大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「不完全なこともすべて、自分の完全性の一部。」

   

「不完全なこともすべて、自分の完全性の一部。」(2015/09/10 twitterより)

 

ずいぶん前のことになります。
アルバムのコーラスアレンジを担当させていただいたご縁で、
某人気バンドのライブにご招待いただきました。

バラエティに富んだ、実に楽しいライブで、演奏も素晴らしく、
オーディエンスの1人としてライブを堪能。そのまま楽屋に向かいました。
バンド・リーダーにライブの感想を伝えると、
彼はこっそり私にこう言ったのです。
「結構、演奏はいろいろあったんだけどさ。
そういうのもふくめてお客さんは楽しんでくれるから、いいんだよね」

 

完璧な演奏なら、CDを聴けばいい。
さまざまなアクシデントもライブの一部。
それをメンバーや他のオーディエンスと一緒に体験できることこそ、
ライブ鑑賞の醍醐味なのだ。

完璧主義な上に、きまじめな性格のせいで、
ライブをやるたびに反省ばかり。
精神的にもアップダウンの多かった当時の私ですが、
その彼のことばで、ライブというものへの考え方が少しだけ変わりました。
100%完璧なライブをしよう、
100%完璧な人間であろうとするよりも、
失敗もアクシデントも、ありのまま100%のライブの一部であり、
欠点も弱さも、自分というありのままの人間の一部であると受け入れる、
楽しむ、そして愛する勇気が必要なのだ。

 

人間は不完全な存在だからこそ、お互いの欠けた部分を補うべく、
身を寄せ合って、心を寄せ合って生きるのだ。

 

 

 

「不完全なこともすべて、自分の完全性の一部。」
Twitterでのつぶやきからのことばです。

そして、もうひとつ、自分のつぶやきの中に、
「完全性」をテーマにしたものがありました。

「自分の不完全さを認めるのも、それを愛することができるのも勇気。
それを補うには、何が必要かを学ぶことが知性。
そして、それを手に入れるまで戦い続ける力が才能。
本当の勝負はそこからだ。」(2011/12/10 twitterより)

 

Nobody’s perfect。
完璧じゃないのがあたりまえ。
完璧じゃなくっていいかぁ〜・・・

 

もちろん、そんな風に、ただお気楽にやり過ごせばいいとは考えていません。

日々一歩でも前に進もうともがくことが、生きることであるから。

そして、そんな、もがく自分自身が、私自分と言う人間の一部であるから。

 

そんなことを考えたライブの朝です。

コーラスという「楽器」はまさに、ひとりひとりでは、まさに「不完全な楽器」。
3人集まってはじめて「楽器」として成立する。
そんなひとりひとりの不完全性が、新しい完全性を生み出す・・・

思いきり、楽しみたいと思います。

 

21475401_s

 

 

 

 

 - Life

Comment

  1. 山本麻衣子 より:

    私は自分の不完全さがはがゆく、うつになりかけていましたが、ふと完全ではないけど、ここまではよしと考え直したら楽になりました。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

「雰囲気」とは身にまとうもの

「わかってないなぁ。 ああいうスキャンダラスな雰囲気、お前、出せるわけ?」 &n …

「答え」が違うのじゃない。そもそも「質問」が違うのだ。

ずいぶん昔のお話です。   雑誌の付録に「美人顔の条件」というようなの …

【自己評価を上げるためのチャレンジ】

「あなた、ホントにきれいよね〜」 「キミって、カッコいいね。」   そ …

「情報過多」なのではなく、「思考過多」。

毎日、ものすごい量の情報にさらされています。 朝、PCを立ち上げ、webを開いた …

オレの方がすごい?「優越感シンドローム」

ある程度キャリアのあるプロフェッショナルなら、 誰しも、自分自身の仕事や能力にプ …

「腐ったリンゴ」を手に入れる

こんな人と付き合った方が得じゃないか? もっと、こんな音楽をやった方がいいんじゃ …

「夢喰って生きられないぞ」

大学3年だったか、それとも4年生だったか。 アルバイトをしていた東京タワーのおみ …

「やりたいことなのにがんばれない」の7つの理由

「やらなきゃいけないって、わかってるんですけどね・・・」 「いや、本当にやりたい …

「がんばれる」仕組みをつくる

世の中にはがんばれる人と、そうでない人がいます。 がんばれる人からすると、がんば …

“Discover Book Bar”にてお話させていただきました!

『「自分」が伝わる声ヂカラ』をディスカヴァー21さんから出版させていただいたのが …