大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

キーは、歌えりゃいいってもんじゃないんですよ。

   

カバー曲を歌うとき、
無条件にオリジナルのキーで歌っている人は多いはず。

私自身、学生時代のヴォイストレーニングの先生に、
「無理なく歌えるなら、
オリジナルのキーで歌うのが一番」と教わりました。

だから、オリジナルどおりのキーで歌える人の評価があがったり、
歌えないことがコンプレックスになったり、するわけです。

「オリジナルのキーで歌うのが一番」と言われるのは、
そのキーで演奏することで、
ベストなサウンドになるようにアレンジされているから。

さらには、プレイヤーたちも
オリジナルキーで演奏されているものをカバーするわけですから、
元々のキーで演奏する方が、
ボイシング的にも自然な、いい音がするから。

それは、わかる。

「シャープ系のキーがフラット系になると、
なんかサウンドが暗くなるんだよね−」
という人たちもいます。

それも、わかる。

しかし、ここで、そもそも論をお伝えすると、

そもそも、オリジナルレコーディングは、
シンガーのキーにあわせてアレンジされているはず。

なんなら曲自体、
シンガーの声や音域にあうように、つくられている。

ロックなど、ギターリフからできている曲ならば、
シンガーが、そのリフに、
自分が気持ちいいと思うメロと歌詞とを、
テキトーに乗せている場合だってあります。

だからね。

オリジナルキーで歌えないのは、
実力が足りないからだ、とか、
練習不足だろう、的なことを言うのは、
本当にやめて欲しい。

よく、バンドのメンバーに、
「こんな曲もオリジナルの高さで歌えないなんて、
練習不足だ」と言われるという若者に出会いますが、

そんなことを言うなら、

「シンガーのキーにあわせて演奏できないキミたちこそ、
練習不足だ」と言ってあげたい。

いやいやいやいや。

音域を広げる努力をしなくていい、とは言っていません。
自分自身がもっと高い声、低い声で歌いたいなら、
ちゃんと努力をした方がいい。

どんな音域でも、
カッコよく、気持ちよく歌えるような、
不断の努力を否定するものでは、全くありません。

 

しかし、どんな楽器にも、
ベストな音が出る高さ、というのがあります。

単に「その音が出る」というのと、
「その音を出すと、いい音がする」というのとは、
全く違うことです。

私自身、男性ヴォーカルの曲でも、
基本、キーを選ばず歌うことができますが、
キーには、常にこだわりを持っていて、

その曲の肝になるフレーズを最高にカッコよく歌うためには、
どのキーがいいのか、
何度も試行錯誤して、時間をかけて決めます。

セッションやちょっとしたライブでは、
それほどキーにこだわらない場合も多々ありますが、

決め所、特に、レコーディングでは絶対に譲りません。

私がキーにこだわるがゆえに、
結局選曲から外された曲もありました。

気持ちよくないキーで歌うぐらいなら、
歌わない方がマシです。

プレイヤーのみなさんにも、
もうちょっとそういうデリケートさ、
理解していただけると幸いなんでございます。

明日朝10:00配信のメルマガでは、そんなキーにまつわる、もうちょっと突っ込んだお話を。
無料登録はこちらから。バックナンバーも読めます。

新年第1弾は、専門分野中の専門分野、洋楽ROCKセミナー。

ロックなみなさんも、そうでもないみなさんも、お申込お待ちしています!

 - B面Blog, 「イマイチ」脱却!練習法&学習法, 歌を極める

  関連記事

開けゴマ!

「開けゴマ〜!」 言わずと知れた、 『アリババと40人の盗賊』のクライマックスシ …

「売れないアーティスト」の回顧録

自分の心がおもむくままに、 なにかをクリエイトすることは、 私の癖のようなもので …

うっそくっさいブランディングは、いい加減やめよう。

かつて業界では、 ミュージシャンでも、タレントでも、 デビューさせるにあたり、 …

なんで、「できる」って言っちゃうんですか?

まだ小学生の頃だったか、 おとなたちが屋外で音楽をかけながら、 パーティーをして …

「なぜだろう?」の先に、進歩がある。

「なぜだろう?」   楽器も歌もパフォーマンスも、いや、おそらく、どん …

ステレオタイプ!!

買い物先でショップの店員さんに話しかけられることが苦手です。 理由はいろいろある …

フェイスシールドって、ハウりません?

ずいぶん昔のお話です。 サポートコーラスのお仕事で、 大きな会場を何本か回るとい …

「ピッチが悪い!」を直すロジカルシンキング

「ピッチが悪い!」 年間通して、いや、1週間に、 このことばを、何回口にするでし …

no image
「リズム感がない」なんてことばをつかわない!

レッスンの話をもっと書きたいと思っていても、 なんだか、生徒やクライアントさんの …

未体験ゾーンの扉を開く!〜生配信ライブを体験しました〜

長いことひとつの世界で仕事をしていると、 「未経験」なことと縁遠くなります。 特 …