大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

いい歌は左脳を麻痺させる。

   

ものすごくうまいのに、ものすごく退屈な歌、というのを、
たくさんたくさん聞いてきました。

 

聞いている間中、

何がいけないんだろう?
なんでこんなにつまんないんだろう?
いや、うまいのになぁ。うまいけどなぁ。。。

そんな風にずっと自問自答してしまうような歌。

 

一方で、ただ、感動する歌、というのがある。

感情というのは理由のいかんに関わらず、
ダイレクトに動くもの。

人は、感動しているときに、理由を分析などしません。

ただ感動する。
その気持ちに浸る。

いい歌には、左脳を麻痺させるというか、
思考を拒絶するパワーのようなものがあるのです。

 

後に冷静になって分析すれば、
それは圧倒的に「うまい」、
優れたパフォーマンスであることもあるし、
どちらかというと、稚拙な歌であることもある。

感動は、
完璧さやテクニックの延長線上にあるわけではないのですね。

 

仕事柄、ライブの後に「どうでしたか?」と、
意見を求められることが多々あります。

これ、実は一番苦手なパターンです。

ご招待を受けて、お仕事として、
「パフォーマンスをチェックしにいく」時は、
メモを片手に、感情を動かさないように冷静にライブを見ます。

もちろん、教え子であるアーティストたちのライブは、
ハラハラドキドキしますし、
じーんと涙ぐんだり、
気持ちが高揚して、お客さんたちと一緒にジャンプしてしまうときもある。

たくさんのお客さんの心を動かすアーティストたちのライブには、
そんな力があるものです。

しかし、それでも、ぐっと自分の気持ちを押し戻して、
次のライブをもっとよくするにはどうしたらいいか、
そんな観点でチェックリストをつくっていきます。

それが仕事だからです。

 

しかし、それ以外でライブに行くときは、分析脳は基本OFF。
一オーディエンスとして、楽しむために出かけます。

ピッチがどうとか、リズムがどうとか、
そんなことはどうだっていい。

その空間にいて、
かっこいぃい〜、とか、
ああ、楽しい、とか、
みんながんばってるなぁ、とか、

ニコニコしたり、じーんとしたり、
感情を自由に動かしていたいのです。

だから、「よかったよ〜」という言葉しか出てきません。

普段、歯に衣着せず、立て板に水のごとくしゃべる私から、
これといった感想を聞けないので、
がっかりしたり、気味悪く感じたりするような人が多いようですが、
まぁ、そんなわけなのです。

ちなみに、そんな風に、自由な気持ちで聞いているのに、
ありゃ〜っと思わず冷静になってしまうような、
まずいパフォーマンスというのにも、時々行き当たります。

ライブの直後のマイナスなコメントは、
するのも、されるのも大嫌いなので、
こんな時は、関係者に会わないように、さっさと帰宅します。

最近ではめったにありませんが。。。

 

とにもかくにも、きっちり準備して、

本番は、うまく歌おうとか、誉められようとか、
そんな気持ちでは歌わないこと。

心から楽しむ。
心から届ける。

ライブが終わったら、来てくれたお客さんへの感謝を噛みしめる。

録音や録画を見ながら、冷静に分析して、
反省したり落ち込んだりするのは、一夜明けてから。

こんな習慣をつけると、ライブをやるのがどんどん楽しくなりますよ。

MTL Facebookページでは毎週インストラクターズが声と歌に関する情報を提供しています。是非いいね!&フォローしてくださいね。

 - 「イマイチ」脱却!練習法&学習法, ヴォイストレーナーという仕事

  関連記事

ヴォーカリストこそ、もっと、ちゃんと「聴く」!

バンドのパートの中で、一番コピーしやすくて、 誰でも、そこそこやれるパートってな …

ちゃんと元取れっ!

けして質素なタイプというわけではありませんが、ことコスパに関しては誰より厳しいと …

「育てる」んじゃない。「育つ」んだ。

「あいつは俺の弟子だったから。あいつを育てたのは俺だよ。」 有名人や、一流の人た …

「自分の声の地図」を描く

「あなたの音域はどこから、どこまで?」 「え?」 「高い方はどこまで出るの?下は …

人は、エネルギーに魅了されるのだ!

「音楽はエネルギー」     そんな風に考えています。 &n …

歌の練習で絶対にはずせない3つのポイント

連日、ご好評をいただいてます、『デモをつくろうシリーズ』。 今日は6回目です。 …

「好きになれない課題曲」から徹底的に学ぶ方法

自分が心から感動し、お手本にし、研究した、いい音楽を、後進にシェアしたい。 &n …

「限界ギリギリの定番曲」をいきなり歌う。

練習はルーティンからはじめる、というのは、 どんなスポーツでもおなじではないでし …

一点突破

大変遅ればせながら、新年初回ブログです。 2019年も、『声出していこうっ!』を …

人は、人を「育てる」ことはできない。

レッスンを担当しているシンガーたちが、 ぐんぐん成長していく姿を見るのは、誰だっ …