大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

歌の構成要素を分解する〜ラララで歌う〜

      2015/12/20

大好きな曲を、オリジナルを歌っている歌手と一緒に歌う。
何度も、何度も、繰り返し、一所懸命歌う。

これを練習と思っている初心者がたくさんいるのですが、
これだけで劇的に上達するのは、よほどのセンスがあるか、
すでに、かなり音楽がわかっている人でない限り無理です。

例えば、絢香やYUIやAIが、テイラー・スウィフトやリアーナが、
自分がうまく歌えていない部分をきちんと埋めてくれる。
出ないところはきちんと出してくれるし、
音程が怪しいところもばっちり補正してくれます。

彼女たちの豊かな声と表現力が、
自分の平坦な歌もダイナミックに味付けしてくれますし、
声量の足りないところには声量を、
表現の足りないところには表現を加えてくれます。

気分よく歌えて当然です。

もちろん、高い声が出ないとか、息が続かないとか、
自分でも、気がつかないわけではないと思います。
しかし、それだけでは、情報量が全く足りません。
これでは上達しないんです。

では、練習はどのようにしたらいいでしょう?

歌は、メロディ、歌詞、リズム、ダイナミクスなどなど、
たくさんの部品によって構成され、
うまい歌手ほど、そのひとつひとつに、驚くほどの情報量が含まれています。

まるっと「歌」として練習しても、
その、ひとつひとつの精度が上がらない限り、けして歌のグレードはあがりません。

まずは、ひとつひとつを徹底的にチェックし、
その精度を上げることが、歌の練習のスタートになります。

一番最初に点検すべきなのは、やはり、メロディラインでしょう。

メロディのチェックには、鍵盤楽器をつかいます。
可能なら、メロディー譜を用意して、鍵盤で一音一音弾きながら、
音のひとつひとつを細かくチェックしていきます。

実は、この、「一音一音のチェック」、
自分で曲を書くシンガーソングライターでも、
ちゃんとできてない人がいっぱいいるんです。

歌えているつもり、音が取れているつもり、がくせ者です。
軽く音痴になっている人や、鍵盤にない音を知らん顔して歌っている人、
勝手に作曲してしまう人などなど、
メロディラインをわからずに歌っている人がどれだけ多いことか。

音源通り、鍵盤にある音を、鍵盤にチューニングをあわせて歌えるようになることが、
スタートライン。
そのためには、「ラララ」で、ゆっくりと練習するのが一番です。

ラララで歌うときに、大切なことは。。。

1. メロディラインを一音ずつ、しっかりと確認すること。
2.ずり上げたり、ずり下げたりせず、音の階段をくっきり歌うこと。
ときにはチューニングメーターをつかって、的確にピッチを調整すること。
3.まずはボイトレと思って、一音一音の声のクオリティ、音量をしっかり整え、
いい声で歌うこと。
4.すべての音がくっきり歌えるテンポで練習すること。
5.自分のラララを録音し、さらに鍵盤で確認してみること。

オリジナルの歌手たちの声の助けをかりず、
テンポを下げて、ゆっくりと、ラララで歌われる歌は、
服もお化粧もすっかり取り去った、生まれたまんまのカラダと同じ。

目をそらさずに、こんなとこや、あんなとこを、
しっかり、くまなく点検して、シェイプアップに励みましょう。

 - 「イマイチ」脱却!練習法&学習法

  関連記事

「声質なんか似ないでしょ?」〜歌の完コピ〜

私のプロフィールに書かれている「300曲以上完コピした」を読んで、 「結構、盛っ …

「本を読もう!」

「本読んでる?」 なんだか国語が通じないなぁ、と感じる生徒に出会うと、 思わず言 …

伸び悩んだらやるべき3つのこと

長い音楽人生。 「伸び悩む時期」は何度も訪れます。 技術の伸び悩み。 キャリアの …

高い声はどうやって出したらいいのか?

「どのくらい高い声を出せるのか?」という議論は、 「どのくらい速く弾けるのか?」 …

ザ・集中力!

プレイヤーも、ヴォーカリストも、 いや、おそらくパフォーミングアーティストなら誰 …

no image
「リズム感がない」なんてことばをつかわない!

レッスンの話をもっと書きたいと思っていても、 なんだか、生徒やクライアントさんの …

自己表現のための”自分アバター化作戦”

かつて、ハワイ出身の日系アメリカ人女性シンガーに、 英詞の提供をしたことがありま …

「上達」は、いきなりやってくる。

スポーツジムなどでトレーニングを受けると、 「今日より明日、明日より明後日という …

「練習」とは「工夫すること」

楽器や歌を習得したい。上達したい。   しかし、実際、何からはじめたら …

未来を切り開くのは、ひらめき、学び、そして自信。

ひらめきは突然やってきます。 「あ!今、これ、やっといた方がいいわ。」 「おぉお …