大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

自分というエネルギーを全身全霊で表現するのだ。

   

声はエネルギー。

だから、自分という人間のエネルギーを全身全霊声にして、
聞く人に伝えるんだ。

うまくいかないと感じるのは、
自分というエネルギーが表現できていないから。

自分という人間を100%表現するために、
胸にわき起こる熱い想いを100%伝えるために、
そして、そのエネルギーで、
聞く人の心を動かすために、
私たちは、声を出し、語り、歌うのです。

だから、歌うこと、表現することには、
どんな虚飾も、虚構もまったくの無力で。

 

テクニックは、
ボキャブラリーや文法でしかない。
どんなに巧みにつくりあげたって、
表現するものの本質、
エネルギーの量をごまかすことなんかできません。

 

人前で声を出すということは、
歌うということは、

もうどうしようもなく素っ裸で、
ただただ自分自身をこれでもかというくらい、
さらけ出す行為で。

何をどうしたって、その人の本質や本性が、
もう嫌というほど透けてみえる。

 

胸を打つパフォーマンスというのは、
だから、
心と心が震え合う、
本心のエネルギー。

まずくたって、
乱暴だって、
下手だって、

伝えるべきことを持っている人が、
だから絶対にすごいんです。

圧倒的なエネルギー量のある人が、
絶対の絶対にすごいんです。

 

伝えたいという想いが強いということは、
エネルギーがカラダの中に充満しているということで。

だから、それを、
100%、外に出してあげなくちゃダメなのです。

 

それこそが、自分のミッションで。
それこそが、自分の本然で。

 

誰になんと言われようとも、
どんな批判を浴びようとも、
どんなに傷つけられようとも、

自分は自分であることをやめてはいけない。

自分の絶対的なエネルギーを
信じて、
表現し続けなくてはいけない。

それこそが、人の心を打つのだと。

久久に、胸のうち震えるエネルギー宿る声を聞いてきた夜。

ボーカリストたるもの、
表現者たるもの、かくありたいと、
教えた子に教えられた、最高の時間でした。

 

悩んだり、泣き叫んだり、どん底に沈んだりする時間は無駄じゃない。

本物のエネルギーは、
そんな時間が育てるのだと。

 

まだまだ、ぶっ飛ばしていきましょうよ。みなさん。

 

 - Live! Live! Live!, 声のはなし, 音楽

  関連記事

自分にない価値観を学ぶのが学習ってもんだ

大学で2年生のアンサンブルという授業を担当しています。 用意された課題曲を、 楽 …

ライブの選曲、どうします?

3月2日のMaybe’sライブのリハーサルがはじまりました。 基本2 …

自信、自信、自信。

こどもの頃から声が大きくて、 大勢で騒いでいても、 友達の話に相づちを打っている …

声の不調症状ランキングno.1 「痰がからむ」

レッスンで、教え子やクライアントの声の状態が悪いと感じると、 いつも本当にドキリ …

「いつはじめるか」じゃない、 「いつまで続けるか」が重要なのだ。

「やっぱりピアノは幼稚園くらいからはじめないと、モノにならないわよ。」 &nbs …

音楽の価値って?

「いやぁ〜、サードに針落とすとさぁ、 『移民の歌』のイントロの前に、うっすら聞こ …

no image
「ひとりごと」のススメ

「最近、どうも声が出づらいんです」 「すぐ声が枯れるようになった気がします」 「 …

解釈は聞き手にまかせる

ずいぶん前のことになります。 アメリカ人の友人が主催する、 英語で書かれた詩ばか …

出音=声にこだわるべ〜し!

出た瞬間の「音」が勝負。 いろいろなところで、そう書いてきました。 一流は「音」 …

パフォーマーはいつだって、その美意識を試されているのだ

ヴォーカリストは、すっぽんぽんになって、 自分の内側外側をさらけ出すようなお仕事 …