大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

それはプラシーボじゃないのか?

   

いい楽器は、いい音がする。
名のある歌手は、やっぱりうまい。
高価なフルーツは、めちゃくちゃ美味しい。

本物がいいのは、当たり前。

・・・しかしね。
それは、プラシーボじゃないのか?
時には、自分の固定概念を疑ってみる必要が、あるんじゃないのか?

先日、ジェフ夫さんに頭痛薬を買ってきてとお願いしたら、
そっくりさんな、パチモン
もとえ、新製品を買ってきてくれました。

なんでも、成分はまったくおんなじだそうで。
確かに、チェックしたら、有効成分はまったくおんなじ。

ところがね。
なんか、効かないんですよ。
どうも、イマイチ、しゃきっと頭が軽くならない。

たまたま、そういうタイプの頭痛だったのかと思ったのだけど、
その次に頭痛がやってきたときも、
やっぱりなーんか、すきっとしない。

これは、完全にプラシーボよね。。。
効くと思えば効くんだから。
そう。効く。効く。効く。。。

でもね。
私は、その薬が、パチモン、新製品なことを知ってしまっているわけで。

だから、なんか、毎回その薬を飲むたびに、
あー、これ、そっくりさんだから・・・と、
どこかで思っているのかもなと。

以下、ジェフ夫さんとの会話。

「ねぇ、ギターだって、プラシーボあると思わない?」

「そりゃあるさ。なんにだってあるさ。」

「やっぱフェンダー、いい音するよなー、とかさ。
ギブソンじゃなきゃ、ダメだよねー、とかさ。」

「そうね。プラグインのユーザーインターフェースが、
ビンテージ機材そっくりにつくられてると、
おんなじ音が出ている気になるよねー。」

ここだけの話、
化粧品は高いほど、効果が高い気がするし、
お洋服はいいお値段のものほど、オーラを感じるし、
高級なレストランほどブリリアントなお味がする。

・・・気がする。

私たちは、少なからず、その「気がする」にお金を払い、
その「気がする」で元気になったり、綺麗になったり、幸せになったりする。

自分が送り手になるときもおなじ。

どんなに価値のあるものを提供していても、
見え方、見せ方がイマイチだったり、
身なりや言葉づかいが雑だったり、
自分自身を卑下したり、不必要に謙遜したりすれば、
「プラシーボの魔法」どころか、
「逆プラシーボ」さえ起こりかねません。

プラシーボに騙されない、
本物を見抜く、目や耳を養いつつ、
自分自身の価値を少しでも高く見せる努力も惜しまない。

それこそが、自分自身の仕事を最高の形で届ける努力でもあるわけです。

なんでも、学びであります。

“MTL ヴォイストレーナーズ・メソッド” 開講!
ヴォイストレーナーとして活躍されている方はもちろん、ヴォイストレーナーを目指す方、トレーナーという仕事に興味があるという方も。業界トップクラスのメソッドを。

◆一生に一度、集中的に学ぶだけで、”自分で自分に教えること”を可能にするMTL 12。毎週日曜日10時〜Youtubeにて公開中。
毎週月曜発行中!声に関するマニアックな情報やインサイドストーリーをお届けする無料メルマガ『声出していこうっ』。バックナンバーも読めます。

 - B面Blog, Day-to-day, Life, 音楽人キャリア・サバイバル

  関連記事

「正しく気づけない」から上達しないのだ

「神は細部に宿る」と言われます。 細部の大切さは誰もがわかっているはずなのに、 …

落ちるときにはとことん落ちる

身も心も、奈落の底まで落ちるような感覚を経験したことのないという人は、 世の中に …

クリスマスソング、何曲ちゃんと歌えますか?

Merry Christmas!   クリスマスのうきうき感は、 イル …

タイムプレッシャーを逆手に取る

「どんなときに名曲が生まれるんですか?」 というインタビューに、 坂本龍一は、「 …

聞いてるつもり。できてるつもり。がんばってるつもり。

「え?ホントにそんな風に聞こえるの? なんでそんな風に聞こえるかなぁ・・・・」 …

そして、戦いは続くのだ。

最近、ブログを読んでくださっているというさまざまな方とお話するたびに、 「あぁ、 …

誰に話しても「ウソぉ〜」と言われるOnline映像制作秘話③

当初、編集は誰かに頼む予定でした。 映像編集なんてやったこともないし、 できる気 …

“Discover Book Bar”にてお話させていただきました!

『「自分」が伝わる声ヂカラ』をディスカヴァー21さんから出版させていただいたのが …

「無理」って言うな!

「限界」は自分が設定するもの。   これが、かれこれ、半世紀ほど人間を …

変化は必然。

業界のお仕事が長いせいか、 はたまた海外生活を経験したせいなのか、 変化に対する …