大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「やりたい」から、やる。以上。

   

やりたいと思ったら、もうできる気しかしなくなる。

こどもの頃からの、私の思考のクセです。

そのせいで、もうホント、
どれだけイタい目にあってきたかわかりません。
いや、どれだけ、「イタい人」と思われてきたか・・。

 

アニメ『サスケ』を見て、私は忍者になると決めた日。
(お風呂の中でジャンプし過ぎて、風呂桶にヒビが入った・・・)

『アタックナンバーワン』を読んで、
なんちゃってバレーボールの練習に明け暮れた日々。
(布団の上で、風船使って回転レシーブの練習など)

泳いだこともないのに25m競泳に立候補して、
25メートルプールで10回以上立ち上がっては泳いだ水泳記録会。

ラベック姉妹に憧れてビゼーの何曲に挑み、
ぼろっぼろになった発表会。

チューニングもろくにできないのに、
バンマス&ギターヴォーカルで出演し、
語りぐさになったひどいライブ。

大学入試だって、
ジャズダンスだって、
トライアスロンごっこだって、

そうそう。

しゃべれる気がして引き受けた英語の通訳で、
ちんぷんかんぷん&しどろもどろだったことだってあります。

 

おっちこちょいでやりたがり。

「なんでやったこともないのに、できる気がしちゃうのかしら?」
「無理に決まってるじゃない」。

バカなのか、
学習能力がないのか、
それとも、理解する気がないのか、

いくつになっても、
どれだけ馬鹿にされても
「できない気がしない」は去りません。

 

だってね。

この「イタさ」、
思い込みと勘違いのおかげで、
なし得たことの方が圧倒的に多いからです。

 

英語の歌詞書けますよ、と言っちゃう。
コーラスできますよ、と言っちゃう。
アメリカでオーディション受けますよ、と言っちゃう。
会社つくりますよ、と言っちゃう。
映像編集やりますよ、と言っちゃう。。。。

根拠ゼロ。
「だってやりたいんだもん」。
以上。

 

やりたいというパッションが生まれたら、

やると「決意する」。
できると「信じる」。
どうしたらできるか徹底的に「調べる」。
やるべきことを詳細に「書き出す」。
まずは「はじめる」。
人を「巻き込む」。
「タイムプレッシャー」をつくる。

そして、後は、できるまで「やり続ける」。

実にシンプルなことじゃありませんか。

やってみて、決意が揺らげばやめればいいし、
信じてたけど、無理だったなと思えばそれは学びだし、
調べてわかんないことはインプロバイズすればいいし・・・

とにもかくにもやり続けているなら、
挫折なんてあり得ないんですよ。

簡単じゃないかもしれない。
苦しいかもしれない。
心が揺らいだり、人に妨害されたりするかもしれない。

いや、でもね。
そのひとつひとつが、
自分という人間をとんでもなく魅力的に成長させてくれる、
人生のスパイスで。

そこに雄々しく立ち向かえる自分を、
ああ、愛おしいと、
抱きしめられるナルささえ育っていったりして。

ここで、絶対にいらないのは、

「できなかったらどうしよう?」という、
やってもいないことの挫折感の前借り。

「どうせあたしなんか」という、
自分で自分のサイズをノミ化する自己分析。

「所詮この年では」という、
今日1日この1時間の価値を過小評価する数字恐怖体質。

 

親切めかした「やめておいたら」という忠告も、
「そんなことするより、もっと価値のあることが」というご意見も、

な〜んにもわかっちゃいない人たちの
余計なお世話。
関係ねーや。

そんな人たちに限って、
ちょっとうまくいくと、

「あなたってすごい」、
「あなたができるのは、なんとなくわかってた」、
な〜んておっしゃるわけです。

ビデオレターを見てくださった方達から、
いろいろなメッセージが届いています。

今日はみなさんのメッセージにインスパイアされて、
これを書きました。

 

Just Do It.
Because you can.
Because I know so.

がんばろうっ!!

◆今、あなたに心から届けたい5日間の無料ビデオレター。
最初の一歩を踏み出せないでいるあなたへ、5日間のメッセージ。
◆一生ヴォイストレーナーのいらない自分になる。第8期MTL12、10月開講
◆いつでもどこでも何度でも。最長9ヶ月間学べます。全額返金保証のオンライン講座。MTLオンライン12。

 - B面Blog, 夢を叶える

  関連記事

「自分らしさ」ってなんだ?

らしくあれ。 女子校時代、嫌と言うほど聞かされた言葉です。 本校の生徒らしく、 …

「打たれ強い人」になる唯一の方法

世の中には先天的に打たれ強い人というのがいるものです。   ガラスのハ …

「どうやったらライブにお客さん、来てくれますかね?」

「MISUMIさ〜ん。どうやったらライブにお客さん、来てくれますかね〜?」 &n …

練習環境を整えることこそ、練習の最重要課題!

先日、毎月ヴォイトレを担当している、 某事務所の若手声優たちのワークショップを …

わかってないのは、そいつの方じゃないのか?

「自分のこと、めっちゃ美人だと勘違いしてる、ぶっさいくな女っているよね? &nb …

絶望的に長い年月、積み重ねる「少しずつ」

こどもの頃好きだった忍者漫画で、 忍者の家に生まれたこどもは、ごく小さな頃から、 …

最後は「自分の声」を聞くのだ。

「MISUMIサンはね、 もっと、自分じゃ恥ずかしくって赤面するくらい、 下世話 …

この曲、なんかのパクリ?

曲や歌詞を書いていると、 「ポンと鮮明にアイディアが降りてくる現象」というのに、 …

自分が見つけたかった音楽の興奮や感動は、今もそこにあるか?

何かを必死に追いかけ続けていると、 ふと、なぜ追いかけてきたのだったか忘れてしま …

人間がカラダをつかってするとことは、 「なんでもおんなじ」。

「パキンっ!って音をとらえるのに大切なのは、 チカラじゃなくて、タイミングなんで …