、ドラマー、ベーシストなど、
「何気なく楽器が転がっている」という状態の少ない楽器のプレイヤーでしょう。

さあ、そのとき、あなたは、何を演奏しますか?

その曲は、自分のベストパフォーマンスでなくてはいけない。
インパクトがなくてはいけない。
完璧に自分のものになっていなくてはいけない。

そんな曲を、何曲持っていますか?

演奏が素晴らしければ、アンコールがくるかもしれません。

1曲で終わり、ではもったいない。
少なくとも3〜4曲は、いつでも、どこでも、誰に聴かせてもOK!
という曲を持っていたいものです。

そして、もちろん、
たとえ弾き語りで自分をアピールできる!と言う人も、
セッションで歌える、演奏できる、定番曲を準備しておくのはMUSTです。

ベテランのミュージシャンたちには、
こうした、共通言語のような「定番曲」がたくさんあります。

誰かがイントロを弾き出しただけで、みんなが、その演奏に次々と参加できるような曲。
そして、その曲の中で、それぞれの個性が火花を散らすのです。

残念ながら、音楽の趣味が多様化している現代の若者ミュージシャンたちには、
こうした、共通言語が著しく不足しているように見えます。

譜面がなければ弾けないような複雑な曲や、
一部の人しか聴いたことがないマニアックな曲では、セッションは成立しません。

そんな共通言語が不足しているから、
若者ミュージシャンは今ひとつ、横の繋がりが希薄なのかもしれません。

オリジナル曲も、弾き語りもいいですが、
人と人とを繋げてくれるのは、やはり一緒に演奏すること。

まずは、いわゆるブルース進行や、ワンコード、ツーコードといわれる、
曲を知らなくてもなんとなくできてしまう曲を中心に、
レパートリーづくりにはげむことからはじめてみましょう。

カバー曲はどうも。。。なんて、馬鹿にするなかれ。
共通言語が増えれば、音楽の可能性がどんどん広がりますよ。

25181783_s

 

 

 - プロへの突破口

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

「いいわけ」100連発。

お金がない、 時間がない、 ノウハウがない、 若さがない、 美貌がない、 エネル …

「イケてないデモ音源」の作り方?

以前、プロへの突破口『デモ音源の渡し方?』という記事を書きました。 プロになりた …

「お前さ、営業の電話なんかかけてくるんじゃねーよ!」

ミュージシャンって、自分で自分のこと宣伝するの、 恥ずかしいと思うようなところが …

プロへの突破口『仲間を見極める』

お正月も3日。 そろそろ、社会復帰に向かって、ウォーミングアップをはじめようか、 …

歌には”仕掛け”と”意図”がある!

昨今、カラオケのおかげか、 はたまたYouTubeやアプリのおかげか、 巷に歌の …

「ちょっと歌ってみる?」・・・売られたケンカは必ず買うのだ。

「はじめまして!私、Y子と言います!うた、歌ってます! どうぞよろしくお願いしま …

「コネ」のつくりかた、教えてくださ〜い!

音楽業界にコネが欲しい! 少しでもたくさんの業界人と知り合いたい!   …

プロへの突破口『「最初の仕事」をゲットするために』

メジャーデビューのような、大きな話でなくてもいい。 とりあえず、業界で仕事をして …

「バンマス・マニュアル」を作成せよ! <バンド結成編>

音楽好きの仲間と集まると、 「バンド組みたいよね〜」と、やたら盛り上がるのに、 …

やっぱ、近道はないのよね

「おとうさんの知り合いにレコード会社の人がいるんだけど、会ってみる?」 「仕事関 …