大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

たったひとつの正解を探す~Singer’s Tips #34~

   

キーは、
どんな表現をしたいか、
どんな効果を狙うか、
自分のどんな表情を切り取るかなど、
さまざまな視点から選ぶ、
というお話をしてきました。

自分にキーやスタイルが近い人が
オリジナルを歌っている場合は、
そちらを参考にすればいいわけですが、
難しいのは異性の歌を歌うとき。

女声キーと、男声キーは、
4度から5度違うというのが一般的ですが、
声の低い女性もいれば、
めちゃくちゃハイトーンの男性もいて、
一概に、何度変えればいいとは言えません。

ここでも考えるべきは、
出る、出ないでは、もちろんない。

カバー対象のシンガーが、
どんな思い、どんな狙いで、
そのキーを選んでいるか。
そこなのです。

例えば、ハイトーンの男性ロックシンガーの曲を、
女性がカバーする場合、
そのままのキーで歌えることは多々あります。

しかし、自分が同じキーで歌って、
果たして、ロックという音楽の真骨頂である、
刹那感、ギリギリ感、焦燥感、高揚感が表現できるのか?

突き抜けるような音色や、
弾けるようなスピード感が出せるのか?

例えば、女性のR&Bシンガーの曲を、
そのままオクターブ下で歌ったりする男性もいます。

しかし、それで果たして、
グルーヴィーなサウンドや、
絞り出すような切なさ、
スコーンと抜ける心地よさが表現できるのか?

音楽には、曲には、
自分に求めてくる「正解」がある。

その正解は、
人の数だけあるのだけれど、
自分自身にとって、
ひとつの曲における正解は、たったひとつだけ。

みつかった瞬間「これだ!」とわかる、
たったひとつの正解。

そのたったひとつを探し出すことが、
準備の最終章です。

探しているときは、
あーでもない、こーでもないと、
本当に悩むものですが、
正解にたどり着いた瞬間に、
あぁ、なんで、これに今まで気づかなかったんだろうと思うくらい、
すべてがカチッとはまります。

いつもいつも理想のキーで歌えるとは限らない世界ではありますが、
自分自身のワン&オンリーを知る努力は、
けして自分を裏切ることはありません。

“MTL ヴォイストレーナーズ・メソッド” 開講!
業界トップクラスのメソッドで、圧倒的な結果を出す。ヴォイストレーナーとして活躍されている方はもちろん、ヴォイストレーナーを目指す方、トレーナーという仕事に興味があるという方も。

 - B面Blog, Singer's Tips, The プロフェッショナル, 歌を極める

  関連記事

「ハモりゃいいんでしょ?」は、実は結構奥が深い

「コーラス」と聞くと、どのようなイメージでしょう?   いわゆる中学高 …

「いいね」が消えた日。

他人の評価なんか気にするな。 自分で自分をどう思うかが大切なんだ。 数字のゲーム …

「ステージの上って、どこ見て立ってたらいいんですか?」

「ステージの上って、どこ見て立ってたらいいんですか?」   謎の質問で …

接客が嫌いなら客商売はやめたまえ。

「接客が嫌いなのに客商売をやっている」という、 意味不明な人に、時々出会います。 …

なんで、「できる」って言っちゃうんですか?

まだ小学生の頃だったか、 おとなたちが屋外で音楽をかけながら、 パーティーをして …

「観客総立ち」を演出するプロの仕掛け

先日、キャロル・キングのケネディー・センター名誉賞をたたえて、 アレサ・フランク …

本当に大切なことは現場が教えてくれるんだ。

某映画のバンド演奏のシーンの撮影に立ち合ったことがあります。 役回りは、出演者の …

ホンモノか?ニセモノか?

「あいつはホンモノだよ」 「なんか、あの子、ウソくさいのよね」 一般の人たちがど …

音楽を「職業」にしないという選択

若い頃から音楽を志して、寝る間も惜しんで練習や創作、 ライブ活動に打ち込んで来た …

あぁ、あこがれの「ビッチ感」

人にこう見られたい、というイメージと、 実際の自分自身が人に与えるイメージに開き …