大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「バンド、やりたいんですけど・・・」

   

「バンドやりたいんですけど・・・」
学生から、そんな相談を、よく受けました。

え?やりぁーいーじゃん。

と、答えたのでは先生失格です。

そんなことができるくらいなら、
わざわざレッスン時間に質問してきません。
なんなら、真面目に音楽学校にすら通わないかもしれません。

それで、「どんなバンドをやりたいの?」と、
ヒアリングを開始してみると。。。

オリジナルやりたい。
できればうまい子とやりたい。
曲を書いてくれる子がいい。
ライブハウスとか出てみたい。
いろいろ経験してる子がいい。
レコーディングもやってみたい・・・etc.

実に、いろんなことばが出てきます。

そうか。

さすが現代っ子は、先の先まで、
いろんなことを考えています。

しかし、そんな風にあれこれ考えてばかりじゃ、
一生バンドなんかはじめらんないよなーと。

なんで、たいがい、私のアドバイスはこんな感じです。

「とりあえず、頭数だけでも、そろえたら?」

「それか、ライブ、先に決めちゃったら?」

「誰でもいいから、誘って、スタジオ入って、
とりあえず歌ってみるっていうのもありだよ。」

言われた学生は、
なんて雑なアドバイスする先生・・・と思うかもしれません。

でも、バンドなんて、
そんな感じで、
とりあえずやってみなくちゃわかんないことばっかりです。

とあるプレイヤーに惚れ込んで、
バンド誘って、
メンバーそろえて、
あぁ、いい感じ、って思ったら、
いきなりそのプレイヤーが、
「俺、別のバンドに誘われたから」とやめてしまう。

代わりに誘った女の子が、
やたら色っぽくって、
全部その子にバンドメンバーの注目持って行かれちゃう。
挙げ句の果てに、その子と犬猿の仲になって、
今度は自分がバンドをやめてしまう。

憧れの先輩バンドに誘われて、喜んでいたら、
就職活動があるからと、
全員一斉に音楽から足を洗ってしまう。

やっぱりプロ志向の人かな、と、
ツテをたどってバンドに入れてもらえば、
だっさいオリジナルソングばかりをやっていて、
今どき曲も歌詞も書けないの?・・・とバカにされる。

ついに素敵なメンバーと巡り会った!と、
ワクワク、ライブの準備にいそしんでいたら、
メンバーに次々サポートの仕事が入って、
ライブの日程もリハの日程も全く組めなくなる。

この他にも、
メンバーに告白されて気まずくなったり、

逆に自分が好きになったメンバーが、
逃げるようにバンドをやめちゃったり、

めちゃくちゃいいプレイヤーだと思っていたら、
酒癖、オンナ癖が酷かったり、

バンマスのパワハラ、モラハラがやばかったり・・・

もうね。

人間同士が集まってやることですから、
いわゆる音楽性がどうのこうのという以前に、
それはもう、ありとあらゆることが起こります。

どれひとつとして、想定内のことなんかなくって、

たまたま、ジョンとポールが出会ったバンドがすごかったから、
彼らみたいにバンドを組むのが「正攻法」みたいになるだけで、

結局、成功法則っていうのは、
たまたま、うまくいった人たちの経たプロセスや試した方法に、
後付けで理由をくつけるようなものなんですよね。

 

だからさ。

走りながら考える。

自分のやってみたことが、
後々誰かの「成功法則」の一部になるかもしれない。

私がこうやって書き綴っているように、
「イケてない例」になって、
誰かを勇気づけるかもしれない。

少なくとも、経験は、
自分自身を限りなく強く、逞しく、
でもって、大きくしてくれるものだから。

とりあえず、やってみましょ。

・悩みを抱えるシンガーたちのための中上級者向けワークショップ、MTLネクスト。2021年2月に第2期を開講!
【2012年1月16日バージョンUP zoomセミナー / 洋楽ROCK篇!】 いよいよ今週末開催!

 - B面Blog, バンド!, 夢を叶える

  関連記事

イケてないプレイヤーは弾きすぎる。

イケてないプレイヤーは弾きすぎる。 よく言われることばです。 例えば、 ソロを弾 …

「なんか、できちゃうかもしれない」妄想

ロックダウンを機にスタートした英語のレッスンも8週目。 今日も、”S …

腰が硬い人はリズムが悪い!

以前教えていた音楽学校で、 「演奏中の動きがぎこちない学生が多い」という話になっ …

「変」なのか?才能なのか?

先日、とある会社にお勤めの、 才能あふれる、知的な若者とごはんしていた時のこと。 …

何がやりたいかわかんない人に教えるのが一番ムツカシイ。

たいがいの無理難題は受けて立つタイプですが、 レッスンを担当することになって、な …

学ぶ姿勢

誰かから何かを学ぶときは、 ひととき自我のスイッチを切り、 その人の言うことを、 …

音楽家として生き抜く力

「野良猫を拾って一番困るのは、その猫が子どもを生むことだ。」 ハインラインの小説 …

「魅せたい自分」を演出する

スポットライトの中の3時間を支えるのは、 何千時間もの、気の遠くなるような、自分 …

文化は「オタク」と「変態」、そして「ドM」がつくる

忙しがる人は好きじゃないのですが、 最近、自分もそんな、自分が好きじゃない類の人 …

「才能」ってなんだ?

若かりし頃から、 「恵まれた人」に対する強烈なコンプレックスを抱えて生きて来まし …