大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

2018年を振り返ってみた。

   

おかげさまで、本日、仕事納めをいたしました。

年齢と共に時間の流れを速く感じるようになってきたものの、
いっくらなんでも今年は1年が短すぎて、
未だキツネにつままれたような気持ちなので、
ざっくり1年のカレンダーを見返してみました。

毎月平均30本ほどのプライベートレッスンと週2本の大学。

加えて今年は、
若手育成や舞台準備のためのワークショップや
アイドルグループのレッスンを外部スタジオで月5〜6本担当。

MTL12の第5期。そして第6期。

はは〜ん。
物理的にだいぶ忙しかったようです。

インストラクター養成コース3期目=第2期もスタートしたし、
富山や鹿児島、東京でワークショップもやった。

MTL x Fabtracksのコラボ企画も立ち上げた。

MTLパフォーマーズクラブ2018も盛り上げた。

公認インストラクターズや新インストラクターズのための、
クレドづくりや、研修制度も組み立てたし、
創立10周年の記念品もつくったりした。

テレビ東京の番組にも何度か出させてもらった。

そして、(インストラクターズのがんばりのおかげで)
台風の中、MTLライブ2018も成功をおさめた・・・

そんな中、メルマガ365を書き続けながら、
トレーナーとしての言葉と、
コミュニケーションの修行を積んできました。

ありがたくも、大充実の1年だったわけですが、
今年最も嬉しかったのは、
Dazy’sの1st.アルバムをリリースできたこと。

仕事の合間の歌詞書きや、
ヴォーカル録りは、なかなかにハードではありましたが、
ジェフ夫さんが最高のアルバムに仕上げてくれて、
これ以上ないくらいの「やった感」を感じました。

ライブはと言えば、
BEPP20周年ではカースケさんが、
Dazy’sレコ発では向山テツさんが相次いで病に倒れ、
メンバーの都合で鹿児島VSOPも実現せず・・・
完全燃焼とまではいかなかったけれど、

ジェフ夫さんとのユニットMaybe’sを立ち上げられて、
山内薫さんとともに、
東京、鹿児島と3本もライブが実現したし、

長いこと歌っていなかったR&Bやソウルばかりを歌い倒す、
セッションバンドのリハーサルも着々と進行しているし。

久しぶりに、
ヴォーカリストとしての自分と
向き合った1年でもありました。

 

春には、デイジーさんの具合が急激に悪くなり、
そこからの看病やお見送りまでの日々。

2人きりになってからの寂しいお花見。夏休み。

そして秋からは一転、
ルーシーさんを迎え、
ドタバタながらも楽しい日々。

ワンコ事情で、予定していた海外にこそ行かれなかったけれど、
私生活でも、いろいろなことがあり、
楽しいこともたくさんありました。

 

今年1年も、

家族や弟子たち、受講生のみなさん、
クライアントさんやミュージシャン仲間たち、
師匠やメンター、友だち、生徒たち・・・

どれだけたくさんの人たちにささえていただいたことか。

どれだけたくさんの笑顔や、
素敵な声にエネルギーをもらってきたことか。

どんなに感謝しても、
感謝し過ぎることはありません。

本当にありがとうございました。

ことばにはできない感謝の気持ちは、
来年からの私の行動で表していくつもりです。

まだまだ道半ば。夢半ば。
欲張りといわれようが、
身の程知らずと言われようが、
2019年も駆け抜けます。

来年の今日という日に、
もっともっと充実した、感謝の言葉を綴れますように。

私MISUMIも、そしてMTLも、
めいっぱい精進いたしてまいります。

 

2018年もありがとうございました!

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

 - My History, ごあいさつ・お知らせ

  関連記事

で?なにがやりたいわけ?

高校時代、多重録音というものへのあこがれが高じ、 ラジカセをふたつ向かい合わせに …

期待される人であれ。

ニューヨーク時代のこと。週1回、ジャズダンススタジオでレッスンを受けていました。 …

「華がない」ってなんだよ?

あれは確か大学卒業目前の冬休みのこと。 大学生2年生くらいから、夏休み、冬休み、 …

『The ワークショップ Show』という挑戦

ヴォイス&ヴォーカルトレーナーとして、著者としての記事はB面、 ヴォーカリスト、 …

表現しろ。抑圧するな。(Express yourself, Don’t Repress yourself!)

Express yourself, Don’t Repress yo …

シンプルでもいい。複雑でもいい。「生きる」を楽しむ。

学生時代、小笠原の父島という島を、 友人たちと共に自転車を担いで訪れたことがあり …

自分の「ウリ」を見つけた女は強い

「MISUMIさんって、ジャニスみたいですね。」 若い頃から、そう言われるたびに …

視点を変えると価値観が変わる〜from USA②〜

ニューヨークに暮らしはじめて、真っ先に感じたのは身体の中に流れ込んでくる街の音。 …

発信することは、ライブ・パフォーマンス。

「毎日、すごい勢いでブログをあげてるね」 最近、そんな風にいわれます。 しばらく …

“Discover Book Bar”にてお話させていただきました!

『「自分」が伝わる声ヂカラ』をディスカヴァー21さんから出版させていただいたのが …