大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「マスターベーション」とか言うな!

      2016/06/12

歌は音程のついたことば。

テクニックがどんなにすぐれていても、どんなに巧みな音楽的表現がなされていても、
ことばに魂、念が乗ってなかったら、聞き手は何にも感じません。
面白くないなぁ・・・って感じられる歌って、そういうことです。

だから、

ことばを大切に歌いなさいよ。
歌は心ですよ。
思いを込めて歌うんですよ。。。。と、

まぁ、先生と言われる人は、そういう指導をするわけです。

しかし、一方で、
「私、こんなに想いを込めて歌っているんです!!」みたいなのも、引いてしまう。

いきなり目を閉じて、顔をしかめて、
思い入れたっぷりに歌われれば歌われるほど、
聞き手の気分は、なんか、冷めてしまう。

え〜・・・じゃあどうすりゃいいんですかぁ〜〜??

という声が聞こえてきそうです。

そうそう。どうすりゃいいんでしょうね。。。。

大学時代のお話。

あちこちの大学を渡り歩いて歌っていた私。
そこそこ歌にも自信を持っていました。

あるとき、他大学のビッグバンドで活躍していた、
ちょっとイケメンの年下の男の子がライブを見に来てくれて、

その感想を伝えたいと電話をくれたのです。

電話口で、彼はこう言いました。

「MISUMIちゃんってさぁ、どうして目を閉じて歌うの?
なんか、マスターベーションにしか見えないんだよね」

(マ・・・マ・・・マスター・・・ベ・・・)

まだうら若き乙女であった私は、そのことばの強烈さに打ちのめされながらも、
つとめて冷静に受け止めるふりをしていたのを、今でも鮮明に覚えています。

どんなに思いを込めて歌ったって、伝わらなければ意味が無い。

思いを伝えたい相手、オーディエンスに、
「はいはい。思いを込めてるのね」と思われたら、ダメなわけです。

だってね。

目の前にいる人が、自分の熱い想いを伝えようとするばかりに、
いきなり目を閉じて、顔を赤くして、前のめりで、
がぁ〜っと感情ほとばしるままに愛情表現してきたら、
きゃあ〜。。。勘弁してぇ・・・と、どん引きしますよね。

もう完全にイタい人と感じて、二度と会いませんわね。

感情を伝えることと、
「私の激しい思い、わかってぇ〜」と、押しつけることは、もう全然違うこと。

伝えたいこと。実際に相手が受け取ること。

そのギャップを埋めていくのが、ことばでも、歌でも、
本当のテクニックであると言えます。

人は、
淡々と、語られたことばに、心から感動して涙したり、
冷たく平坦に歌われた歌に、深い深い愛情を感じたり、
やさしい表現の中に、激しい思いや決意を感じ取ったり。。。

人の心を動かすのは、やっぱり人の心です。

「伝えたい」思いを、相手にきちんと届けるために、
人は、ことばを選び、相手との距離を整え、声や話し方に表情をつけ、
相手の思いを感じ取りながら、スピードに緩急をつけ・・・

そんな日常でしていることを、歌うときに忘れてしまってはいけないわけです。

そして、歌う時こそ、また、日々の人間力が試される。

結局、シンガーは、自分の想いを人に過不足なく伝えるために、
日常レベルで、自分自身の表現力を上げる努力をしていくしかないのです。

8617033_s

 - 「イマイチ」脱却!練習法&学習法

Comment

  1. 山下稔二三 より:

    基本だと思います。音程とリズム
    それから
    情熱

    マスター?(笑)(笑)
    人って
    それが自然です
    歌も楽器も

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

「ハモらない」時の覚え書き

人とコーラスをやっていると、 「あ、気持ちいい!」と思えるときと、 「う〜〜、ハ …

no image
「一音」にこだわる

「とりあえず、ラララで歌って。」 歌の練習で、一番最初にするのは、 歌詞も曲想も …

ネックの曲がったギター vs. 姿勢の悪いヴォーカリスト

姿勢やフォームが悪いヴォーカリストは、 ネックの曲がったギターに例えるのがもっと …

とにかく歌う。毎日歌う。それを続ける。

生まれて初めて包丁を持つときは誰だって、 なんのことはない作業、 例えば、単に「 …

リズムの「点」に意識を向ける

リズムのある音楽には、必ず「点」がある。 これが、私の解釈です。   …

「どうやったらできるか」じゃなくて、「どうやったらなれるか」。

「どうやったらできるか」が知りたいのは、 真面目に学ぶ気のある人のお話です。 た …

「長期記憶のゴールデンタイム」にあなたは何を記憶しますか?

「受験生といえば、まずは『でる単』」。 『でる単』、すなわち、『試験に出る英単語 …

「歌うことをはじめる」はじめの一歩をどう踏み出すか。

「ずっと歌をやりたかった。」 そんな風に思っている人は、数え切れないほどいるよう …

学習は、頑固で怠惰な自分の脳との戦いだ!

本来外来語であることばを、 そのまま日本語の音に置き換えただけの「カタカナ語」。 …

鍵盤楽器を買おう!

ボーカリストで、楽器をほとんど弾けないという人は多いと思います。 楽器が弾けない …