大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「自分じゃなくなりたい」?

   

「自分が、○○だったらよかったな。。。」

 

こんな風に思ったことのある人、
いや、思ったことのない人は世の中にどのくらいいるのでしょう?

 
こども時代の「○○だったらよかったな」には、3つのパターンがあります。

 

1つは、「おかあさん」や「おとうさん」
「おとな」と言った、「自分の延長線上にあるものにあこがれる」。

2つめは、スーパーヒーローや、スーパースター、
スポーツ選手などのように、「自分を越えた存在にあこがれる」。
 

そして、3つめのパターンは、「自分以外の誰かにあこがれる」です。

 

人にもよるでしょうが、
個人的には、自分以外の誰かへのあこがれは、
おそらく一番根深く、一番長く続くと考えています。

 

 

お金持ちのこどもに生まれたかった。

家族の仲がいい家に生まれたかった。

見とれられるような美人に生まれたかった。

身長が高い、スタイルのいいこどもに生まれたかった。

スポーツ万能に生まれたかった。

チヤホヤされる華やかな子に生まれたかった。

天才、秀才、と呼ばれる、頭のいい子に生まれたかった。

欧米人に生まれたかった。

帰国子女になりたかった。

絶対音感があるこどもに生まれたかった。

芸能人や有名人のこどもに生まれたかった。

都会に生まれたかった。

緑に囲まれて育ちたかった。

・・・etc.etc.

 

自分が大嫌いだった頃、友達に、

「整形なんて生やさしいもんじゃなくって、
脳だけ残してカラダ全取っ替えしたい」と言ったことがあります。

友達は言いました。

「それって、自分じゃなくなりたい、って言ってるのと同じことだよね?」

 

自分じゃない自分になりたいと思うことは、
不幸であると同時に、とても不毛なことです。

 

自分でない自分になったとき、
最早、「自分でなくなった」ことに意味はなくなるわけですから。

 

 

以前、若い女子に超人気の雑誌のモデルさんがボイトレに来ていたことがあります。

レッスンをしていても、見とれてしまうような美しい顔。

ホントに、コブシくらいの小さな顔に、
大きな目とつんととがった形のいい鼻がぎゅっと詰め込まれているのです。

それでいて、気さくな性格の彼女に、

「しっかし、一体全体、どうやるとそんなに可愛い顔に生まれられるのかしらね〜?」

と冗談めかして言うと、彼女は、

「モデルなんて、み〜んな自分のことが大っ嫌いで、
私も、自分の太すぎる腿とか、超コンプレックスで・・・」

と、別に謙遜しているという風もなく言うのです。

「でもね。これも私の一部なんで。」

 

 

結局、今の自分を愛しきれる人が一番強い。

自分が自分である意味を、
ちゃんと理解して、その役割を存分に果たせる人が一番すごい。

 

自分を愛せる人にしか、できないことがあるのだと、
ここへ来て、やっとわかった気がしています。

 

25716750_s

 - Life

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

こんなに欠点はあるけど、自分はそれほど無能なわけじゃない。

「MISUMIさん、また探しものですかぁ・・・?」   手袋 ペンケー …

あぁ、時は不思議に巡るのです。

「MISUMIちゃん、日本にもいい音楽いっぱいあるよ。 たまには、日本の音楽聴い …

オレの方がすごい?「優越感シンドローム」

ある程度キャリアのあるプロフェッショナルなら、 誰しも、自分自身の仕事や能力にプ …

自分の意見を口に出すことを恐れない

最近、若者たちがお互いに対して優しすぎる、と感じています。 バンドのリハーサルを …

うるさぁあああいっ!

数件先に、小さな公園があるせいか、 それとも、徒歩3分ほどのところに小学校がある …

「できないこと」は「やらないこと」よりも、ずっとずっとマシ

「いつかやりたい」「いつかやろう」と思い続けていること、いくつありますか? &n …

200個の骨。600の筋肉。

人間のカラダには、およそ200個の骨があると言われています。 その上に乗っている …

人生で大事なことは、みんなバンドから教わった

バンドって、うまく行ってるときは、 「これほど素敵なものはない!」と思えるくらい …

ウサギとカメはどっちがすごい?

私の生涯の夢のひとつに、 「徒競走で旗の下に座りたい」というのがあります。 笑え …

文化は「オタク」と「変態」、そして「ドM」がつくる

忙しがる人は好きじゃないのですが、 最近、自分もそんな、自分が好きじゃない類の人 …