大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

風邪のサインを見逃すな!

      2016/10/27

以前、『風邪をひいたら歌っちゃだめなんです』
という記事に書いたように、

レッスンにやってくるアーティストたちの声に、
少しでも風邪の兆候があったら、
基本レッスンはしないことにしています。
地方からわざわざ来てくれたアーティストも例外ではありません。

よほど、本番前で切羽詰まっているならともかく、
体調が悪いときにレッスンをするのはマイナスなだけだからです。

ボーカリストにとっては体調管理も仕事のうち。
風邪は引いちゃだめなんです。

一番の体調管理は「自分のカラダの声を聞く習慣」をつけること。

風邪をひくときには、必ず体から何かしらのサインが出ています。
このサインさえ見落とさなければ、大事に至ることはありません。
もしも体調を崩しても、すぐに復調させられます。

まずは、自分のカラダに聞く。

1.  なんとなくだるくないか?
2.  寝不足でもないはずなのになんだか眠くないか?
3.  頭が重くないか?
4.  寒いと感じないか?
5.  疲れが抜けないと感じないか?
6.  お腹が何となく痛くないか?
7.  胃腸の調子を崩してないか?
8.  運動もしていないのに筋肉痛がないか?
運動をしている場合でも、筋肉痛がいつもよりひどくないか?

それから自分の胸に聞く。

「いつもと違う」がカラダの出しているサイン。
スケジュールがよほどタイトならともかく、
日常と大きく違わない生活をしているのに、
なんとなく「いつもと違う」はカラダのバランスが崩れている証拠。

「疲れ」も立派なカラダのサインです。
実際、「疲れ」から風邪になるパターンはものすごく多いもの。
「疲れたな」と感じるのは、
カラダが「休みましょう」と言っているからです。

とりあえずするべきことは、言うまでもなく、休養を取ること。
この段階できちんとケアすれば、
風邪の症状すら感じなくてすむかもしれません。

大事なのは休養。睡眠。栄養。そして水分です。
パスできるおつきあいならパスする。
予定変更できる仕事なら変更する。

どうしてもしなければならないことも、
なるべく短時間で切り上げられるように工夫する。

とにかく、風邪は引きはじめが肝心です。

マスクして歩くよりも、
自分のカラダの声をしっかり聞く習慣をつける方が、
風邪予防には圧倒的に効果がありますよ。

16401593_s

 

明日、1月16日(金)、お昼ごろ発行のメルマガを発行します。
インサイドストーリーは、私が『風邪のときに食べたいもの、飲みたいもの』。あくまでも、当社比ですので、悪しからず。
バックナンバーも読めますので、よろしければ是非こちらから登録してくださいね。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

「売れ線狙い」は劣化コピーを生む。

「これ、今、売れてるから、この路線で行こう!」 そんな風に言うおじさまたちが、一 …

no image
山口県での講演は、ガラにもなくキンチョーからはじまりました。。

先週末、13日は山口県にて 第24回限界突破セミナーに登壇させていただきました。 …

no image
仕事が嫌ならいつでもリセットすればいい

レコーディングの仕事に呼ばれるようになったばかりの、 駆け出しのころ。 現場の雰 …

no image
「これが正しい」は自分で選び取る

アーティストや学生たちと接していると、 「何が正しいのかわからなくなってしまいま …

no image
上達のキーワードは「イメージ力」

歌は、誰かに教われば上達するというものではありません。 もし、有能なトレーナーに …

結果を出すことの意味

音楽の仕事をはじめて、徹底的にたたき込まれたのは、 「この業界、努力賞はないから …

声は、一生かけて育てるもの

「自分、声が太くなったんちゃう?」 「なんか、倍音増えたなぁ・・・」 先日、京都 …

no image
ボイストレーナーになるということ

先日、知人のライブを見に行ったときのことです。 ひとり、ライブ開始を待っていると …

no image
「からだレベル」でグルーブを感じる

8ビートは4分の4拍子の8分音符が8つで、16ビートはその倍で・・・ アクセント …

no image
見せ方のうまい人の共通点

自分をどう見せたいか。どう見せるべきか。 人前に立つときのスタイルは誰もが気にす …