大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

ギターの「早弾き」 vs. ボーカルの「高い音」

   

ボイトレというと、高い音ばかり練習している人がいます。

実際に、スクールなどでも「高い声が出る」をうたい文句にしているところもあるくらいですから、「高い声」に執着している人が、世間的にどのくらい多いかがうかがわれます。

 

理由は単純です。

「高い声が出る」というのは、目安として、わかりやすいからです。

難曲とされている曲は必ずと言っていいほど、
一般の人には出せないような高い音が出てきますし、

実力派と言われる歌手は、
音域が3オクターブあるとか、4オクターブあるとかを
売りにしていたりするものです。
確かに高い音を出すのにはそれなりのテクニックがいりますから、
そこが評価される理由もわかります。

練習していた高い声が、いきなり出ると、
ものすごい達成感がありますし、

ハイトーンで有名な歌手の曲を、
原キーで歌えるというのは、ある意味ステイタスにもなったりします。

 

ただね。

それだけでいいですか?

 

同じことが、ギターの早弾きにも言えそうです。

早弾きは「わかりやすい」のです。
まず、早く弾けると「うまそうに聞こえる」。

確かにテクニックがないと、早弾きはできませんから、
練習の指標としやすいし、できたときの達成感もある。

人に「おぉお」という印象を与えることもできる。

 

だから、早弾きの練習にはまると、もうそればっかり練習しちゃう人、
たくさんいるんです。

 

まぁ、ギターに限らず、
ドラムソロしかり。ベースソロしかり。

 

 

しかし、です。

 

ギターの早弾き、ヴォーカルのハイトーンは、いわば飛び道具。

曲の盛り上がった場所に、一瞬顔をのぞかせる、
一口だけ出てくる美味しいおかずのようなものです。

肝心の平歌部分、つまり曲のほとんどをしめる、
ソロじゃない部分、高い音じゃない部分をないがしろにしていては、
曲全体のクオリティは絶対にあがりません。

 

一瞬のギターソロを練習するよりも、
曲全体をしめるカッティングのグルーヴや、
リフの精度をよくすることが先決です。

 

一瞬の高い声を「地声で出す!」とこだわって、
前後のピッチがおろそかになったり、
無理なキー設定でキーキーしたりするのでは、本末転倒なのです。

 

ちなみに、高い声はコツがわかれば一瞬で出ます。

発声が整い、全体のクオリティを上げる練習に励むうち、
あれ?というくらいいきなり出たりするものです。
「高い声」や「早弾き」は音楽の表現の一部。

もちろん、「高い声」や「早弾き」がない演奏は、
どこか物足りないと思う人もいるでしょう。

プレイヤーやヴォーカリストとしても、
今ひとつ目立てないかもしれません。

何事もバランス。
広い視野をもって音楽的な実力を身につけたいですね。

47406915 - guitarist.

 

 - 「イマイチ」脱却!練習法&学習法

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

練習環境を整えることこそ、練習の最重要課題!

先日、毎月ヴォイトレを担当している、 某事務所の若手声優たちのワークショップを …

クリスマスソング、何曲ちゃんと歌えますか?

Merry Christmas!   クリスマスのうきうき感は、 イル …

「練習」とは「工夫すること」

楽器や歌を習得したい。上達したい。   しかし、実際、何からはじめたら …

関係性がつくれないから上達しない。

ここ数年、芸能事務所や音楽事務所の 新人育成ワークショップを担当させていただく機 …

自分を追い込める人こそが、最も成長する。

人の一所懸命度は、 その人のおかれている状況の難しさに比例する。   …

音色の決め手は「箱」なんじゃ。

昨日、「音」はプレイヤーの命であるというお話をしました。 声は持って生まれるもの …

「おまえ、リズム悪いな」と言われたら、やるべき3つのこと。

「おまえ、リズム悪いな」 何気なく、 しかし、わりとよく言われるこのことば。 楽 …

歌を学ぶ人の3つのステージ

私は歌を学ぶ人には、 3つのステージがあると考えています。 ひとつめは楽器として …

どうして私はがんばれない?

「なんか、最近、がんばれないんですよ〜。   がんばらなきゃいけないの …

イケてないプレイヤーは弾きすぎる。

イケてないプレイヤーは弾きすぎる。 よく言われることばです。 例えば、 ソロを弾 …