大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

どんなに優れたアイディアも、 形にならなければ存在しないも同然

      2017/06/05

昔読んだ本に、「完璧主義のぐず」ということばがありました。

 

とにかくなんでも、妥協なく完璧にやりたい。

そんな想いが強すぎて、何年経っても、何も完成できない。
酷い場合になると、なにもはじめられない、
そんな人のこと。

 
似たような人を何人も知っているせいか、
その本のタイトルも覚えていないのですが、
このことばはいまだに、
ことあるごとに使いたくなる、インパクトのあることばです。

 

どれだけ優れたアイディアも、
形にならなければ存在しないも同然。

どれだけ才能がある人でも、
作品を作り出さなければ、凡人となんら変わりません。

どれだけ素晴らしいパフォーマーも、
演奏を披露しなければ、なにも演奏できないのとおなじ。

 
これが”Real Artist Ships”、
「本物のアーティストは”出荷”する」と、
スティーヴ・ジョブズが語ったことばの真意でしょう。

 
誰に乞われるわけでもなく、
誰かが待っていてくれるわけでもなく、
 
無から、自分だけのエネルギーで、
作品をクリエイトし、
とにもかくにも、自分の落としどころまで完成させ、
“出荷”するための、道を開くことは、

それをなし得たことのない人にはとうてい理解できない、
困難と苦悩の連続です。

 

作品のクオリティや、
自分自身のアイデンティテイにこだわるほど、

 
「これで完成」という落としどころ見えなかったり、
完成前に、自信を失って、放り出してしまったり。

 
せっかく完成したとたんに、
とてつもなくつまらないものをつくっているような気がして、
そのまま倉庫にしまい込んだり、ぶち壊してしまう人さえもいます。

 

そうして、いつまでたっても自分自身の作品を、
完成させられない人に限って、

誰か他の人がしていることを
面白くもなさそうに批判したり、

「あんなことなら、オレの方がよほど早く考えていた」
というような、ことを言うものです。

 

クリエイターにとって、価値観はいろいろですから、
一概に何が正しいと言うつもりはありません。

 
しかし、私自身は、

最高級の材料が集められて、
すべて完成したら、世界一の作品になるはずの、
倉庫に積まれた未完成の部品の山よりも、

自分の身の丈にあった、
ベストオブミーの作品を、
全力で完成させ、”出荷”することに、
よほど大きな意味を感じます。

 

そこで、評判なり、評価なり、人気なり、
なんかしらのフィードバックを受けてこそ、
クリエイターもパフォーマーも、成長していくもの。

 

そうして、勇気を出して、
自分自身を試してこそ、
真の完全性は磨かれていくものなのではないか。

 

 

人生は短い。
他人の思惑を気にしたり、
躊躇したりしている暇はありません。

Just do it!

心配するのは、それからだ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<MTLからのお知らせ>

◆  9月2日(土)【第5回ダイジェスト版 MTL ヴォイス &ヴォーカル レッスン12】開催決定!
【MTL12】の、全12回=18時間におよぶレッスンを3時間に凝縮して、学んでいただけるダイジェスト版。 短時間ではありますが、ヴォーカリストに必要な情報がぎっちり詰まった、ジェットコースターのような、非常にお得感の高い内容になります。 毎回、瞬く間に満席をいただいている講座です。

◆ 9月30日(土)【第4期 MTLヴォイス & ヴォーカル レッスン12】開講決定!
MTLヴォイス&ヴォーカルレッスン12=MTL12は、90分X全12回のレッスンで、ヴォーカリストに必要な基礎トレーニングをすべて学べるよう、MTLがすべてを注ぎ込んでデザインした、ヴォイトレの基礎の決定版とも言える講座です。

◆10月4日【MTL Online Lesson12】が、ついにスタートします!
これまで、遠方にお住まいである、時間的な制約がある、 という理由でMTLのレッスンに通うことができなかったみなさんのため、いつでも、どこでも、何度でも、 MTLのレッスンを体験していただけるオンラインレッスンが10月、いよいよ開講いたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 - The プロフェッショナル, 夢を叶える

  関連記事

no image
戦略的に自分というブランドを作る

この数年、ビジネスというアウェイなフィールドでたくさんの方に出会ったり、 いろい …

自分の「ウリ」を見つけた女は強い

「MISUMIさんって、ジャニスみたいですね。」 若い頃から、そう言われるたびに …

芸を磨く。

近年、お仕事の関係で、 さまざまなお芝居にご招待いただきます。 たくさんの役者さ …

「で?いくら稼ぎたいの?」

「で?MISUMIさんは、いくら稼ぎたいの?」 不躾に、こんな質問をされたことが …

ちゃんと鳴らす。ちゃんと歌う。そしたら自然にハモるのだ。

いつもはそれなりに元気よく、 いい声で歌っているのに、 誰かのコーラスをやるとな …

オーディションは「試験」でも「試合」でもない!

いわゆる「オーディション」というものを受けたのは、人生で2回だけ。 どちらももの …

「いつはじめるか」じゃない、 「いつまで続けるか」が重要なのだ。

「やっぱりピアノは幼稚園くらいからはじめないと、モノにならないわよ。」 &nbs …

「音の立ち上がり」を正確にとらえる

歌い出す瞬間の音。 音を移動するとき、音の階段を上った、その瞬間の音。 その瞬間 …

心のノイズを打ち消して、ただがむしゃらに進むのだ

こんなこと、やってみたい! こんなこと、やったらどうだろう!?   そ …

「お前は一体、どんな行動をして、今の状況を気に入らないと言っているんだ?」

週末なので、インサイドストーリー的お話を。 生まれて初めての音楽の仕事は、音楽学 …