大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

もたもた迷っている暇はない!

   

「もっと歌詞の意味を考えて歌って!」

そんな風に言われたことのある人は、たくさんいることでしょう。

 

そもそも意味のわからない外国語の歌詞はもちろん、
中には日本語の歌詞でさえ、まともに意味も考えず、
おまじないのように自動的に歌っている人が、
いったいどれだけいることか・・・

 

 

自分が理解できないことは表現できない。
表現できないことは伝わらない。
当たり前のことです。

 

さて、しかし・・・

 

意味を理解しようにも、まったく体験したことがないことは、
どうしたらいいでしょう?

真夜中のハイウェイをワイルドにぶっ飛ばしたことがないのに、
そんなロックな気分を味わいようがないですし、

恋すらしたことがないのに、
恋の切なさや燃え上がるような熱い想いは、やっぱり理解できない。

世界を旅する自由な気持ちを歌いたくたって、
自分の生まれた土地から、
せいぜい100キロ圏内くらいしか出たことがなければ、
その果てしないスケールを表現するのは難しいでしょう。

 

だからこそ、ヴォーカリストは、
可能な限り、自分の世界を広げる努力をしたいのです。

 

かつて、
「人生のいいことも、悪いことも、
全部味わって、初めて本当にいい歌が歌える」などと言われ、

「神様、どうか私に艱難辛苦をお与えください」なんて、
人に聞いたお祈りもどきをしてしまったことがあって、

何年にもわたり、
それはそれは、もう筆舌に尽くしがたい、
艱難辛苦の数々をいただいてしまった私としては、
人生の負の部分をわざわざ望む必要なんかないと、ハッキリ言いたい。

 

しかし、それでも、
可能な限り、旅をし、
たくさんの、さまざまな人と出会い、
できれば外国語を話し、
いろんな文化圏の、いろんな価値観を持った人々と、
いろんな、いろんな思いを共有して、

 

ひとりひとりの人を、ひとつひとつの出来事を、
一方からだけでなく、さまざまな角度から見つめ、
理解し、もしくは理解しようと努力し、

 

いろいろな仕事をする、いろいろな人々と、
利害関係を持ったり、
利害の無い関係を持ったりして、

 

友情や、愛情や、憎悪や、嫉妬や、羨望や、
憧れや、憐憫や、誇りや、挫折や、希望や・・・

そんなたくさんの、たくさんの思いを味わうことは、

 

やっぱり、やっぱり、意味のあることなのだと、
年を重ねるごとに、しみじみ、しみじみ、感じるのです。

 

 

もちろん、何もかもを体験することなんてできません。

本をたくさん読んで、
人間の最大の財産のひとつである、
「想像力」を研ぎ澄まさなくてはいけないことも、山ほどあります。

 

 

若かりし頃、永遠に、無限に思えた時間は、
実は、びっくりするほど限られていて、

指のすき間からこぼれ落ちるように、さらさらと流れていってしまうもの。

 

もたもた迷っている暇は、ないんですぞ。若者よ。

19537176_s

 

 

 - Life

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

  関連記事

「真面目がダメならどうすればいいの?」

真面目にやれ。 一所懸命にやれ。 丁寧にやれ。 こどもの頃から、 よく言えば、閃 …

超私的なブログを書きました。

2018年度の終わりと共に、 クレイジーな日々がやっと一段落。 いろんなことが少 …

「声」はエネルギー。

キャリアの節目を迎え、 「急に、自分の声が気になるようになって」と、 レッスンや …

「積ん読」でも「疑似読書」でも、本で世界は広がるのだ。

少し前に「本を読もう!」というポストをアップしました。 今日も本のお話。 もちろ …

「なんで電話番号わかったんですか?」

今日、来客中に電話が鳴り、 リビングにいたジェフ夫さんが対応してくれたようなので …

自分の意見を口に出すことを恐れない

最近、若者たちがお互いに対して優しすぎる、と感じています。 バンドのリハーサルを …

人生は声帯様!

新年おめでとうございます! 2020年初ブログです。 お正月三が日は毎年、 今年 …

「情報過多」なのではなく、「思考過多」。

毎日、ものすごい量の情報にさらされています。 朝、PCを立ち上げ、webを開いた …

あぁ、あこがれの「ビッチ感」

人にこう見られたい、というイメージと、 実際の自分自身が人に与えるイメージに開き …

「すごい人」と、自分との距離。

どんな分野にも、すごい人というのはいるものです。 すごい人に出会う度に、自分の凡 …